季語・歳時記

【新年の季語】歌かるた(歌がるた)

新年の季語(1月)歌かるた(歌がるた)

【ミニ解説】

新年の季語「歌留多」のなかでも、とくに百人一首に代表されるカルタ遊びのこと。

「歌がるた」の成立は、江戸初期。本来は、歌をおぼえるための教育的な遊びで、《小倉百人一首》《伊勢物語》《古今集》《源氏物語》などの歌が用いられていたが、そのなかでもとくに《小倉百人一首》が普及し、今日でも愛好されている。

江戸時代には、歌がるたのことを一部で「歌貝」「続松(ついまつ)」などと呼んだこともあるが、これは、賭博かるたと同一視されるのをきらったため。しかし、定着せずに終わったようである。

かるたは、もともと外来語のため「歌留多」という漢字が当てられることがあるが、「歌歌留多」など同じ漢字がふたつ続くため、「歌かるた」「歌がるた」とひらくことが多い。


【歌留多(上五)】
歌かるた知らぬ女と竝びけり 正岡子規
歌かるた女ばかりの夜は更けぬ 正岡子規
歌かるた戀ならなくに胴氣哉 正岡子規
歌かるた人知れずこそ恋ひにけり 村山故郷
歌かるた昔むかしの母の恋 鷹羽狩行
歌かるた掠め取られし恋の札 辻田克巳
歌かるた予備札白きままに古る 戸矢一斗

【歌留多(中七)】

【歌留多(下五)】
茸狩や鼻のさきなる歌がるた 榎本其角
蓬莱の一間明るし歌かるた 正岡子規
法師出て嫌はるゝなり歌がるた 阿波野青畝
佳きひとの声音まぢかや歌かるた 桂信子
老の艶こゑに出にける歌かるた 森澄雄
読み札のいちまいを欠く歌がるた 伊藤白潮
鼻高き清少納言歌カルタ 有馬朗人
みそかごと大音声に歌かるた 鷹羽狩行
撥ねとばす一枚恋の歌がるた 加古宗也


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】金魚
  2. 【秋の季語】迎鐘/六道参 精霊迎
  3. 【夏の季語】向日葵
  4. 【秋の季語】臭木の花/花臭木 常山木の花
  5. 【冬の季語】冬滝
  6. 【春の季語】浜下り
  7. 【秋の季語】虫籠/むしご
  8. 【冬の季語】クリスマス

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第122回】樫本由貴
  2. まだ固き教科書めくる桜かな 黒澤麻生子【季語=桜(春)】
  3. 什器全て鈍器に見えて冬籠 今井聖【季語=冬籠(冬)】
  4. 【春の季語】蛇穴を出づ
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第127回】鳥居真里子
  6. 呪ふ人は好きな人なり紅芙蓉 長谷川かな女【季語=芙蓉(秋)】
  7. 春一番競馬新聞空を行く 水原春郎【季語=春一番(春)】
  8. 松葉屋の女房の円髷や酉の市 久保田万太郎【季語=酉の市(冬)】
  9. 夫いつか踊子草に跪く 都築まとむ【季語=踊子草(夏)】
  10. 【秋の季語】秋分

Pickup記事

  1. 【第5回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:岡田由季さん)
  2. あたゝかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=十一月(冬)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第69回】山岸由佳
  4. 【夏の季語】汗/汗ばむ 玉の汗
  5. 街坂に雁見て息をゆたかにす 福永耕二【季語=雁(秋)】
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第15回】能登と飴山實
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第33回】馬場龍吉
  8. 【銀漢亭スピンオフ企画】ホヤケン/田中泥炭【特別寄稿】
  9. 【冬の季語】豆撒く
  10. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(1)
PAGE TOP