ハイクノミカタ

しろい小さいお面いっぱい一茶のくに 阿部完市


しろい小さいお面いっぱい一茶のくに 

阿部完市


あたりまえのことだけれど、人生経験の豊かさと、詩歌を読んで何かを感じる能力とは、まったく別だ。

たとえこの世界を描写していたとしても、詩歌の中に流れる時間は物理的時間ではない。そして詩歌を読むことで養えるのは、いつでもこの、経験的浮世とは一線を画した観念の血肉である。

そのことを直感する者は、たとえ人生経験の乏しい子供であっても詩から多くのものを受け取る。子供は詩歌に書かれた内容を、自らの経験と照らし合わせて感嘆することはないかもしれないけれど、その代わり詩歌の言葉そのものを、未知なるものとして体験する。この〈言葉そのものの体験〉は、自らの経験と照らし合わせて言葉を腑に落とすことよりも、詩歌と深く向き合う可能性を秘めているだろう。

しろい小さいお面いっぱい一茶のくに    阿部完市

完市の句はいつも変わっているようで、あんがい意味の通らないことは書かれていない。掲句も信濃の風景をリリカルに描いてみたようだ。そして同時に、ここには浮世とは一線を画した観念の時間が流れている。それぞれの言葉はあたかも暗号のように観念と具体とをいったりきたりしながら瞬いているし、またその瞬きが振動となって作品世界に響き渡ってもいる。

いったい、この句を読んで、浮世の経験だけが書かれていると思う人はいるのだろうか? わたしには〈しろい〉〈小さい〉〈いっぱい〉の〈お面〉が、観念と具体との瞬く共鳴を体現する、きれいな鈴のように思われてならないのだけれど。

小津夜景


【執筆者プロフィール】
小津夜景(おづ・やけい)
1973年生まれ。俳人。著書に句集『フラワーズ・カンフー』(ふらんす堂、2016年)、翻訳と随筆『カモメの日の読書 漢詩と暮らす』(東京四季出版、2018年)、近刊に『漢詩の手帖 いつかたこぶねになる日』(素粒社、2020年)。ブログ「小津夜景日記


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 来たことも見たこともなき宇都宮 /筑紫磐井
  2. いちまいの水田になりて暮れのこり 長谷川素逝【季語=水田(夏)】…
  3. 蜩やチパナスのあたり雲走る 井岡咀芳【季語=蜩(秋)】
  4. 遅れ着く小さな駅や天の川 髙田正子【季語=天の川(秋)】
  5. ビル、がく、ずれて、ゆくな、ん、てきれ、いき、れ なかはられいこ…
  6. 本州の最北端の氷旗 飯島晴子【季語=氷旗(夏)】
  7. 水底に届かぬ雪の白さかな 蜂谷一人【季語=雪(冬)】
  8. 雛節句一夜過ぎ早や二

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】探梅行
  2. こういうひとも長渕剛を聴くのかと勉強になるすごい音漏れ 斉藤斎藤
  3. 【冬の季語】小寒
  4. 白梅や天没地没虚空没 永田耕衣【季語=白梅(春)】
  5. 【秋の季語】秋分の日
  6. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第6回】
  7. 実るなと掴む乳房や春嵐 渡邉美愛【季語=春嵐(春)】
  8. 【秋の季語】銀漢
  9. 香水の一滴づつにかくも減る 山口波津女【季語=香水(夏)】
  10. 【冬の季語】冬の川

Pickup記事

  1. 鳥けもの草木を言へり敗戦日 藤谷和子【季語=敗戦日(秋)】
  2. 極寒の寝るほかなくて寝鎮まる 西東三鬼【季語=極寒(冬)】
  3. 季すぎし西瓜を音もなく食へり 能村登四郎【季語=西瓜(秋)】
  4. 古池や芭蕉飛こむ水の音 仙厓【季語=芭蕉(秋)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第23回】松代展枝
  6. 汽車逃げてゆくごとし野分追ふごとし 目迫秩父【季語=野分(秋)】
  7. 【春の季語】屋根替
  8. 「野崎海芋のたべる歳時記」蒸し鶏の胡麻酢和え
  9. ハイシノミカタ【#4】「100年俳句計画」(キム・チャンヒ編集長)
  10. 琴墜ちてくる秋天をくらりくらり 金原まさ子【季語=秋天(秋)】
PAGE TOP