夏の季語

【夏の季語】梅雨明

梅雨」が終わった日、あるいは終わると見込まれる日。

かつての暦では「入梅」の約1か月後が「出梅」とされていた。

梅雨が明けると、いよいよ夏本番となる。

梅雨(が)明ける」と動詞的に用いられることもある。


【梅雨明(上五)】
梅雨明の大神鳴や山の中 日野草城
梅雨あけの鎌倉くらき旋風かな 石橋秀野
梅雨明けのただちに蟻の影の道 井沢正江
梅雨明けや深き木の香も日の匂 林翔
梅雨明けの鶏を追ふ歩幅かな 今井聖

【梅雨明(中七)】

【梅雨明(下五)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】去年今年
  2. 【冬の季語】蒲団(布団)
  3. 【冬の季語】凩(木枯)
  4. 【秋の季語】末枯
  5. 【秋の季語】林檎
  6. 【冬の季語】一月
  7. 【冬の季語】歳晩
  8. 【冬の季語】風花

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第64回】 富山と角川源義
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第102回】小泉信一
  3. 【第2回】重慶便り/折勝家鴨
  4. 薄氷の筥の中なる逢瀬かな 大木孝子【季語=薄氷(春)】
  5. 【第8回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:青木亮人さん)【前編】
  6. 【新年の季語】去年今年
  7. 【冬の季語】数え日
  8. ロボットの手を拭いてやる秋灯下 杉山久子【季語=秋灯下(秋)】
  9. うつくしき羽子板市や買はで過ぐ 高浜虚子【季語=羽子板市(冬)】
  10. 聞えない耳なら石榴ぶらさげよ 金原まさ子【季語=石榴(秋)】

Pickup記事

  1. 産みたての卵や一つ大新緑 橋本夢道【季語=新緑(夏)】
  2. 【春の季語】涅槃図
  3. 紅葉の色きはまりて風を絶つ 中川宋淵【季語=紅葉(秋)】
  4. 【新年の季語】獅子頭
  5. 沈丁や夜でなければ逢へぬひと 五所平之助【季語=沈丁(春)】
  6. 【冬の季語】寒い
  7. 【春の季語】蛇穴を出る
  8. 白牡丹四五日そして雨どつと 高田風人子【季語=白牡丹(夏)】
  9. 【秋の季語】蕎麦の花
  10. 十二月うしろの正面山の神 成田千空【季語=十二月(冬)】
PAGE TOP