季語・歳時記

【夏の季語】泉

【解説】地下から湧き出ている水。あるいは、その場所のことをいいます。語源は「出水(いづる・みづ)」なので、歴史的かなづかいでは「いづみ」と表記します。「湧水」も同じ意味ですが、一般に季語としては用いられませんので、ご注意を。

【関連季語】山滴る、清水、滝など。

663highland – SONY DSC(Wikipediaより

【泉】
嬬恋の字(あざ)の一つの泉汲む 文挾夫佐恵
生前も死後も泉へ水飲みに 中村苑子
思ひ出すには泉が大き過ぎる 加倉井秋を
二人してしづかに泉にごしけり 川崎展宏
生きものの影入るるたび泉哭く 飯島晴子
罪人のやうに泉を覗きけり しなだしん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】草紅葉/草の錦
  2. 【夏の季語】涼し
  3. 【冬の季語】寒い
  4. 【冬の季語】蓮根
  5. 【秋の季語】夜長/長き夜(よ) 夜の長し 夜長人 夜長酒
  6. 【冬の季語】追儺
  7. 【夢の俳句】
  8. 【冬の季語】冬の猫

おすすめ記事

  1. 鳥帰るいづこの空もさびしからむに 安住敦【季語=鳥帰る(春)】
  2. 秋櫻子の足あと【第10回】谷岡健彦
  3. 【冬の季語】室咲
  4. 地吹雪や蝦夷はからくれなゐの島 櫂未知子【季語=地吹雪(冬)】 
  5. 馬孕む冬からまつの息赤く 粥川青猿【季語=冬からまつ(冬)】
  6. あえかなる薔薇撰りをれば春の雷 石田波郷【季語=春の雷(春)】
  7. 【連載】久留島元のオバケハイク【第3回】「雪女」
  8. 恐るべき八十粒や年の豆 相生垣瓜人【季語=年の豆(冬)】
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第40回】 青山と中村草田男
  10. 家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子【季語=滝(夏)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第17回】太田うさぎ
  2. 冬枯や熊祭る子の蝦夷錦 正岡子規【季語=冬枯・熊(冬)】
  3. 一匹の芋虫にぎやかにすすむ 月野ぽぽな【季語=芋虫(秋)】
  4. 屋根替の屋根に鎌刺し餉へ下りぬ 大熊光汰【季語=屋根替(春)】
  5. あっ、ビデオになってた、って君の声の短い動画だ、海の 千種創一
  6. 辛酸のほどは椿の絵をかけて 飯島晴子【季語=椿(春)】
  7. 逢曳や冬鶯に啼かれもし 安住敦【季語=冬鶯(冬)】
  8. 【夏の季語】河童忌/我鬼忌 龍之介忌
  9. 日蝕の鴉落ちこむ新樹かな 石田雨圃子【季語=新樹(夏)】
  10. すばらしい乳房だ蚊が居る 尾崎放哉【季語=蚊(夏)】
PAGE TOP