季語・歳時記

【秋の季語】茘枝 / 苦瓜・ゴーヤー

【解説】ゴーヤーチャンプルーはおいしいですよね。原産はインドで、中国から伝来したのはなんと江戸時代。NHKの朝ドラ「ちゅらさん」では、「ゴーヤーマン」というキャラクターが話題を呼びました。「茘枝」は「れいし」と読みます。一般的には「ライチ」(別物)とも読むので、要注意。

【関連季語】西瓜・冬瓜・南瓜・糸瓜・夕顔の実・瓢など。

【茘枝】
いつしかに裂けて風生む蔓茘枝   中村奈美子
苦瓜を噛んで火山灰降る夜なりけり 草間時彦
晩學や茘枝の果肉うすぐもり 塚本邦雄
苦瓜の小さき穴こそ棲みたけれ    正木ゆう子
苦くない苦瓜自慢してしまふ     後藤比奈夫
苦瓜やぶらさがるものみな愉し    長嶺千晶

【ゴーヤー】
ごーやーちゃんぷるーときどき人が泣く  池田澄子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】新蕎麦
  2. 【冬の季語】マスク
  3. 【春の季語】海苔
  4. 【冬の季語】大晦日
  5. 【冬の季語】クリスマスツリー
  6. 【春の季語】鴨引く
  7. 【夏の季語】ががんぼ/蚊の姥
  8. 【冬の季語】冬木

おすすめ記事

  1. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第7回】レンズ交換式カメラについて
  2. かいつぶり離ればなれはいい関係 山﨑十生【季語=鳰(冬)】
  3. 虎の尾を一本持つて恋人来 小林貴子【季語=虎尾草(夏)】
  4. 中干しの稲に力を雲の峰 本宮哲郎【季語=雲の峰(夏)】
  5. 「体育+俳句」【第2回】西山ゆりこ+ダンス
  6. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#19
  7. 一天の玉虫光り羽子日和 清崎敏郎【季語=羽子板(新年)】
  8. 炎ゆる 琥珀の/神の/掌の 襞/ひらけば/開く/歴史の 喪章 湊喬彦
  9. 【夏の季語】涼しさ
  10. 前をゆく私が野分へとむかふ 鴇田智哉【季語=野分(秋)】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第57回】 隠岐と加藤楸邨
  2. 空のいろ水のいろ蝦夷延胡索 斎藤信義【季語=蝦夷延胡索(夏)】
  3. 春の日やあの世この世と馬車を駆り 中村苑子【季語=春の日(春)】
  4. 【春の季語】立春
  5. 【春の季語】春雪
  6. 【冬の季語】日脚伸ぶ
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【はじめに】こしだまほ
  8. 瀧見人子を先だてて来りけり 飯島晴子【季語=滝見(夏)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第28回】今井肖子
  10. 未来より滝を吹き割る風来たる 夏石番矢【季語=滝(夏)】
PAGE TOP