冬の季語

【冬の季語】冬うらら

【冬の季語=三冬(11〜1月)】冬うらら

【解説】

うららかな冬の日。「冬麗」とも。

ちなみに「ハルウララ」という馬がいたが、「うららか」はすでに春の季語なので、俳句の季語としては、「春うらら」とはあまりいわない。

「秋うらら」は「秋麗」。


【冬うらら(上五)】

冬うらゝ雲上雲の仏たち 中川宋淵
冬うららブロークンハートとは戯(おどけ) 佐藤鬼房
冬うらら数へて余す島の数 岸田稚魚
冬うらら隣の墓が寄りかかる 鳴戸奈菜
冬うららか駅の鏡に身を屈め 上田信治
冬うらら奥行のなき観覧車 冨田拓也

【冬うらら(中七)】

【冬うらら(下五)】

かぞへつつ十三時うつ冬うらら 山口青邨
観音の胎内にあり冬うらら 佐藤鬼房
心音もお多福豆も冬うらら 橋閒石
難しき名の花貰う冬うらら 橋閒石
オリーブ油髪の根にすり冬うらら 細見綾子
湯の池に鰐のねむりも冬うらら 古賀まり子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】咳
  2. 【冬の季語】年逝く(年行く)
  3. 【冬の季語】枯木立
  4. 【秋の季語】鵙の贄
  5. 【夏の季語】日傘
  6. 【秋の季語】迎鐘/六道参 精霊迎
  7. 【秋の季語】十六夜
  8. 【冬の季語】冬の谷

おすすめ記事

  1. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第3回】
  2. 鳥けもの草木を言へり敗戦日 藤谷和子【季語=敗戦日(秋)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第22回】東山と後藤比奈夫
  4. 【秋の季語】萩/萩の花 白萩 紅萩 小萩 山萩 野萩 こぼれ萩 乱れ萩 括り萩 萩日和
  5. 月光にいのち死にゆくひとと寝る 橋本多佳子【季語=月光(秋)】
  6. 【春の季語】春の雪
  7. 昨日より今日明るしと雪を掻く 木村敏男【季語=雪を掻く(冬)】
  8. 星空のととのふまでをバーベキュー 小山玄黙【季語=バーベキュー(夏)】
  9. 【夏の季語】月涼し
  10. 【毛の俳句】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】枯芝
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年4月分】
  3. 妻が言へり杏咲き満ち恋したしと 草間時彦【季語=杏の花(春)】
  4. 【新連載】茶道と俳句 井上泰至【第1回】
  5. 【夏の季語】向日葵
  6. 【連載】新しい短歌をさがして【10】服部崇
  7. 【夏の季語】蓮
  8. 秋灯机の上の幾山河 吉屋信子【季語=秋灯(秋)】
  9. 直立の八月またも来りけり 小島健【季語=八月(秋)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第56回】池田のりを
PAGE TOP