季語・歳時記

【春の季語】葱坊主

【春の季語=晩春(4月)】葱坊主

晩春の頃の葱畑は、茎の先に白色の丸い花をつける。

葱坊主ができるとネギの成長は止まり、葉はもうでてこなくなる。葱自体は、栄養分を「葱坊主」に取られるため食用に向かなくなる。葱坊主は大きくなると種ができる。

葱の花」とも。

」は、冬の季語である。


【葱坊主(上五)】
葱坊主どこをふり向きても故郷 寺山修司
葱坊主犬は真つ赤な口あけて 岸本尚毅

【葱坊主(中七)】
まるで葱坊主のやうな吾れの暮 飯島晴子

【葱坊主(下五)】
山里に首出す富士や葱坊主 村山古郷
書くうちに覚悟となりぬ葱坊主  宇多喜代子

【自由律】
泊ることにしてふるさとの葱坊主 種田山頭火


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】秋思
  2. 【秋の季語】長薯/薯蕷
  3. 【夏の季語】虹
  4. 【冬の季語】大晦日
  5. 【春の季語】チューリップ
  6. 【冬の季語】逝く年(行く年)
  7. 【夏の季語】玉虫
  8. 【冬の季語】冬の川

おすすめ記事

  1. 秋鯖や上司罵るために酔ふ 草間時彦【季語=秋鯖(秋)】
  2. かいつぶり離ればなれはいい関係 山﨑十生【季語=鳰(冬)】
  3. 蟷螂の怒りまろびて掃かれけり 田中王城【季語=蟷螂(秋)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第67回】 伊賀上野と橋本鶏二
  5. 春風や闘志いだきて丘に立つ 高浜虚子【季語=春風(春)】
  6. 切腹をしたことがない腹を撫で 土橋螢
  7. 大年の夜に入る多摩の流れかな 飯田龍太【季語=大年(冬)】
  8. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第4回
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第57回】 隠岐と加藤楸邨
  10. 【新年の季語】包丁始(庖丁始)

Pickup記事

  1. 【春の季語】夜桜
  2. 起座し得て爽涼の風背を渡る 肥田埜勝美【季語=爽涼(秋)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第119回】木戸敦子
  4. 【#29】スマッシング・パンプキンズと1990年代
  5. 【夏の季語】【秋の季語】原爆忌/広島忌 長崎忌
  6. いちじくを食べた子供の匂ひとか 鴇田智哉【季語=いちじく(秋)】
  7. 逢へば短日人しれず得ししづけさも 野澤節子【季語=短日(冬)】
  8. 青い薔薇わたくし恋のペシミスト 高澤晶子【季語=薔薇(夏)】
  9. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【12】/飛鳥蘭(「銀漢」同人)
  10. 【春の季語】春雪
PAGE TOP