冬の季語

【冬の季語】逝く年(行く年)

【冬の季語=仲冬(12月)】逝く年(行く年)

【ミニ解説】

1年が終わっていくなあ、という感慨を込めた季語。

一般的にも「ゆく年くる年」などという言葉で使われる。「去年今年」。

季語としては「行年」と「く」を送らないこともある。

また、「年行く」と動詞を強調したかたちとしても用いられる。

1年もあと数日だなあ、という点に感慨を込めた「数へ日」という季語とも近接。


【行く年(上五)】
行としもそしらぬ富士のけぶり哉 小林一茶
行年や何に驚く人の顔 尾崎紅葉
行年や夕日の中の神田川 増田龍雨
行年や仏ももとは凡夫なり 夏目漱石
行年の松杉高し相国寺 高濱虚子
行年や歴史の中に今我あり 高濱虚子
行年の山へ道あり枯茨 渡辺水巴
逝く年や冥土の花のうつる水 飯田蛇笏
行年や隣うらやむ人の声 永井荷風
行年に見残す夢もなかりけり 永井荷風
行く年や木もなき庭にひとの窓 前田普羅
行く年やわれにもひとり女弟子 富田木歩
ゆく年のひかりそめたる星仰ぐ 久保田万太郎
行年の大河をはさみ宿二つ 松本たかし
ゆく年を橋すたすたと渡りけり 鈴木真砂女
行く年を呼び戻しゐる糸電話 有馬朗人

【行く年(中七)】
川沿ひを行く行年の靴の音 星野高士

【行く年(下五)】

【その他】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】雲の峰
  2. 【秋の季語】草の花
  3. 【春の季語】雨水
  4. 【夏の季語】風鈴
  5. 【冬の季語】冬木の芽
  6. 【秋の季語】狗尾草/ゑのこ草 ゑのころ 猫じやらし
  7. 【夏の季語】ごきぶり
  8. 【冬の季語】海鼠/海鼠舟 海鼠突 酢海鼠 海鼠腸

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第117回】北村皆雄
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第54回】 宗谷海峡と山口誓子
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月23日配信分】
  4. 【春の季語】三椏の花
  5. 呼吸器と同じコンセントに聖樹 菊池洋勝【季語=聖樹(冬)】
  6. 恋ふたつ レモンはうまく切れません 松本恭子【季語=レモン(秋)】
  7. 【連載】久留島元のオバケハイク【第2回】「桂男」
  8. ハナニアラシノタトヘモアルゾ  「サヨナラ」ダケガ人生ダ 井伏鱒二
  9. 【夏の季語】梅雨明
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第24回】近江と森澄雄

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第86回】有澤志峯
  2. 【新年の季語】宝船
  3. 天高し深海の底は永久に闇 中野三允【季語=天高し(秋)】
  4. 【春の季語】春の夜
  5. 扇子低く使ひぬ夫に女秘書 藤田直子【季語=扇子(夏)】
  6. 忘年会みんなで逃がす青い鳥 塩見恵介【季語=忘年会(冬)】
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年7月分】
  8. 仰向けに冬川流れ無一文 成田千空【季語=冬川(冬)】
  9. 【特別寄稿】「十年目に震災句について考える」小田島渚
  10. 小鳥来る薄き机をひからせて 飯島晴子【季語=小鳥来る(秋)】
PAGE TOP