冬の季語

【冬の季語】蓮根掘

【冬の季語=初冬(11月)】蓮根掘

【ミニ解説】

蓮根」(れんこん)は、秋から冬にかけてが最盛期。

俳句では「蓮根掘る」や「蓮根掘」が初冬の季語とされています。

「り」を送って「蓮根掘り」とすることもありますが、基本的には「蓮根」は「はすね」と読みます。


【蓮根掘(上五)】
蓮根掘地より暮色を引きいだす 有働亨
蓮根掘腰に夕日の及びけり 坂本たか子
蓮根掘ひとりとなりて影絵めく 橋本榮治

【蓮根掘(中七)】

【蓮根掘(下五)】
手探りで来た人生や蓮根掘る すずき春雪
筑波嶺のかがひの裔の蓮根掘り 森澄雄
怠けたくとも岸遠き蓮根掘 鷹羽狩行
空を見て足でまさぐる蓮根掘 柚口満


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】マフラー
  2. 【夏の季語】小満
  3. 【冬の季語】クリスマスケーキ
  4. 【春の季語】子猫
  5. 【春の季語】冴返る
  6. 【冬の季語】南天の実
  7. 【夏の季語】汗
  8. 【夏の季語】氷菓/アイスクリーム ソフトクリーム アイスキャンデ…

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】菊/菊の花 白菊 黄菊、大菊、小菊、初菊、厚物咲、懸崖菊、菊畑
  2. 【書評】仙田洋子 第4句集『はばたき』(角川書店、2019年)
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月15日配信分】
  4. 【秋の季語】鶏頭/鶏頭花
  5. Tシャツに曰くバナナの共和国 太田うさぎ【季語=バナナ(夏)】
  6. 大年やおのづからなる梁響 芝不器男【季語=大年(冬)】
  7. 取り除く土の山なす朧かな 駒木根淳子【季語=朧(春)】
  8. 【冬の季語】冬の滝
  9. 後輩の女おでんに泣きじゃくる 加藤又三郎【季語=おでん(冬)】
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第44回】 安房と鈴木真砂女

Pickup記事

  1. 瀧見人子を先だてて来りけり 飯島晴子【季語=滝見(夏)】
  2. 春宵や光り輝く菓子の塔 川端茅舎【季語=春宵(春)】
  3. 【春の季語】桜
  4. いちごジャム塗れとおもちゃの剣で脅す 神野紗希【季語=苺(夏)】
  5. 葛の花来るなと言つたではないか 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  6. 【冬の季語】聖樹
  7. おでん屋の酒のよしあし言ひたもな 山口誓子【季語=おでん(冬)】
  8. 永遠とポップコーンと冬銀河 神野紗希【季語=冬銀河(冬)】
  9. 犬の仔のすぐにおとなや草の花 広渡敬雄【季語=草の花(秋)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第116回】入沢 仁
PAGE TOP