季語・歳時記

【春の季語】ヒヤシンス

【春の季語=晩春(4月)】ヒヤシンス

江戸時代末期にヨーロッパから渡来した球根性多年草であり、「チューリップ」に勝るとも劣らない春先の球根植物である。香りもいい。語源については、Wikipediaの以下の文章を参照。

ヒヤシンスの名は、ギリシャ神話の美青年ヒュアキントスに由来する。同性愛者であった彼は、愛する医学の神アポロン(彼は両性愛者であった)と一緒に円盤投げに興じていた(古代ギリシャでは同性愛は普通に行われ、むしろ美徳とされていた)。しかし、その楽しそうな様子を見ていた西風の神ゼピュロス(彼もヒュアキントスを愛していた)は、やきもちを焼いて、意地悪な風を起こした。その風によってアポロンが投げた円盤の軌道が変わり、ヒュアキントスの額を直撃してしまった。アポロンは医学の神の力をもって懸命に治療するが、その甲斐なくヒュアキントスは大量の血を流して死んでしまった。ヒヤシンスはこの時に流れた大量の血から生まれたとされる。このエピソードから、花言葉は「悲しみを超えた愛」となっている。

Wikipedia「ヒヤシンス」


【ヒヤシンス(上五)】
ヒヤシンスしあわせがどうしても要る 福田若之

【ヒヤシンス(中七)】
ジャム瓶の厚きにヒヤシンスを挿しぬ 野崎海芋

【ヒヤシンス(下五)】
銀河系のとある酒場のヒヤシンス 橋 閒石
水にじむごとく夜が来てヒヤシンス 岡本眸
リスボンの靴屋の窓かヒヤシンス 坪内稔典
午後という揺らぎの中のヒヤシンス 櫂未知子
遺失物係の窓のヒヤシンス 夏井いつき
教室の入口ふたつヒヤシンス 津川絵理子
止まり木に鳥の一日ヒヤシンス 津川絵理子
窓眩し土を知らざるヒヤシンス 神野紗希


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】秋の空
  2. 【冬の季語】雪折
  3. 【冬の季語】室の花
  4. 【冬の季語】綿虫
  5. 【冬の季語】八手咲く
  6. 【春の季語】春一番
  7. 【冬の季語】節分
  8. 【春の季語】野に遊ぶ

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】黴(かび)/青黴 毛黴 麹黴 黴の宿 黴の香
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第94回】檜山哲彦
  3. 雁かへる方や白鷺城かたむく 萩原麦草【季語=雁帰る(春)】
  4. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第4回】
  5. 【特集】東日本大震災 10年を迎えて
  6. 昨日より今日明るしと雪を掻く 木村敏男【季語=雪を掻く(冬)】
  7. 【冬の季語】咳く
  8. 【連載】新しい短歌をさがして【19】服部崇
  9. なぐさめてくるゝあたゝかなりし冬    稲畑汀子【季語=冬あたたか(冬)】
  10. 雛まつり杉の迅さのくらやみ川 飯島晴子【季語=雛祭(春)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第2回】小滝肇
  2. 置替へて大朝顔の濃紫 川島奇北【季語=朝顔(秋)】
  3. うららかや帽子の入る丸い箱 茅根知子【季語=うららか(春)】
  4. 森の秀は雲と睦めり花サビタ 林翔【季語=さびたの花(夏)】
  5. 降る雪や玉のごとくにランプ拭く 飯田蛇笏【季語=雪降る(冬)】
  6. 【春の季語】鰊
  7. 今年の蠅叩去年の蠅叩 山口昭男【季語=蠅叩(夏)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第10回】相沢文子
  9. 切腹をしたことがない腹を撫で 土橋螢
  10. ほほゑみに肖てはるかなれ霜月の火事の中なるピアノ一臺 塚本邦雄
PAGE TOP