冬の季語

【冬の季語】蓮根

【冬の季語=初冬〜晩冬(11月〜1月)】蓮根

【ミニ解説】

蓮根(れんこん)は、秋から冬にかけてが最盛期。

俳句では「蓮根掘る」や「蓮根掘」が初冬の季語とされています。

3月になれば、来シーズンの種植えをします。「蓮植う」は春の季語。

「蓮の花」は夏の季語、「蓮の実」は秋の季語となっていて、一年を通じて「蓮」は季節の言葉として了解されています。


【蓮根(上五)】
れんこんの泥東京に来て乾く 細見綾子
蓮根や泪を横にこぼしあひ 飯島晴子

【蓮根(中七)】
掘り出せし蓮根のくびれそれぞれに 山口啓介

【蓮根(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】虚子忌(虚子の忌)
  2. 【新年の季語】七種(七草)
  3. 【冬の季語】冬日
  4. 【秋の季語】鶏頭/鶏頭花
  5. 【冬の季語】梅探る
  6. 【春の季語】三椏の花
  7. 【春の季語】雨水
  8. 【春の季語】芹

おすすめ記事

  1. 【連載】新しい短歌をさがして【8】服部崇
  2. あめつちや林檎の芯に蜜充たし 武田伸一【季語=林檎(秋)】
  3. 寒卵良い学校へゆくために 岩田奎【季語=寒卵(冬)】
  4. 江の島の賑やかな日の仔猫かな 遠藤由樹子【季語=仔猫(春)】
  5. 麦真青電柱脚を失へる 土岐錬太郎【季語=青麦(夏)】
  6. 忘年会みんなで逃がす青い鳥 塩見恵介【季語=忘年会(冬)】
  7. いづくともなき合掌や初御空 中村汀女【季語=初御空(新年)】
  8. 【春の季語】蝶生る
  9. 綿虫や母あるかぎり死は難し 成田千空【季語=綿虫(冬)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第59回】鈴木節子

Pickup記事

  1. 眼前にある花の句とその花と 田中裕明【季語=花(春)】 
  2. ともかくもくはへし煙草懐手 木下夕爾【季語=懐手(冬)】
  3. 【冬の季語】納豆
  4. 秋櫻子の足あと【第3回】谷岡健彦
  5. 湯の中にパスタのひらく花曇 森賀まり【季語=花曇(春)】
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第6回】熊野古道と飯島晴子
  7. 【春の季語】落椿
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第12回】高千穂と種田山頭火
  9. 【春の季語】蝶生る
  10. 初夢にドームがありぬあとは忘れ 加倉井秋を【季語=初夢(新年)】
PAGE TOP