季語・歳時記

【春の季語】惜春

【春の季語=晩春(4月)】惜春

過ぎゆく春を惜しむこと。「春惜む」とも。


【惜春(上五)】
惜春やことば少なき夫とゐて 三橋鷹女
惜春や父の故郷に似しときけば 星野立子
惜春の鏡の中のハンガーよ 阪西敦子
惜春の石を拾へり子と二人 小助川駒介

【惜春(中七)】
志す惜春の句や墨をする 星野立子
徒に惜春の語を弄しけり 相生垣瓜人
除幕式まで惜春の蕎麦を食ふ 能村登四郎

【惜春(下五)】

【ほかの季語と】
春愁も惜春もみな母のこと 宮野しゆん


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】実南天
  2. 【春の季語】ヒヤシンス
  3. 【冬の季語】熊穴に入る
  4. 【秋の季語】蛇穴に入る
  5. 【夏の季語】夏至
  6. 【秋の季語】紫式部の実/式部の実 実紫 子式部
  7. 【冬の季語】海鼠/海鼠舟 海鼠突 酢海鼠 海鼠腸
  8. 【春の季語】春月

おすすめ記事

  1. 人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子【季語=鶯(春)】
  2. 【新年の季語】左義長
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第21回】五日市祐介
  4. 昼顔の見えるひるすぎぽるとがる 加藤郁乎【季語=昼顔(夏)】
  5. 対岸や壁のごとくに虫の闇 抜井諒一【季語=虫(秋)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第32回】筑紫磐井
  7. 伊太利の毛布と聞けば寝つかれず 星野高士【季語=毛布(冬)】
  8. 片足はみづうみに立ち秋の人 藤本夕衣【季語=秋(秋)】
  9. 【秋の季語】椎茸
  10. 無方無時無距離砂漠の夜が明けて 津田清子(無季)

Pickup記事

  1. 菊食うて夜といふなめらかな川 飯田晴【季語=菊(秋)】
  2. けふあすは誰も死なない真葛原 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  3. 春一番競馬新聞空を行く 水原春郎【季語=春一番(春)】
  4. 【連載】「ゆれたことば」#5「避難所」千倉由穂
  5. 胸の炎のボレロは雪をもて消さむ 文挾夫佐恵【季語=雪(冬)】
  6. 「野崎海芋のたべる歳時記」鰆のエスカルゴバター焼き
  7. 【冬の季語】納豆
  8. 落椿とはとつぜんに華やげる 稲畑汀子【季語=落椿(春)】
  9. 【夏の季語】筍
  10. 【冬の季語】夕霧忌
PAGE TOP