ハイクノミカタ

白息の駿馬かくれもなき曠野 飯田龍太【季語=白息(冬)】


白息の駿馬かくれもなき曠野

飯田龍太

私は柄にもなくNHKの朝ドラのファンなので、先日から新しく始まった「おちょやん」も楽しみに見ている。主人公は小さな養鶏場の娘だ。そのドラマに、そこで飼われている鶏が小さな白息を吐くシーンがあった。鶏も生きているのだから、寒い日に息が白くなるのは当たり前なのだが、あああの鶏も生きているのだな、というちょっとした感慨を抱いた。冬の鉱石のように張りつめた空気の中、流れる白息は生命の象徴なのだ。そこには人間と鶏の区別などない。

角川書店の「俳句歳時記 第五版」の「息白し」の項には、「人間の息についてのみいい、馬や犬など動物については使わない」とあるが、これには何か根拠があるのだろうか。過去に動物の白息を詠んだ句はたくさんあるし、私の《牛の息ふしゆうふしゆうと白く伸ぶ》という句の立場は…?

白息の駿馬かくれもなき曠野

掲句も馬の白息を詠んでいる。龍太といえば《大寒の一戸もかくれなき故郷》という句が想起されるだろう。この二句は「かくれもなき」「かくれなき」というほぼ共通の語彙が使用されている。

「大寒の」の句では、高いところから見渡せばすべてが見えるような、小さな集村の景が思い浮かぶ。一戸一戸がくっきりと冬枯れに浮き出しているように見えるのだろう。

一方掲句からは、一頭の駿馬が曠野に佇んでいる景を想像した。曠野の真ん中、まるで土地と一体化したような馬。身じろぎもしないのだが、馬がまさに今を生きていることは長く伸びる白息だけでわかる。そこには何からも隠されることのない、剥き出しの生命がある。

角川ソフィア文庫「飯田龍太全句集」より引いた。

鈴木牛後


🍀 🍀 🍀 季語「白息」については、「セポクリ歳時記」もご覧ください。


【執筆者プロフィール】
鈴木牛後(すずき・ぎゅうご)
1961年北海道生まれ、北海道在住。「俳句集団【itak】」幹事。「藍生」「雪華」所属。第64回角川俳句賞受賞。句集『根雪と記す』(マルコボ.コム、2012年)『暖色』(マルコボ.コム、2014年)『にれかめる』(角川書店、2019年)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 老人になるまで育ち初あられ 遠山陽子【季語=初霰(冬)】
  2. 新蕎麦や狐狗狸さんを招きては 藤原月彦【季語=新蕎麦(秋)】
  3. 松葉屋の女房の円髷や酉の市 久保田万太郎【季語=酉の市(冬)】
  4. 地吹雪や蝦夷はからくれなゐの島 櫂未知子【季語=地吹雪(冬)】 …
  5. 銀座明るし針の踵で歩かねば 八木三日女
  6. 樹も草もしづかにて梅雨はじまりぬ 日野草城【季語=梅雨入(夏)】…
  7. 山茶花の弁流れ来る坂路かな 横光利一【季語=山茶花(冬)】
  8. 向日葵をつよく彩る色は黒 京極杞陽【季語=向日葵(夏)】

おすすめ記事

  1. 山茶花の弁流れ来る坂路かな 横光利一【季語=山茶花(冬)】
  2. 男衆の聲弾み雪囲ひ解く 入船亭扇辰【季語=雪囲解く(春)】
  3. 蟷螂にコップ被せて閉じ込むる 藤田哲史【季語=蟷螂(秋)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第57回】卓田謙一
  5. 取り除く土の山なす朧かな 駒木根淳子【季語=朧(春)】
  6. 【#21】中国大連の猫
  7. 月光にいのち死にゆくひとと寝る 橋本多佳子【季語=月光(秋)】
  8. 色里や十歩離れて秋の風 正岡子規【季語=秋の風 (秋)】
  9. 【連載】久留島元のオバケハイク【最終回】方相氏
  10. 茎石に煤をもれ来る霰かな 山本村家【季語=茎石(冬)】

Pickup記事

  1. めぐりあひやその虹七色七代まで 中村草田男【季語=虹(夏)】
  2. 茅舎忌の猛暑ひきずり草田男忌 竹中宏【季語=草田男忌(夏)】
  3. はしりすぎとまりすぎたる蜥蜴かな    京極杞陽【季語=蜥蜴(夏)】
  4. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#07】「何となく」の読書、シャッター
  5. 愛情のレモンをしぼる砂糖水 瀧春一【季語=砂糖水(夏)】
  6. 牡蠣舟やレストーランの灯をかぶり      大岡龍男【季語=牡蠣舟(冬)】
  7. 【春の季語】初東風
  8. 鶯に蔵をつめたくしておかむ 飯島晴子【季語=鶯(春)】
  9. 【春の季語】遠足
  10. 変身のさなかの蝶の目のかわき 宮崎大地【季語=蝶(春)】
PAGE TOP