ハイクノミカタ

目薬の看板の目はどちらの目 古今亭志ん生


目薬の看板の目はどちらの目

古今亭志ん生


YouTubeには色んな動画が落ちている。
川端と三島と伊藤整の鼎談やら、フーコーとチョムスキーの対談やら、果ては資本主義を料理するジジェクまで出てくる。

今は亡き作家の肉声を知ることも出来る。与謝野晶子折口信夫、また自句を朗読する虚子なんかもあって、みんながみんな、なんともぬぼーっと読んでいるのがよくて、BGMの替わりに聞き流している。

冒頭の志ん生の川柳は、談志の思い出話で知った。目薬の句だけあって、目の付け所がシャープである。
同じく志ん生の句で、「ふんどしでズボンを履くとこぶが出来」というのもあるそうだ。この「〜で〜すると〜になる」といった至極ダラダラとした文体もどこか間が抜けていて、変にフィットしていて面白い。「借りのある人が湯ぶねの中にいる」というのもあるそうだが、これは人情味がある。

(安里琉太)


【執筆者プロフィール】
安里琉太(あさと・りゅうた)
1994年沖縄県生まれ。「銀化」「群青」「」同人。句集に『式日』(左右社・2020年)。 同書により、第44回俳人協会新人賞



安里琉太のバックナンバー】
>>〔9〕こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑
>>〔8〕短日のかかるところにふとをりて  清崎敏郎
>>〔7〕GAFA世界わがバ美肉のウマ逃げよ  関悦史
>>〔6〕生きるの大好き冬のはじめが春に似て 池田澄子
>>〔5〕青年鹿を愛せり嵐の斜面にて  金子兜太
>>〔4〕ここまでは来たよとモアイ置いていく 大川博幸
>>〔3〕昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎
>>〔2〕魚卵たべ九月些か悔いありぬ  八田木枯
>>〔1〕松風や俎に置く落霜紅      森澄雄


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 詠みし句のそれぞれ蝶と化しにけり 久保田万太郎【季語=蝶(春)】…
  2. 置替へて大朝顔の濃紫 川島奇北【季語=朝顔(秋)】
  3. 名ばかりの垣雲雀野を隔てたり 橋閒石【季語=雲雀野(春)】
  4. 田螺容れるほどに洗面器が古りし 加倉井秋を【季語=田螺(春)】
  5. 花臭木に蝶のせはしや浮かび沈み 本井英【季語=臭木の花(秋)】
  6. 青空の暗きところが雲雀の血 高野ムツオ【季語=雲雀(春)】
  7. 日記買ふよく働いて肥満して 西川火尖【季語=日記買ふ(冬)】
  8. 纐纈の大座布団や春の宵 真下喜太郎【季語=春の宵(春)】

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第25回】山崎祐子
  2. 天高し鞄に辞書のかたくある 越智友亮【季語=天高し(秋)】
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」ゼブラのガトー
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月18日配信分】
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年4月分】
  6. 取り除く土の山なす朧かな 駒木根淳子【季語=朧(春)】
  7. 彫り了へし墓抱き起す猫柳 久保田哲子【季語=猫柳(春)】
  8. 死因の一位が老衰になる夕暮れにイチローが打つきれいな当たり 斉藤斎藤
  9. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年9月分】
  10. 白い部屋メロンのありてその匂ひ 上田信治【季語=メロン(夏)】

Pickup記事

  1. 全国・俳枕の旅【第73回】 湖西マキノ町在原と大石悦子
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第53回】しなだしん
  3. 馬の背中は喪失的にうつくしい作文だった。 石松佳
  4. 杜甫にして余寒の詩句ありなつかしき 森澄雄【季語=余寒(春)】
  5. 水を飲む風鈴ふたつみつつ鳴る 今井肖子【季語=風鈴(夏)】
  6. 【新連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第1回】
  7. 細長き泉に着きぬ父と子と 飯島晴子【季語=泉(夏)】
  8. さざなみのかがやけるとき鳥の恋 北川美美【季語=鳥の恋(春)】
  9. 鬼灯市雷門で落合うて 田中松陽子【季語=鬼灯市(夏)】
  10. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第2回】石田波郷と写真と俳句
PAGE TOP