ハイクノミカタ

ここまでは来たよとモアイ置いていく 大川博幸


ここまでは来たよとモアイ置いていく

大川博幸


誰が置いていったのだろうか。

置いていく人の視点なのか、置いていく人を見ている側の視点のなのか。主語が省略されていることで謎が深まっている。

後者だと、モアイ(それを超古代文明的なものと考えて)を置いていった太古の行為者からの呼びかけのように読める。そういう今は不在の太古の行為者が、「ここまでは来たよ」(歩み、という感じがする。この歩みは実際にイースター島というまで渡って来たという物理的な歩みとも取れるし、モアイを作ることのできる技術を持った「文明」の歩みとも取れるように思う)とモアイを残して行ったというふうに読める。広義の存問という感じがする。前者だとすこしコミカルな感じがする。

この川柳を読んで、その大きな行為者を思うとき、「どんなにかさびしい白い指先で置きたまいしか地球に富士を 佐藤弓生」という短歌が思い起こされる。そしてまた、「詩の神のやはらかな指秋の水 田中裕明」(これは神ということに限定されているけれども)も思い出される。

「置く」という行為が、そこに居たという、存在の痕跡を残すこと行為なのだとあらためて気付かされた。

(安里琉太)


【執筆者プロフィール】
安里琉太(あさと・りゅうた)
1994年沖縄県生まれ。「銀化」「群青」「」同人。句集に『式日』(左右社・2020年)。 同書により、第44回俳人協会新人賞



安里琉太のバックナンバー】
>>〔3〕昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎
>>〔2〕魚卵たべ九月些か悔いありぬ  八田木枯
>>〔1〕松風や俎に置く落霜紅      森澄雄


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 未生以前の石笛までも刎ねる 小野初江
  2. ラヂオさへ黙せり寒の曇り日を 日野草城【季語=寒(冬)】
  3. 父の日の父に甘えに来たらしき 後藤比奈夫【季語=父の日(夏)】
  4. 厚餡割ればシクと音して雲の峰 中村草田男【季語=雲の峰(夏)】
  5. 鳥屋の窓四方に展けし花すゝき     丹治蕪人【季語=花すゝ…
  6. 麦藁を束ねる足をあてにけり   奈良鹿郎【季語=麦藁(夏)】
  7. 春の雁うすうす果てし旅の恋 小林康治【季語=春の雁(春)】
  8. ここは敢て追はざる野菊皓かりき 飯島晴子【季語=野菊(秋)】

おすすめ記事

  1. はしりすぎとまりすぎたる蜥蜴かな    京極杞陽【季語=蜥蜴(夏)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第55回】小川洋
  3. 少女才長け鶯の鳴き真似する  三橋鷹女【季語=鶯(春)】 
  4. 多国籍香水六時六本木 佐川盟子【季語=香水(夏)】
  5. いづくともなき合掌や初御空 中村汀女【季語=初御空(新年)】
  6. 【冬の季語】蓮根
  7. 【連載】新しい短歌をさがして【10】服部崇
  8. 昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎
  9. 【冬の季語】時雨
  10. 【アンケート】東日本大震災から10年目を迎えて

Pickup記事

  1. 【春の季語】菜の花
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第95回】若井新一
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第78回】脇本浩子
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年8月分】
  5. 黒岩さんと呼べば秋気のひとしきり 歌代美遥【季語=秋気(秋)】
  6. 数と俳句(一)/小滝肇
  7. 聴診に一生の秋を聴きにけり 橋本喜夫【季語=秋(秋)】
  8. 【秋の季語】赤い羽根
  9. 白魚の命の透けて水動く 稲畑汀子【季語=白魚(春)】
  10. 片蔭の死角から攻め落としけり 兒玉鈴音【季語=片蔭(夏)】
PAGE TOP