季語・歳時記

【新年の季語】歌留多会

新年の季語(1月)歌留多会

【ミニ解説】

新年の季語「歌留多」のなかでも、とくに百人一首に代表される「歌がるた」を競う会。

百人一首のかるた札は,1685年(貞享2)に京都松葉屋が、木版刷りのかるたを売り出したころからかるた遊びは一般庶民に流行、しだいに正月の遊びに織りこまれていった。

明治に入ってから1対1の競技かるたが生まれ、研究団体・競技団体がつくられて各地で練習会を開催、選手は自分たちの技量を他流試合に求めはじめた。


【歌留多会(上五)】
歌留多会青き畳の匂ひけり 山口波津女
歌留多会廊下の冷えてゐたりけり 岡本眸
歌留多会老一徹に狙ふ札 下村ひろし
歌留多会散らばる仮名と戦へり 小西宏子
歌留多会わが手は世捨て人ばかり 谷岡健彦

【歌留多会(中七)】

【歌留多会(下五)】
罎詰の梨は冷たき歌留多会 久米正雄
ひらかなの散らかつてゐる歌留多会 後藤立夫


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】秋分
  2. 【秋の季語】秋刀魚
  3. 【夏の季語】夏木立
  4. 【春の季語】バレンタインの日(バレンタインデー)
  5. 【春の季語】啓蟄
  6. 【冬の季語】嚏(嚔)
  7. 【秋の季語】西瓜/西瓜畑 西瓜番 西瓜売
  8. 【冬の季語】クリスマスツリー

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第73回】芥ゆかり
  2. 【秋の季語】十六夜
  3. 【秋の季語】鶏頭/鶏頭花
  4. 【本の紹介】仏の道は句に通ず──山折哲雄『勿体なや祖師は紙衣の九十年』(中央公論新社、2017年)
  5. 【秋の季語】露草/月草 ほたる草 ばうし花
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第126回】坪井研治
  7. 【秋の季語】秋めく
  8. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#17
  9. からたちの花のほそみち金魚売 後藤夜半【季語=金魚売(夏)】
  10. 啜り泣く浅蜊のために灯を消せよ 磯貝碧蹄館【季語=浅蜊(春)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】時雨
  2. 猫と狆と狆が椎茸ふみあらす 島津亮【季語=椎茸(秋)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第67回】 伊賀上野と橋本鶏二
  4. ラーメン舌に熱し僕がこんなところに 林田紀音夫
  5. 秋櫻子の足あと【第4回】谷岡健彦
  6. 夏帯にほのかな浮気心かな 吉屋信子【季語=夏帯(夏)】
  7. 夕づつにまつ毛澄みゆく冬よ来よ 千代田葛彦【季語=冬隣(秋)】
  8. 美しき緑走れり夏料理 星野立子【季語=夏料理(夏)】
  9. 啜り泣く浅蜊のために灯を消せよ 磯貝碧蹄館【季語=浅蜊(春)】
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第3回】葛飾と岡本眸
PAGE TOP