夏の季語

【夏の季語】たかんな

【夏の季語=初夏(5月)】たかんな

【ミニ解説】

竹の新芽を「筍」といいます。

「たかうな」「たかんな」は、その古名。

青森県八戸市の俳句結社「たかんな」(吉田千嘉子主宰)は、師系の句である

たかんなの光て竹となりにけり 小林康治

による。


【たかんな(上五)】
たかんなの土出でてなほ鬱々と 山口誓子
たかんなの影は竹より濃かりけり 中村草田男
たかんなの光て竹となりにけり 小林康治


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】寒夕焼
  2. 【秋の季語】秋灯下
  3. 【冬の季語】古暦
  4. 【冬の季語】聖樹
  5. 【秋の季語】曼珠沙華
  6. 【冬の季語】春近し
  7. 【冬の季語】水洟
  8. 【冬の季語】年惜む

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第97回】岸田祐子
  2. 【夏の季語】バナナ
  3. なにはともあれの末枯眺めをり 飯島晴子【季語=末枯(秋)】
  4. 【春の季語】朧
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第60回】片山一行
  6. 【春の季語】野に遊ぶ
  7. 葱白く洗ひたてたるさむさ哉 芭蕉【季語=葱(冬)】
  8. 「野崎海芋のたべる歳時記」パン・ペルデュ
  9. 【#41】真夏の個人的な過ごし方
  10. つはの葉につもりし雪の裂けてあり     加賀谷凡秋【季語=雪(冬)】

Pickup記事

  1. 赤ばかり咲いて淋しき牡丹かな 稲畑汀子【季語=牡丹(夏)】
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年10月分】
  3. 黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子【季語=黒揚羽(夏)】
  4. にはとりのかたちに春の日のひかり 西原天気【季語=春の日(春)】
  5. 日記買ふよく働いて肥満して 西川火尖【季語=日記買ふ(冬)】
  6. さくら貝黙うつくしく恋しあふ 仙田洋子【季語=さくら貝(春)】
  7. ヨコハマへリバプールから渡り鳥 上野犀行【季語=渡り鳥(秋)】
  8. 春は曙そろそろ帰つてくれないか 櫂未知子【季語=春(春)】
  9. 十薬の蕊高くわが荒野なり 飯島晴子【季語=十薬(夏)】
  10. あっ、ビデオになってた、って君の声の短い動画だ、海の 千種創一
PAGE TOP