季語・歳時記

【秋の季語】秋桜

【秋の季語=仲秋〜晩秋(9月〜10月)】秋桜

【解説】

コスモス」の別称。あきざくら。

俳句では「コスモス」が四字で下五に置きづらいため、使われることがあるが、上五で使われているときは、当て字的に「コスモス」と読ませる可能性もある。


【秋桜(上五)】
あきざくら咽喉に穴あく情死かな 宇多喜代子
秋桜に触れたる雨と触れぬ雨 矢野玲奈
秋桜は束ねられない汚せない 神野紗希

【秋桜(中七)】

【秋桜(下五)】
高揺れて翳ゆれて日の秋ざくら 鷲谷七菜子
魚のかげ魚にそひゆく秋ざくら 山越文夫
乱るるといふ美しさ秋桜 伊藤政美
移りゆく世事を遠見の秋桜 安立公彦
弁当は仔猫の重さ秋桜 北大路翼


「コスコス」の例句はこちらから


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】夏の月
  2. 【冬の季語】小春日
  3. 【冬の季語】数え日
  4. 【冬の季語】着ぶくれ
  5. 【春の季語】鶯笛
  6. 【夏の季語】夏休(夏休み)
  7. 【冬の季語】寒晴
  8. 【冬の季語】早梅

おすすめ記事

  1. 天高し深海の底は永久に闇 中野三允【季語=天高し(秋)】
  2. 迷宮へ靴取りにゆくえれめのぴー 中嶋憲武
  3. 滝落したり落したり落したり 清崎敏郎【季語=滝(夏)】
  4. 【第1回】ポルトガル――北の村祭と人々/藤原暢子
  5. 【秋の季語】天の川
  6. 【秋の季語】八月
  7. 鉄瓶の音こそ佳けれ雪催 潮田幸司【季語=雪催(冬)】
  8. アカコアオコクロコ共通海鼠語圏  佐山哲郎【季語=海鼠(冬)】
  9. 時雨るるや新幹線の長きかほ 津川絵理子【季語=時雨(冬)】
  10. 見るうちに開き加はり初桜 深見けん二【季語=初桜(春)】

Pickup記事

  1. 日光に底力つく桐の花 飯島晴子【季語=桐の花(夏)】
  2. 【春の季語】春月
  3. 生きのよき魚つめたし花蘇芳 津川絵理子【季語=花蘇芳(春)】
  4. 酒庫口のはき替え草履寒造 西山泊雲【季語=寒造 (冬)】
  5. 綿入が似合う淋しいけど似合う 大庭紫逢【季語=綿入(冬)】
  6. コスモスのゆれかはしゐて相うたず      鈴鹿野風呂【季語=コスモス(秋)】
  7. 「けふの難読俳句」【第6回】「後妻/前妻」
  8. 自転車の片足大地春惜しむ 松下道臣【季語=春惜しむ(春)】
  9. 【春の季語】屋根替
  10. 父がまづ走つてみたり風車 矢島渚男【季語=風車(春)】
PAGE TOP