冬の季語

【冬の季語】雪掻

【冬の季語=晩冬(1月)】雪掻

晩冬、降り積もった「」を掻いて人が通る道をつくります。道具にはスコップ、シャベル、竹箒などが使われます。関連する季語に「除雪」がありますが、こちらは機械を使って大量の雪を片付けるイメージが強いようです。

「雪掻き」と「き」を送ることもあり。また、動詞として「雪(を)掻く」としても用いられる。


【雪掻(上五)】
雪掻に渡して戻る回覧板 松本晶子
雪掻きをしつつハヌカを寿ぎぬ 朗善千津
雪掻を終へ当直を引継げる 杉原祐之 

【雪掻(中七)】
小さくなった母よ雪掻きなどするな 坂田直彦

【雪掻(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】草いきれ
  2. 【秋の季語】吾亦紅
  3. 【春の季語】紙風船
  4. 【冬の季語】冬の日
  5. 【冬の季語】クリスマスケーキ
  6. 【夏の季語】出梅
  7. 【冬の季語】十一月
  8. 【冬の季語】冬の水

おすすめ記事

  1. トラックに早春を積み引越しす 柊月子【季語=早春(春)】 
  2. 【冬の季語】雪降る
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月2日配信分】
  4. 地吹雪や蝦夷はからくれなゐの島 櫂未知子【季語=地吹雪(冬)】 
  5. 【春の季語】四月馬鹿
  6. 【冬の季語】寒さ
  7. 【新年の季語】去年今年
  8. こほろぎや女の髪の闇あたたか 竹岡一郎【季語=蟋蟀(秋)】
  9. 春立つと拭ふ地球儀みづいろに 山口青邨【季語=春立つ(春)】
  10. 【夏の季語】香水

Pickup記事

  1. ハイシノミカタ【#1】「蒼海」(堀本裕樹主宰)
  2. 生垣や忘れ一葉を落し掃く   村尾公羽【季語=一葉(秋)】
  3. 梅の径用ありげなる人も行く 今井つる女【季語=梅 (春)】
  4. 秋日澄み樹のいろ拾ひつづけたる 井越芳子【季語=秋日(秋)】
  5. 土器に浸みゆく神酒や初詣 高浜年尾【季語=初詣(新年)】
  6. 男衆の聲弾み雪囲ひ解く 入船亭扇辰【季語=雪囲解く(春)】
  7. 【秋の季語】コスモス
  8. 小鳥屋の前の小川の寒雀 鈴木鷹夫【季語=寒雀(冬)】
  9. 一天の玉虫光り羽子日和 清崎敏郎【季語=羽子板(新年)】
  10. 青嵐神木もまた育ちゆく 遠藤由樹子【季語=青嵐(夏)】
PAGE TOP