季語・歳時記

【春の季語】風光る

【春の季語=三春(2月〜4月)】風光る

春になって日差しが強くなってきたころ、あたかも風が光り輝くように感じられること。

たんに「春風」というよりは、視覚的な要素が全面に出た季語である。


【風光る(上五)】
風光るこころの端の千利休 平井照敏
風光り泥のひかりの大きな手 成田千空
風光りすなはちもののみな光る 鷹羽狩行
風光る馬上の少女口緊めて 長嶺千晶
風光る大人のための九十九里 櫂未知子
風光るほこほこ乾くもぐら塚 名取里美
風光る丘の話をしてゐたる 宮本佳世乃
風光る松葉全ては見えねども 小山玄紀
風光る消毒疲れなる指に 越智友亮

【風光る(中七)】

【風光る(下五)】
この文を今渡さばや風光る  吉田林檎
消えてゆく二歳の記憶風光る 神野紗希
パーマ終へPARCOで無敵風光る 工藤玲音



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】シクラメン
  2. 【春の季語】春の塵
  3. 【春の季語】朧月
  4. 【秋の季語】秋分
  5. 【春の季語】囀る
  6. 【冬の季語】一月
  7. 【夏の季語】出梅
  8. 【夏の季語】香水

おすすめ記事

  1. 海鼠切りもとの形に寄せてある 小原啄葉【季語=海鼠(冬)】
  2. 【書評】中沢新一・小澤實『俳句の海に潜る』(角川書店、2016年)
  3. 夾竹桃くらくなるまで語りけり 赤星水竹居【季語=夾竹桃(夏)】
  4. 頭を垂れて汗の男ら堂に満つ 高山れおな【季語=汗(夏)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第43回】 淋代海岸と山口青邨
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第124回】髙坂小太郎
  7. 立春の零下二十度の吐息 三品吏紀【季語=立春(春)】 
  8. 呼吸器と同じコンセントに聖樹 菊池洋勝【季語=聖樹(冬)】
  9. また次の薪を火が抱き星月夜 吉田哲二【季語=星月夜(秋)】
  10. 冬ざれや父の時計を巻き戻し 井越芳子【季語=冬ざれ(冬)】

Pickup記事

  1. 秋茄子の漬け色不倫めけるかな 岸田稚魚【季語=秋茄子(秋)】
  2. 酒庫口のはき替え草履寒造 西山泊雲【季語=寒造 (冬)】
  3. わが家の見えて日ねもす蝶の野良 佐藤念腹【季語=蝶(春)】
  4. 鷹鳩と化して大いに恋をせよ 仙田洋子【季語=鷹鳩と化す(春)】
  5. エッフェル塔見ゆる小部屋に雛飾り 柳田静爾楼【季語=雛飾り(春)】
  6. 白梅や粥の面てを裏切らむ 飯島晴子【季語=白梅(春)】
  7. 【春の季語】春の月
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第61回】松野苑子
  9. 帰るかな現金を白桃にして 原ゆき【季語=白桃(秋)】
  10. 【春の季語】菜の花
PAGE TOP