冬の季語

【冬の季語】追儺

【冬の季語=晩冬(2月)】追儺

立春」前日、すなわち「節分」に邪気を追い払う(中国の宮中に由来する)公的な儀式のこと。「儺」という字は「はらう」という意味がある。日本では「大儺」と呼ばれていたが、9世紀ごろから「追儺」と呼ばれるようになる。

旧暦では「新年」=「立春」であったため、「年中の疫気をはらう」という一年の節目的な意味合いが大きかった。

宮中での年中行事としての追儺は鎌倉時代以降は衰微してゆき、江戸時代には全く行われなくなった。いっぽう、熟語としての「追儺」や「鬼やらい」は宮中儀式を離れて、鬼を追い払う節分の行事全般の呼称として幅広く一般で用いられるようになった。俳句の季語としても、「節分」≒「追儺」として了解されている。


【追儺(上五)】
追儺豆打つや軽さをためらはず 渡部有紀子

【追儺(中七)】
金屏の隅に追儺のこぼれ豆 鈴木花蓑

【追儺(下五)】
裏口の闇なまぐさき追儺かな 三森鉄治


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】寒卵(寒玉子)
  2. 【夏の季語】黴(かび)/青黴 毛黴 麹黴 黴の宿 黴の香
  3. 【夏の季語】和蘭陀獅子頭
  4. 【冬の季語】日短
  5. 【冬の季語】冬の蝶
  6. 【秋の季語】霧
  7. 【夏の季語】サマーセーター/サマーニット
  8. 【冬の季語】毛糸編む

おすすめ記事

  1. また次の薪を火が抱き星月夜 吉田哲二【季語=星月夜(秋)】
  2. 「けふの難読俳句」【第2回】「尿」
  3. 初場所や昔しこ名に寒玉子 百合山羽公【季語=初場所(冬)】
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年2月分】
  5. たが魂ぞほたるともならで秋の風 横井也有【季語=秋の風(秋)】
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第54回】 宗谷海峡と山口誓子
  7. ラヂオさへ黙せり寒の曇り日を 日野草城【季語=寒(冬)】
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月6日配信分】
  9. 胴ぶるひして立春の犬となる 鈴木石夫【季語=立春(春)】
  10. とつぷりと後ろ暮れゐし焚火かな 松本たかし【季語=焚火(冬)】

Pickup記事

  1. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(3)
  2. 片蔭の死角から攻め落としけり 兒玉鈴音【季語=片蔭(夏)】
  3. 【冬の季語】雪兎
  4. 【冬の季語】浮寝鳥
  5. ミシン台並びやすめり針供養 石田波郷【季語=針供養(春)】
  6. 【書評】相子智恵 第1句集『呼応』(左右社、2021年)
  7. 【連載】「ゆれたことば」#2「自然がこんなに怖いものだったとは」堀田季何
  8. 七夕のあしたの町にちる色帋   麻田椎花【季語=七夕(秋)】
  9. 麻服の鎖骨つめたし摩天楼 岩永佐保【季語=麻服(夏)】
  10. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年1月分】
PAGE TOP