冬の季語

【冬の季語】蓮根

【冬の季語=初冬〜晩冬(11月〜1月)】蓮根

【ミニ解説】

蓮根(れんこん)は、秋から冬にかけてが最盛期。

俳句では「蓮根掘る」や「蓮根掘」が初冬の季語とされています。

3月になれば、来シーズンの種植えをします。「蓮植う」は春の季語。

「蓮の花」は夏の季語、「蓮の実」は秋の季語となっていて、一年を通じて「蓮」は季節の言葉として了解されています。


【蓮根(上五)】
れんこんの泥東京に来て乾く 細見綾子
蓮根や泪を横にこぼしあひ 飯島晴子

【蓮根(中七)】
掘り出せし蓮根のくびれそれぞれに 山口啓介

【蓮根(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】クリスマス
  2. 【冬の季語】浮寝鳥
  3. 【新年の季語】なまはげ
  4. 【冬の季語】おでん
  5. 【夏の季語】向日葵
  6. 【冬の季語】日向ぼっこ
  7. 【冬の季語】雪掻
  8. 【冬の季語】南天の実

おすすめ記事

  1. 九十の恋かや白き曼珠沙華 文挾夫佐恵【季語=曼珠沙華(秋)】
  2. 猫じゃらし全部さわって二年生 小川弘子【季語=猫じゃらし(秋)】
  3. 【夏の季語】新緑/緑さす 緑夜
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年6 月分】
  5. 【冬の季語】凩(木枯)
  6. 馬鈴薯の一生分が土の上 西村麒麟【季語=馬鈴薯(秋)】
  7. 原爆忌誰もあやまつてはくれず 仙田洋子【季語=原爆忌(秋)】
  8. 境内のぬかるみ神の発ちしあと 八染藍子【季語=神の旅(冬)】
  9. 手袋を出て母の手となりにけり 仲寒蟬【季語=手袋(冬)】
  10. 父の手に負へぬ夜泣きや夏の月 吉田哲二【季語=夏の月(夏)】 

Pickup記事

  1. 山羊群れて夕立あとの水ほとり  江川三昧【季語=夕立(夏)】
  2. 虹の空たちまち雪となりにけり 山本駄々子【季語=雪(冬)】
  3. さくら貝黙うつくしく恋しあふ 仙田洋子【季語=さくら貝(春)】
  4. 【#28】愛媛県の岩松と小野商店
  5. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第9回】
  6. 【春の季語】春寒
  7. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第4回】
  8. アロハ来て息子の嫁を眺めをり 西村麒麟【季語=アロハ(夏)】
  9. 紫陽花のパリーに咲けば巴里の色 星野椿【季語=紫陽花(夏)】
  10. 【特別寄稿】屋根裏バル鱗kokera/中村かりん
PAGE TOP