冬の季語

【冬の季語】逝く年(行く年)

【冬の季語=仲冬(12月)】逝く年(行く年)

【ミニ解説】

1年が終わっていくなあ、という感慨を込めた季語。

一般的にも「ゆく年くる年」などという言葉で使われる。「去年今年」。

季語としては「行年」と「く」を送らないこともある。

また、「年行く」と動詞を強調したかたちとしても用いられる。

1年もあと数日だなあ、という点に感慨を込めた「数へ日」という季語とも近接。


【行く年(上五)】
行としもそしらぬ富士のけぶり哉 小林一茶
行年や何に驚く人の顔 尾崎紅葉
行年や夕日の中の神田川 増田龍雨
行年や仏ももとは凡夫なり 夏目漱石
行年の松杉高し相国寺 高濱虚子
行年や歴史の中に今我あり 高濱虚子
行年の山へ道あり枯茨 渡辺水巴
逝く年や冥土の花のうつる水 飯田蛇笏
行年や隣うらやむ人の声 永井荷風
行年に見残す夢もなかりけり 永井荷風
行く年や木もなき庭にひとの窓 前田普羅
行く年やわれにもひとり女弟子 富田木歩
ゆく年のひかりそめたる星仰ぐ 久保田万太郎
行年の大河をはさみ宿二つ 松本たかし
ゆく年を橋すたすたと渡りけり 鈴木真砂女
行く年を呼び戻しゐる糸電話 有馬朗人

【行く年(中七)】
川沿ひを行く行年の靴の音 星野高士

【行く年(下五)】

【その他】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】梅
  2. 【冬の季語】兎狩
  3. 【春の季語】春の雪
  4. 【冬の季語】息白し
  5. 【春の季語】鰊
  6. 【春の季語】春月
  7. 【冬の季語】白菜
  8. 【冬の季語】悴む

おすすめ記事

  1. 秋櫻子の足あと【第10回】谷岡健彦
  2. ハイシノミカタ【#1】「蒼海」(堀本裕樹主宰)
  3. 一つづつ包むパイ皮春惜しむ 代田青鳥【季語=春惜しむ(春)】
  4. エリックのばかばかばかと桜降る 太田うさぎ【季語=桜(春)】
  5. ゆく船に乗る金魚鉢その金魚 島田牙城【季語=金魚(夏)】
  6. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年3月分】
  7. 細長き泉に着きぬ父と子と 飯島晴子【季語=泉(夏)】
  8. しばらくは箒目に蟻したがへり 本宮哲郎【季語=蟻(夏)】
  9. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【8】/金井硯児(「銀漢」同人)
  10. 【春の季語】屋根替

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第129回】朝妻力【最終回】
  2. 木の中に入れば木の陰秋惜しむ 大西朋【季語=秋惜しむ(秋)】
  3. 水を飲む風鈴ふたつみつつ鳴る 今井肖子【季語=風鈴(夏)】
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」いくらの醤油漬け
  5. 赤ばかり咲いて淋しき牡丹かな 稲畑汀子【季語=牡丹(夏)】
  6. 初夢のあとアボカドの種まんまる 神野紗希【季語=初夢(新年)】
  7. 極月の空青々と追ふものなし 金田咲子【季語=極月(冬)】
  8. 金魚屋が路地を素通りしてゆきぬ 菖蒲あや【季語=金魚(夏)】
  9. 【特別寄稿】これまで、これから ーいわき復興支援の10年ー山崎祐子
  10. 【夏の季語】万緑
PAGE TOP