季語・歳時記

【新年の季語】読初

新年の季語(1月)】読初

新年、初めて読書をすること。「読始」とも。

新年にはじめて朗々と音読することを言った。男は漢籍、女は草紙などを読み上げた。

古典も含め、読まれる本は時代によって変わるため、時代性が(逆張りでどう外すかという点でも)感じられる季語である。じっさいに「読初」の句では様々な書物が詠まれているが、類想を免れないことが多い。


【読初(上五)】
読初や卓上白文唐詩選 高浜虚子
読初や幼に文字を指にさし 中村汀女
読初の本の大きな活字かな 細川加賀
読初は一尾の鯉となりし僧 宇佐美魚目 
読初の「おくのほそ道」声に出て 神蔵器
読初の和漢朗詠集は春 岩崎照子
読初の葩餅の由来かな 大橋敦子
読初めの突如大海原へ出づ 鷹羽狩行
読初はアジア異母兄物語 宇多喜代子
読初は黄なる表紙の奈良百句 栗田やすし
読初の巻の十四の東歌 大石悦子
読初のさても出でます恵比須紙 大石悦子
読初の天平の海広かりし 岩淵喜代子
読初は久方ぶりのトルストイ 向井ゆたか
読初のぱつと開けたるところ読む 拓植史子
読初は去年の読初のつづき 鈴木牛後
読初のアッシャー屋敷日暮時 四ッ谷龍
読初や栞代りの冬紅葉 岩田由美
読初のメロスまだまだ走りをり 涼野海音

【読初(中七)】
「いづれの御時にか」読初をこゑに出す 上田五千石
ずぶずぶの中年読初のサリンジヤー 太田うさぎ

【読初(下五)】
霜、雪のごとくめでたし読初す 久保田万太郎
酒強く恥しき歌人読初めに 矢島渚男


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】寒椿
  2. 【秋の季語】秋蝶
  3. 【冬の季語】狐
  4. 【新年の季語】松飾
  5. 【春の季語】春泥
  6. 【夏の季語】小満
  7. 【秋の季語】秋灯下
  8. 【冬の季語】熊

おすすめ記事

  1. してみむとてするなり我も日傘さす 種谷良二【季語=日傘(夏)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第24回】近江と森澄雄
  3. 【春の季語】蝶生る
  4. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#2
  5. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#02】猫を撮り始めたことについて
  6. 【冬の季語】人参
  7. 【秋の季語】臭木の花/花臭木 常山木の花
  8. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第10回】写真と俳句のグループ展のこと
  9. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第5回】
  10. 雛まつり杉の迅さのくらやみ川 飯島晴子【季語=雛祭(春)】

Pickup記事

  1. こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑
  2. 鹿や鶏の切紙下げる思案かな 飯島晴子
  3. 片手明るし手袋をまた失くし 相子智恵【季語=手袋(冬)】
  4. 【春の季語】朧夜
  5. 家濡れて重たくなりぬ花辛夷 森賀まり【季語=花辛夷(春)】 
  6. シャボン玉吹く何様のような顔 斉田仁【季語=石鹸玉(春)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第118回】前北かおる
  8. 筍の光放つてむかれけり 渡辺水巴【季語=筍(夏)】
  9. 赤い椿白い椿と落ちにけり 河東碧梧桐【季語=椿(春)】
  10. 秋・紅茶・鳥はきよとんと幸福に 上田信治【季語=秋(秋)】
PAGE TOP