冬の季語

【冬の季語】蓮根掘

【冬の季語=初冬(11月)】蓮根掘

【ミニ解説】

蓮根」(れんこん)は、秋から冬にかけてが最盛期。

俳句では「蓮根掘る」や「蓮根掘」が初冬の季語とされています。

「り」を送って「蓮根掘り」とすることもありますが、基本的には「蓮根」は「はすね」と読みます。


【蓮根掘(上五)】
蓮根掘地より暮色を引きいだす 有働亨
蓮根掘腰に夕日の及びけり 坂本たか子
蓮根掘ひとりとなりて影絵めく 橋本榮治

【蓮根掘(中七)】

【蓮根掘(下五)】
手探りで来た人生や蓮根掘る すずき春雪
筑波嶺のかがひの裔の蓮根掘り 森澄雄
怠けたくとも岸遠き蓮根掘 鷹羽狩行
空を見て足でまさぐる蓮根掘 柚口満


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】寒晴
  2. 【春の季語】子猫
  3. 【秋の季語】後の月
  4. 【秋の季語】茸(菌)
  5. 【夏の季語】筍
  6. 【春の季語】大試験
  7. 【冬の季語】雪
  8. 【冬の季語】マフラー

おすすめ記事

  1. いちじくを食べた子供の匂ひとか 鴇田智哉【季語=いちじく(秋)】
  2. 【春の季語】菜種梅雨
  3. 嫁がねば長き青春青蜜柑 大橋敦子【季語=青蜜柑(秋)】
  4. 魚卵たべ九月些か悔いありぬ 八田木枯【季語=九月(秋)】
  5. 昼顔の見えるひるすぎぽるとがる 加藤郁乎【季語=昼顔(夏)】
  6. 【夏の季語】草いきれ
  7. 夜着いて花の噂やさくら餅 關 圭草【季語=桜餅(春)】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第3回】葛飾と岡本眸
  9. 象潟や蕎麦にたつぷり菊の花 守屋明俊【季語=菊(秋)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第17回】太田うさぎ

Pickup記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年1月分】
  2. 【秋の季語】秋気
  3. 麻服の鎖骨つめたし摩天楼 岩永佐保【季語=麻服(夏)】
  4. 【新年の季語】歌留多
  5. 星老いる日の大蛤を生みぬ 三枝桂子【季語=蛤(春)】
  6. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第5回】
  7. 夕づつにまつ毛澄みゆく冬よ来よ 千代田葛彦【季語=冬隣(秋)】
  8. 愛情のレモンをしぼる砂糖水 瀧春一【季語=砂糖水(夏)】
  9. うらみつらみつらつら椿柵の向う 山岸由佳【季語=椿(春)】 
  10. オルゴールめく牧舎にも聖夜の灯 鷹羽狩行【季語=聖夜(冬)】
PAGE TOP