冬の季語

【冬の季語】花八手

【冬の季語=初冬〜仲冬(11月〜12月)】花八手

【解説】

初冬に咲き始める「八手の花」を俳句用に五音にまとめたもの。

表記は「花八ツ手」「花八ッ手」「花八つ手」「花八手」とやや揺れる。


【花八手(上五)】
花八手けふを花火のごとく咲け 上田五千石
花八ツ手こぼるゝことのなく白し 高浜年尾
花八つ手山を集めて日暮れたり 廣瀬直人
花八つ手鍵かけしより夜の家 友岡子郷

【花八手(中七)】

【花八手(下五)】
父を愛して話題とはせず花八手 中村草田男
水に色無きがごとくに花八つ手 吉屋信子
いつ咲いていつまでとなく花八ッ手 田畑美穂女
英会話教はる気なし花八つ手 星野麥丘人
余生こそ二人三脚花八手 水原春郞
ベル押せばすぐに応へて花八ッ手 星野椿
産院に手荒な風よ花八手 鷹羽狩行
胡麻ほどの小虫這ひたる花八手 小室登美子
板塀の似合ふ平屋や花八手 寺島ただし
水吸うて新聞あをし花八ツ手 森賀まり
ぱつとせぬ虫の来てをり花八手 小笠原黒兎
咲きそめて未知のひかりに花八手 日下野由季


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】汗/汗ばむ 玉の汗
  2. 【秋の季語】露草/月草 ほたる草 ばうし花
  3. 【春の季語】猫の子
  4. 【新年の季語】人日
  5. 【夏の季語】涼しい
  6. 【秋の季語】運動会
  7. 【冬の季語】寒木
  8. 【春の季語】早春

おすすめ記事

  1. 【連載】「ゆれたことば」#5「避難所」千倉由穂
  2. 妻の遺品ならざるはなし春星も 右城暮石【季語=春星(春)】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月5日配信分】
  4. カードキー旅寝の春の灯をともす トオイダイスケ【季語=春の灯(春)】 
  5. 山頂に流星触れたのだろうか 清家由香里【季語=流星(秋)】
  6. 【冬の季語】ラグビー
  7. 【冬の季語】小春日和
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第117回】北村皆雄
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第126回】坪井研治
  10. 【新年の季語】成人の日

Pickup記事

  1. 【#26-4】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(4)
  2. 【秋の季語】草の花
  3. 五月雨や掃けば飛びたつ畳の蛾 村上鞆彦【季語=五月雨(夏)】
  4. 【冬の季語】冬に入る
  5. 春日差す俳句ポストに南京錠 本多遊子【季語=春日(春)】
  6. 鹿や鶏の切紙下げる思案かな 飯島晴子
  7. 【春の季語】梅
  8. ものゝふの掟はしらず蜆汁 秦夕美【季語=蜆汁(春)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第77回】小沢麻結
  10. 内装がしばらく見えて昼の火事 岡野泰輔【季語=火事(冬)】
PAGE TOP