季語・歳時記

【新年の季語】歌留多会

新年の季語(1月)歌留多会

【ミニ解説】

新年の季語「歌留多」のなかでも、とくに百人一首に代表される「歌がるた」を競う会。

百人一首のかるた札は,1685年(貞享2)に京都松葉屋が、木版刷りのかるたを売り出したころからかるた遊びは一般庶民に流行、しだいに正月の遊びに織りこまれていった。

明治に入ってから1対1の競技かるたが生まれ、研究団体・競技団体がつくられて各地で練習会を開催、選手は自分たちの技量を他流試合に求めはじめた。


【歌留多会(上五)】
歌留多会青き畳の匂ひけり 山口波津女
歌留多会廊下の冷えてゐたりけり 岡本眸
歌留多会老一徹に狙ふ札 下村ひろし
歌留多会散らばる仮名と戦へり 小西宏子
歌留多会わが手は世捨て人ばかり 谷岡健彦

【歌留多会(中七)】

【歌留多会(下五)】
罎詰の梨は冷たき歌留多会 久米正雄
ひらかなの散らかつてゐる歌留多会 後藤立夫


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】七種(七草)
  2. 【夏の季語】ごきぶり
  3. 【新年の季語】初旅
  4. 【春の季語】薄氷
  5. 【冬の季語】花八手
  6. 【冬の季語】鼻水
  7. 【秋の季語】星月夜
  8. 【秋の季語】梨

おすすめ記事

  1. 遠き屋根に日のあたる春惜しみけり 久保田万太郎【季語=春惜しむ(春)】
  2. 年を以て巨人としたり歩み去る 高浜虚子【季語=行年(冬)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第40回】 青山と中村草田男
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年10月分】
  5. 遊女屋のあな高座敷星まつり 中村汀女【季語=星まつり(秋)】
  6. 木の中に入れば木の陰秋惜しむ 大西朋【季語=秋惜しむ(秋)】
  7. 昼顔のあれは途方に暮るる色 飯島晴子【季語=昼顔(夏)】
  8. 【セクト・ポクリット読者限定】『神保町に銀漢亭があったころ』注文フォーム【送料無料】
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第64回】 富山と角川源義
  10. 【#25】写真の音、匂い

Pickup記事

  1. 麦秋や光なき海平らけく 上村占魚【季語=麦秋(夏)】
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年12月分】
  3. 【新年の季語】左義長
  4. 【冬の季語】実南天
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第42回】 山中湖と深見けん二
  6. 子燕のこぼれむばかりこぼれざる 小澤實【季語=子燕(夏)】
  7. 流氷が繋ぐ北方領土かな 大槻独舟【季語=流氷(春)】 
  8. 【冬の季語】冬銀河
  9. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#09】アメリカの大学とBeach Boys
  10. 足指に押さへ編む籠夏炉の辺 余村光世【季語=夏炉(夏)】
PAGE TOP