夏の季語

【夏の季語】たかんな

【夏の季語=初夏(5月)】たかんな

【ミニ解説】

竹の新芽を「筍」といいます。

「たかうな」「たかんな」は、その古名。

青森県八戸市の俳句結社「たかんな」(吉田千嘉子主宰)は、師系の句である

たかんなの光て竹となりにけり 小林康治

による。


【たかんな(上五)】
たかんなの土出でてなほ鬱々と 山口誓子
たかんなの影は竹より濃かりけり 中村草田男
たかんなの光て竹となりにけり 小林康治


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】日記買う
  2. 【秋の季語】秋暑し
  3. 【秋の季語】花野/大花野
  4. 【秋の季語】西瓜/西瓜畑 西瓜番 西瓜売
  5. 【秋の季語】渡り鳥
  6. 【春の季語】四月馬鹿
  7. 【春の季語】春二番
  8. 【冬の季語】冬蝶

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第75回】近江文代
  2. 妻が言へり杏咲き満ち恋したしと 草間時彦【季語=杏の花(春)】
  3. 【夏の季語】和蘭陀獅子頭
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第62回】山田真砂年
  5. とぼしくて大きくて野の春ともし 鷲谷七菜子【季語=春灯(春)】 
  6. 【夏の季語】虹
  7. 椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ 池田澄子【季語=椿(春)】
  8. 【秋の季語】運動会
  9. 【連載】新しい短歌をさがして【17】服部崇
  10. 滴りてふたりとは始まりの数 辻美奈子【季語=滴り(夏)】

Pickup記事

  1. 他人とは自分のひとり残る雪 杉浦圭祐【季語=残る雪(春)】
  2. なつかしきこと多くなり夜の秋 小島健【季語=夜の秋(夏)】
  3. あたゝかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=十一月(冬)】
  4. ロボットの手を拭いてやる秋灯下 杉山久子【季語=秋灯下(秋)】
  5. 大揺れのもののおもてを蟻の道 千葉皓史【季語=蟻(夏)】
  6. 秋櫻子の足あと【第6回】谷岡健彦
  7. 「パリ子育て俳句さんぽ」【3月19日配信分】
  8. 【連載】新しい短歌をさがして【10】服部崇
  9. 【連載】久留島元のオバケハイク【第3回】「雪女」
  10. あひみての後を逆さのかいつぶり 柿本多映【季語=鳰(冬)】
PAGE TOP