季語・歳時記

【春の季語】惜春

【春の季語=晩春(4月)】惜春

過ぎゆく春を惜しむこと。「春惜む」とも。


【惜春(上五)】
惜春やことば少なき夫とゐて 三橋鷹女
惜春や父の故郷に似しときけば 星野立子
惜春の鏡の中のハンガーよ 阪西敦子
惜春の石を拾へり子と二人 小助川駒介

【惜春(中七)】
志す惜春の句や墨をする 星野立子
徒に惜春の語を弄しけり 相生垣瓜人
除幕式まで惜春の蕎麦を食ふ 能村登四郎

【惜春(下五)】

【ほかの季語と】
春愁も惜春もみな母のこと 宮野しゆん


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】秋暑し
  2. 【夏の季語】涼し
  3. 【春の季語】日永
  4. 【秋の季語】秋の蛇
  5. 【冬の季語】冬蝶
  6. 【秋の季語】秋山
  7. 【冬の季語】節分会
  8. 【春の季語】春二番

おすすめ記事

  1. COVID-19十一月の黒いくれよん 瀬戸正洋【冬の季語=十一月(冬)】
  2. 日光に底力つく桐の花 飯島晴子【季語=桐の花(夏)】
  3. ダリヤ活け婚家の家風侵しゆく 鍵和田秞子【季語=ダリヤ(夏)】
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」鴨鍋
  5. 尺蠖の己れの宙を疑はず 飯島晴子【季語=尺蠖(夏)】
  6. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第1回】
  7. 海に出て綿菓子買えるところなし 大高翔
  8. 【#30】公園の猫たちと竹内栖鳳の「班猫」
  9. 仕る手に笛もなし古雛 松本たかし【季語=古雛(春)】
  10. 夏痩せて瞳に塹壕をゑがき得ざる 三橋鷹女【季語=夏痩(夏)】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】玉虫
  2. 春の夜のエプロンをとるしぐさ哉 小沢昭一【季語=春の夜(春)】
  3. 【新連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 パン・デピス
  4. 未生以前の石笛までも刎ねる 小野初江
  5. 江の島の賑やかな日の仔猫かな 遠藤由樹子【季語=仔猫(春)】
  6. 【秋の季語】残暑
  7. 【春の季語】春の塵
  8. 【夏の季語】蟻地獄/あとずさり 擂鉢虫
  9. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#8
  10. 露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子【季語=露草(秋)】
PAGE TOP