冬の季語

【冬の季語】雪掻く

【冬の季語=晩冬(1月)】雪掻く

雪掻」の動詞形である。豪雪地帯では、屋根の上での作業など、危険が伴う。


【雪掻く(上五)】
雪掻いて黄菊の花のあらはるる 高野素十
雪掻いてゐる音ありしねざめかな 久保田万太郎
雪掻きて今宵誘うてもらひけり 榎本好宏 

【雪掻く(中七)】

【雪掻く(下五)】
若さ確かめたしかめ月下雪を掻く 藤田湘子
中学の制服を着て雪を搔く 髙松早基子
戒律の日々学僧が雪を搔く 阪上史琅
家々に主あり朝の雪を掻く 竹内俊吉


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】運動会
  2. 【春の季語】紅梅
  3. 【冬の季語】愛日
  4. 【春の季語】鶯餅
  5. 【春の季語】初音
  6. 【秋の季語】菊/菊の花 白菊 黄菊、大菊、小菊、初菊、厚物咲、懸…
  7. 【新年の季語】歌留多会
  8. 【冬の季語】枇杷の花

おすすめ記事

  1. 九頭龍へ窓開け雛の塵払ふ 森田愛子【季語=雛(春)】
  2. 犬去れば次の犬来る鳥総松 大橋越央子【季語=鳥総松(新年)】
  3. 夫いつか踊子草に跪く 都築まとむ【季語=踊子草(夏)】
  4. 【秋の季語】霧
  5. 【新年の季語】雑煮
  6. 【春の季語】桜蘂降る
  7. 【夏の季語】蓮
  8. 森の秀は雲と睦めり花サビタ 林翔【季語=さびたの花(夏)】
  9. 【夏の季語】たかんな
  10. 鍋物に火のまはり来し時雨かな 鈴木真砂女【季語=時雨(冬)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】春隣
  2. 水飲んで眼の渇く鶏頭花 柘植史子【季語=鶏頭(秋)】
  3. 【夏の季語】夏蝶
  4. やゝ寒し閏遅れの今日の月 松藤夏山【季語=今日の月 (秋)】
  5. 風光りすなはちもののみな光る 鷹羽狩行【季語=風光る(春)】
  6. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#11】異国情緒
  7. 酒醸す色とは白や米その他 中井余花朗
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第107回】石川洋一
  9. 一天の玉虫光り羽子日和 清崎敏郎【季語=羽子板(新年)】
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第37回】龍安寺と高野素十
PAGE TOP