冬の季語

【冬の季語】雪掻

【冬の季語=晩冬(1月)】雪掻

晩冬、降り積もった「」を掻いて人が通る道をつくります。道具にはスコップ、シャベル、竹箒などが使われます。関連する季語に「除雪」がありますが、こちらは機械を使って大量の雪を片付けるイメージが強いようです。

「雪掻き」と「き」を送ることもあり。また、動詞として「雪(を)掻く」としても用いられる。


【雪掻(上五)】
雪掻に渡して戻る回覧板 松本晶子
雪掻きをしつつハヌカを寿ぎぬ 朗善千津
雪掻を終へ当直を引継げる 杉原祐之 

【雪掻(中七)】
小さくなった母よ雪掻きなどするな 坂田直彦

【雪掻(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】八月
  2. 【秋の季語】末枯
  3. 【冬の季語】息白し
  4. 【冬の季語】クリスマスツリー
  5. 【冬の季語】冬蟹
  6. 【新年の季語】雑煮
  7. 【冬の季語】追儺
  8. 【冬の季語】熊

おすすめ記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年1月分】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第31回】鈴木忍
  3. ほほゑみに肖てはるかなれ霜月の火事の中なるピアノ一臺 塚本邦雄
  4. 子燕のこぼれむばかりこぼれざる 小澤實【季語=子燕(夏)】
  5. 置替へて大朝顔の濃紫 川島奇北【季語=朝顔(秋)】
  6. 昼の虫手紙はみんな恋に似て 細川加賀【季語=昼の虫(秋)】
  7. 福笹につけてもらひし何やかや 高濱年尾【季語=福笹(冬)】
  8. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年12月分】
  9. 宝くじ熊が二階に来る確率 岡野泰輔【季語=熊(冬)】
  10. 水底に届かぬ雪の白さかな 蜂谷一人【季語=雪(冬)】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第35回】英彦山と杉田久女
  2. 【新連載】新しい短歌をさがして【1】服部崇
  3. 【春の季語】鷹鳩と化す
  4. 四月馬鹿ならず子に恋告げらるる 山田弘子【季語=四月馬鹿(春)】
  5. オリヲンの真下春立つ雪の宿 前田普羅【季語=春立つ(春)】
  6. 夏蝶の口くくくくと蜜に震ふ 堀本裕樹【季語=夏蝶(夏)】
  7. 人の世に雪降る音の加はりし 伊藤玉枝【季語=雪(冬)】
  8. 霜柱ひとはぎくしやくしたるもの 山田真砂年【季語=霜柱(冬)】
  9. 秋茄子の漬け色不倫めけるかな 岸田稚魚【季語=秋茄子(秋)】
  10. 冬の鷺一歩の水輪つくりけり 好井由江【季語=冬の鷺(冬)】
PAGE TOP