冬の季語

【冬の季語】豆撒

【冬の季語=晩冬(2月)】豆撒

節分」に「豆を撒く」こと。「鬼やらひ」ともいう。

一般的には「鬼は外、福は内」と声を出しながら撒き、年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べる。「厄除」・「追儺」の一種である。寺などで行われる大々的な行事は「節分会」という。

豆(を)撒く」と動詞的に使われることもある。


【豆撒(上五)】
豆撒きの昔電燈暗かりき 川崎展宏

【豆撒(中七)】
夢に来て豆撒のこと父が言ふ 大石悦子

【豆撒(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】鳥の妻恋
  2. 【冬の季語】寒晴
  3. 【春の季語】恋猫
  4. 【冬の季語】枯芝
  5. 【冬の季語】冬籠
  6. 【春の季語】朝桜
  7. 【冬の季語】漱石忌
  8. 【冬の季語】寒木

おすすめ記事

  1. 【#17】黒色の響き
  2. 山椒の実噛み愛憎の身の細り 清水径子【季語=山椒の実(秋)】
  3. 【夏の季語】砂日傘/ビーチパラソル 浜日傘
  4. 【春の季語】素魚
  5. 【秋の季語】台風(颱風)
  6. ハイシノミカタ【#1】「蒼海」(堀本裕樹主宰)
  7. 【第22回】新しい短歌をさがして/服部崇
  8. 初旅の富士より伊吹たのもしき 西村和子【季語=初旅(新年)】
  9. 黄金週間屋上に鳥居ひとつ 松本てふこ【季語=黄金週間(夏)】
  10. いちまいの水田になりて暮れのこり 長谷川素逝【季語=水田(夏)】

Pickup記事

  1. ハナニアラシノタトヘモアルゾ  「サヨナラ」ダケガ人生ダ 井伏鱒二
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月22日配信分】
  3. 着ぶくれて田へ行くだけの橋見ゆる 吉田穂津【季語=着ぶくれ(冬)】
  4. 【書評】日下野由季 第2句集『馥郁』(ふらんす堂、2018年)
  5. 【冬の季語】蕪
  6. 【#22】鍛冶屋とセイウチ
  7. 【セクト・ポクリット読者限定】『神保町に銀漢亭があったころ』注文フォーム【送料無料】
  8. サイネリア待つといふこときらきらす 鎌倉佐弓【季語=サイネリア(春)】
  9. 【毎日更新中!】ハイクノミカタ
  10. 龍の玉深く蔵すといふことを 高浜虚子【季語=龍の玉(新年)】
PAGE TOP