季語・歳時記

【春の季語】針供養

【春の季語=初春(2月)】針供養

使えなくなった縫い針を供養し、近くの神社に納める行事のこと。豆腐やこんにゃくに針を刺して供養する。各地の社寺で行われている。12月8日、または2月8日に行われるため、歳時記によっては冬の季語とすることもある。

かつては12月8日が一年の生業(特に農事)に区切りをつけて、新年に訪れる年神様を迎えるための準備を始める日、一方の2月8日は、年神様を天にお帰しして、全ての正月行事を終える「事納めの日」であった。いまふうにいえば、長期休暇(民俗学的にいえばハレ)が終わって、日常生活(ケ)がはじまるのが2月8日であった。

江戸時代後期から明治時代に拡がった、比較的あたらしい行事である。

針納」ともよぶ。


【針供養(上五)】
針供養といふことをしてそと遊ぶ 後藤夜半

【針供養(中七)】
いつしかに失せゆく針の供養かな 松本たかし

【針供養(下五)】
天井に日の斑ゆらめく針供養 桂信子
白杖の立てかけてある針供養 鈴木節子
持ち寄れる生計のにほひ針供養 真板道夫
針といふ光ひしめき針供養 行方克巳
並べ売る厚手の下着針供養 小山蓮子
髪結うて目のつり上がる針供養 黒澤麻生子

【ほかの季語と】
山坂の靄おそろしき針供養 大牧広
雨もよひとも雪もよひとも針供養 松尾隆信


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】梅干(梅干し)
  2. 【春の季語】涅槃絵図
  3. 【春の季語】春の灯
  4. 【夏の季語】香水
  5. 【春の季語】沙翁忌
  6. 【新年の季語】三が日
  7. 【冬の季語】聖樹
  8. 【春の季語】紙風船

おすすめ記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」サラダ・パリジェンヌ
  2. 【書評】松本実穂 第1歌集『黒い光』(角川書店、2020年)
  3. まはすから嘘つぽくなる白日傘 荒井八雪【季語=白日傘(夏)】
  4. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#9
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」わが家のクスクス
  6. 【夏の季語】桐の花
  7. 【秋の季語】末枯る
  8. 耳飾るをとこのしなや西鶴忌 山上樹実雄【季語=西鶴忌(秋)】
  9. 両の眼の玉は飴玉盛夏過ぐ 三橋敏雄【季語=盛夏(夏)】
  10. 夕焼や答へぬベルを押して立つ 久保ゐの吉【季語=夕焼(夏)】

Pickup記事

  1. 枇杷の花ふつうの未来だといいな 越智友亮【季語=枇杷の花(冬)】
  2. 枯野から信長の弾くピアノかな 手嶋崖元【季語=枯野(冬)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第63回】 摂津と桂信子
  4. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#11】異国情緒
  5. 【夏の季語】万緑
  6. 鶯に蔵をつめたくしておかむ 飯島晴子【季語=鶯(春)】
  7. 【特別寄稿】屋根裏バル鱗kokera/中村かりん
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第70回】唐沢静男
  9. 【書評】三島広志 第1句集『天職』(角川書店、2020年)
  10. 【連載】久留島元のオバケハイク【第5回】夜長の怪談
PAGE TOP