夏の季語

【夏の季語】ごきぶり

【夏の季語=三夏(5月〜7月)】ごきぶり

生きた化石の一つである昆虫。人家に侵入する。

江戸時代は(その油ぎったような見ためから)「油虫」と呼ばれていた。また、「御器噛」と呼ばれることもあった。「ごきぶり」の名前が定着するのは、近代以降である。

昆虫学者の小西正泰によると、「ゴキブリ」という名称は、『生物学語彙』(岩川友太郎、1884年)に脱字があり、「ゴキカブリ」の「カ」の字が抜け落ちたまま拡散・定着したことに由来するという。その後、学問的にも一般的にもこの名前が定着していった。

漢字表記には漢名の「蜚蠊」という文字が当てられる。

ごきぶりの最もおぞましい描写としては、森見登美彦の『太陽の塔』がまっさきに挙げられるであろう。


【ごきぶり(上五)】
ごきぶりに飛びつかれむとしたりけり 相生垣瓜人
ごきぶりの世や王もなく臣もなく 本井英
ごきぶりの仮死より覚めて頼りきぬ 佐怒賀正美
ごきぶりのよぎりて穢る視野の端 村上鞆彦
ごきぶりの死や腸をかがやかせ 松本てふこ
ごきぶりの触角をもて考へる 兼城雄

【ごきぶり(中七)】

【ごきぶり(下五)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】花八手
  2. 【春の季語】卒業す
  3. 【秋の季語】秋の蝶
  4. 【春の季語】雛飾(雛飾り)
  5. 【春の季語】春の野
  6. 【夏の季語】出梅
  7. 【春の季語】春の月
  8. 【冬の季語】小春日

おすすめ記事

  1. 肩へはねて襟巻の端日に長し 原石鼎【季語=襟巻(冬)】
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」エゾシカのロースト
  3. 【連載】「ゆれたことば」#3「被災地/被災者」千倉由穂
  4. 薄氷の吹かれて端の重なれる 深見けん二【季語=薄氷(冬)】
  5. 【#35】俳誌に連載させてもらうようになったことについて
  6. 無方無時無距離砂漠の夜が明けて 津田清子(無季)
  7. 昼酒に喉焼く天皇誕生日 石川桂郎【季語=天皇誕生日(春)】
  8. 主われを愛すと歌ふ新樹かな 利普苑るな【季語=新樹(夏)】
  9. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第7回】
  10. 【夏の季語】夏の蝶

Pickup記事

  1. 卒業の歌コピー機を掠めたる 宮本佳世乃【季語=卒業(春)】
  2. 松本実穂 第一歌集『黒い光』(角川書店、2020年)
  3. 寝室にねむりの匂ひ稲の花 鈴木光影【季語=稲の花(秋)】
  4. 氷に上る魚木に登る童かな 鷹羽狩行【季語=紅梅(春)】
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年2月分】
  6. 【冬の季語】冬帽
  7. 【夏の季語】香水
  8. ばばばかと書かれし壁の干菜かな   高濱虚子【季語=干菜(冬)】
  9. こんな本が出た【2021年2月刊行分】
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第25回】沖縄・宮古島と篠原鳳作
PAGE TOP