冬の季語

【冬の季語】雪掻く

【冬の季語=晩冬(1月)】雪掻く

雪掻」の動詞形である。豪雪地帯では、屋根の上での作業など、危険が伴う。


【雪掻く(上五)】
雪掻いて黄菊の花のあらはるる 高野素十
雪掻いてゐる音ありしねざめかな 久保田万太郎
雪掻きて今宵誘うてもらひけり 榎本好宏 

【雪掻く(中七)】

【雪掻く(下五)】
若さ確かめたしかめ月下雪を掻く 藤田湘子
中学の制服を着て雪を搔く 髙松早基子
戒律の日々学僧が雪を搔く 阪上史琅
家々に主あり朝の雪を掻く 竹内俊吉


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】白息
  2. 【冬の季語】浮寝鳥
  3. 【冬の季語】神無月/かみなづき 神去月 神在月 時雨月 初霜月
  4. 【秋の季語】臭木の花/花臭木 常山木の花
  5. 【冬の季語】枯木
  6. 【春の季語】二月尽
  7. 【冬の季語】冬
  8. 【春の季語】春の雨

おすすめ記事

  1. 日記買ふよく働いて肥満して 西川火尖【季語=日記買ふ(冬)】
  2. 嚔して酒のあらかたこぼれたる 岸本葉子【季語=嚔(冬)】
  3. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第4回】
  4. 懐手蹼ありといつてみよ 石原吉郎【季語=懐手(冬)】
  5. 世にまじり立たなんとして朝寝かな 松本たかし【季語=朝寝(春)】
  6. 梅の径用ありげなる人も行く 今井つる女【季語=梅 (春)】
  7. 夕づつにまつ毛澄みゆく冬よ来よ 千代田葛彦【季語=冬隣(秋)】
  8. 男衆の聲弾み雪囲ひ解く 入船亭扇辰【季語=雪囲解く(春)】
  9. 忽然と昭和をはりぬ夕霧忌 森竹須美子【季語=夕霧忌(冬)】
  10. けさ秋の一帆生みぬ中の海 原石鼎【季語=今朝秋(秋)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】セーター
  2. 【秋の季語】茘枝 / 苦瓜・ゴーヤー
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第61回】 石鎚山と石田波郷
  4. 【書評】小池康生 第2句集『奎星』(飯塚書店、2020年)
  5. 息触れて初夢ふたつ響きあふ 正木ゆう子【季語=初夢(新年)】
  6. 【セクト・ポクリット読者限定】『神保町に銀漢亭があったころ』注文フォーム【送料無料】
  7. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【3】/武田花果(「銀漢」「春耕」同人)
  8. 白夜の忠犬百骸挙げて石に近み 中村草田男【季語=白夜(夏)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第102回】小泉信一
  10. 大阪の屋根に入る日や金魚玉   大橋櫻坡子【季語=金魚玉(夏)】
PAGE TOP