季語・歳時記

【春の季語】春惜む(春惜しむ)

【春の季語=晩春(4月)】春惜む(春惜しむ)

過ぎゆく春を惜しむこと。「惜春」とも。


【春惜む(上五)】
春惜しむ人にしきりに訪はれけり 夏目漱石
春惜むおん姿こそとこしなヘ 水原秋櫻子
春惜み命惜みて共にあり 星野立子

【春惜む(中七)】
大いなる春を惜しみつ家に在り 星野立子
遠き屋根に日のあたる春惜しみけり 久保田万太郎
ケンタッキーのをぢさんと春惜しみけり 辻桃子
一六タルトの社長と春を惜しみけり 夏井いつき

【春惜む(下五)】
あんぱんの葡萄の臍や春惜しむ 三好達治
燈台に銘あり読みて春惜しむ 伊藤柏翠
自転車の片足大地春惜しむ 松下道臣
一人づつ富士塚上り春惜しむ 渡辺花穂
太腿と尻の境目春惜しむ 近 恵
一つづつ包むパイ皮春惜しむ 代田青鳥
まなかひに炎をみつめ春惜しむ 藤本夕衣
マネキンの肩甲骨も春惜しむ 松本てふこ


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】小正月
  2. 【秋の季語】鴨渡る
  3. 【冬の季語】湯たんぽ(湯婆)
  4. 【春の季語】冴返る
  5. 【春の季語】シクラメン
  6. 【冬の季語】冬木
  7. 【春の季語】春の雨
  8. 【夏の季語】百合

おすすめ記事

  1. 胸元に来し雪虫に胸与ふ 坂本タカ女【季語=雪虫(冬)】
  2. 【冬の季語】冬に入る
  3. 【連載】新しい短歌をさがして【7】服部崇
  4. 香水や時折キッとなる婦人 京極杞陽【季語=香水(夏)】
  5. でで虫の繰り出す肉に遅れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】
  6. ネックレスかすかに金や花を仰ぐ 今井千鶴子【季語=花(春)】
  7. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年4月分】
  8. つはの葉につもりし雪の裂けてあり     加賀谷凡秋【季語=雪(冬)】
  9. さわやかにおのが濁りをぬけし鯉 皆吉爽雨【季語=爽やか(秋)】
  10. にはとりのかたちに春の日のひかり 西原天気【季語=春の日(春)】

Pickup記事

  1. 【#30】公園の猫たちと竹内栖鳳の「班猫」
  2. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【18】/我部敬子(「銀漢」同人)
  3. 夫婦は赤子があつてぼんやりと暮らす瓜を作つた 中塚一碧楼
  4. 鳥の巣に鳥が入つてゆくところ 波多野爽波【季語=鳥の巣(春)】
  5. 仰向けに冬川流れ無一文 成田千空【季語=冬川(冬)】
  6. 淋しさに鹿も起ちたる馬酔木かな      山本梅史【季語=鹿(秋)】
  7. 【冬の季語】冬帽
  8. 牡丹ていっくに蕪村ずること二三片 加藤郁乎  
  9. 熟れ麦はほろびのひかり夕日また 石原舟月【季語=熟れ麦(夏)】
  10. 悉く全集にあり衣被 田中裕明【季語=衣被(秋)】
PAGE TOP