冬の季語

【冬の季語】追儺

【冬の季語=晩冬(2月)】追儺

立春」前日、すなわち「節分」に邪気を追い払う(中国の宮中に由来する)公的な儀式のこと。「儺」という字は「はらう」という意味がある。日本では「大儺」と呼ばれていたが、9世紀ごろから「追儺」と呼ばれるようになる。

旧暦では「新年」=「立春」であったため、「年中の疫気をはらう」という一年の節目的な意味合いが大きかった。

宮中での年中行事としての追儺は鎌倉時代以降は衰微してゆき、江戸時代には全く行われなくなった。いっぽう、熟語としての「追儺」や「鬼やらい」は宮中儀式を離れて、鬼を追い払う節分の行事全般の呼称として幅広く一般で用いられるようになった。俳句の季語としても、「節分」≒「追儺」として了解されている。


【追儺(上五)】
追儺豆打つや軽さをためらはず 渡部有紀子

【追儺(中七)】
金屏の隅に追儺のこぼれ豆 鈴木花蓑

【追儺(下五)】
裏口の闇なまぐさき追儺かな 三森鉄治


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】鴨引く
  2. 【夏の季語】泉
  3. 【冬の季語】冬の谷
  4. 【春の季語】春の夢
  5. 【新年の季語】宝船
  6. 【冬の季語】冬の水
  7. 【冬の季語】クリスマスカード
  8. 【秋の季語】天高し

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第36回】内村恭子
  2. 【秋の季語】山椒の実
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第97回】岸田祐子
  4. さくら貝黙うつくしく恋しあふ 仙田洋子【季語=さくら貝(春)】
  5. くれなゐの花には季なし枕もと 石川淳【無季】
  6. 【#33】台北市の迪化街
  7. 【秋の季語】台風(颱風)
  8. 春の雁うすうす果てし旅の恋 小林康治【季語=春の雁(春)】
  9. 愉快な彼巡査となつて帰省せり 千原草之【季語=帰省(夏)】
  10. 金魚すくふ腕にゆらめく水明り 千原草之【季語=金魚(夏)】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第12回】高千穂と種田山頭火
  2. うららかさどこか突抜け年の暮 細見綾子【季語=年の暮(冬)】
  3. 【冬の季語】蒲団(布団)
  4. 【春の季語】建国記念の日/建国記念日 建国の日 紀元節
  5. おもかげや姨ひとりなく月の友 松尾芭蕉【季語=月(秋)】
  6. 【冬の季語】冬に入る
  7. きりんの子かゞやく草を喰む五月 杉山久子【季語=五月(夏)】
  8. 恋終りアスパラガスの青すぎる 神保千恵子【季語=アスパラガス(春)】
  9. 牛乳の膜すくふ節季の金返らず 小野田兼子【季語=節季(冬)】
  10. 「野崎海芋のたべる歳時記」ルバーブ
PAGE TOP