冬の季語

【冬の季語】白息

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】白息

【解説】

冬の季語「息白し」の派生形。


【白息(上五)】
白息を掌にかけて今日はじまりぬ 石田波郷
白息の駿馬かくれもなき曠野 飯田龍太
白息のゆるゆる読むや虚子句集 川崎展宏
白息やこの木より蛇落ちきしと 宇佐美魚目
白息の太き行方や海の虹 鷲谷七菜子
白息のあたたかかりし昔かな 今井杏太郎
白息のゆたかに人を恋へりけり 藺草慶子
白息のとどかぬ距離でありにけり 谷口摩耶
白息で来てサツクスをふき鳴らし 高橋博夫
白息を多摩蘭坂に残しけり 伊藤麻美
白息やよく燃えさうな小屋の中 大塚凱

【白息(中七)】
伐折羅吐きたまふ白息なかりけり 阿波野青畝
みほとけのまへ白息のわれかすか 野見山朱鳥
基地の夜や白息ごもりにものいうも 古沢太穂
めざむよりおのが白息纏ひつつ 橋本多佳子
泣きしあとわが白息の豊かなる 橋本多佳子
わが書きし字へ白息をかけておく 加藤楸邨
五十とや白息吐いてきよろきよろす 石塚友二
馬の鼻孔の大きさよ白息に濡れ 能村登四郎
マイクロフオン白息強く当てて験す 田川飛旅子
愛盡す妻の白息耳の辺に 小林康治
枯山水見て白息を肥しけり 百合山羽公
わが澄むまで白息かけて鏡拭く 大石悦子
わが身からこの白息ぞオホーツク 大石悦子
山国に来て白息を言ひ合へり 大串章
身籠りてより白息の濃くなれり 木内怜子
この亀裂白息をもて飛べと云ふ 恩田侑布子

【白息(下五)】
未完成の船の奥にて白息吐く 西東三鬼
黒牛の腹の底より白息吐く 殿村莵絲子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】夏の果/夏果つ 夏終る 夏行く 行夏 夏逝く 夏惜し…
  2. 【新年の季語】歌かるた(歌がるた)
  3. 【秋の季語】運動会
  4. 【冬の季語】八手咲く
  5. 【冬の季語】冬木立
  6. 【冬の季語】臘梅(蠟梅)
  7. 【夏の季語】クーラー
  8. 【秋の季語】九月

おすすめ記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年2月分】
  2. 【春の季語】春雷
  3. 【夏の季語】扇風機
  4. へたな字で書く瀞芋を農家売る 阿波野青畝【季語=山芋(秋)】
  5. 妹は滝の扉を恣 小山玄紀【季語=滝(夏)】
  6. 朝顔の数なんとなく増えてゐる 相沢文子【季語=朝顔(秋)】
  7. あれは伊予こちらは備後春の風 武田物外【季語=春の風(春)】
  8. 「野崎海芋のたべる歳時記」ゼブラのガトー
  9. ペスト黒死病コレラは虎列刺コロナは何と 宇多喜代子【季語=コレラ(夏)】
  10. 【秋の季語】八月

Pickup記事

  1. 魚のかげ魚にそひゆく秋ざくら 山越文夫【季語=コスモス(秋)】
  2. 芽柳の傘擦る音の一寸の間 藤松遊子【季語=芽柳(春)】
  3. 灯を消せば部屋無辺なり夜の雪 小川軽舟【季語=雪(冬)】
  4. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#1】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第58回】守屋明俊
  6. 変身のさなかの蝶の目のかわき 宮崎大地【季語=蝶(春)】
  7. 行く雁を見てゐる肩に手を置かれ 市村不先【季語=行く雁(春)】
  8. 誰も口にせぬ流氷の向かうの地 塩崎帆高【季語=流氷(春)】
  9. 故郷のすすしの陰や春の雪 原石鼎【季語=春の雪(春)】 
  10. 木犀や同棲二年目の畳 髙柳克弘【季語=木犀(秋)】
PAGE TOP