ハイクノミカタ

節分の鬼に金棒てふ菓子も 後藤比奈夫【季語=節分(冬)】


節分の鬼に金棒てふ菓子も

後藤比奈夫


「鬼に金棒」という菓子はほんとうにあるのだろうか。このような疑問が浮かんだとき、現代ではすぐに検索できるので便利。

結論からいえば、「鬼に金棒」「鬼の金棒」という菓子は実際にある。有名かどうかは知らないが、そのものズバリという名前の菓子もあったし、北海道の登別温泉のお土産に「のぼりべつ金棒チョコバー」というものもあった。このパッケージには鬼が金棒を持っているイラストが描かれている。

いくつかある「金棒」菓子に共通しているのは、棒状のチョコレートにナッツや豆が埋め込まれていることだ。昔話の鬼が持っている金棒はたいてい突起で覆われていることになっているので、それを模したということなのだろう。

節分の鬼に金棒てふ菓子も

比奈夫らしい力の抜けたユーモアのある句。節分の豆を買いに行ったところ、近くに「鬼に金棒」が置いてあって、孫が喜ぶだろうと思ってつい手に取ったのだろう。食料品店の戦略にまんまとはまってしまったのだ。

「鬼に金棒」という、まあベタと言っていいネーミングにも脱力するし、節分で退治されるべき鬼が菓子となって喜ばれるというおかしみもある。何より、小さな子どもにとっては、「豆まき」というイベントの楽しみに「鬼に金棒」というチョコレート菓子がついてくるのだからたまらないだろう。それを買っていく祖父の気持ちになってみれば、孫を喜ばせるのにまさに「鬼に金棒」である。

微笑を浮かべながら「鬼に金棒」をレジに持って行く比奈夫の顔が目に浮かぶようだ。

残日残照」(2010年)所収。「後藤比奈夫俳句集成」より引いた。

鈴木牛後


【執筆者プロフィール】
鈴木牛後(すずき・ぎゅうご)
1961年北海道生まれ、北海道在住。「俳句集団【itak】」幹事。「藍生」「雪華」所属。第64回角川俳句賞受賞。句集『根雪と記す』(マルコボ.コム、2012年)『暖色』(マルコボ.コム、2014年)『にれかめる』(角川書店、2019年)


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: kifu-1024x512.png
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 破門状書いて破れば時雨かな 詠み人知らず【季語=時雨(冬)】
  2. いつせいに振り向かれたり曼珠沙華 柏柳明子【季語=曼珠沙華(秋)…
  3. 夜の子の明日の水着を着てあるく 森賀まり【季語=水着(夏)】
  4. 中年の恋のだんだら日覆かな 星野石雀【季語=日覆(夏)】
  5. 牡丹ていっくに蕪村ずること二三片 加藤郁乎  
  6. 恋の刻急げ アリスの兎もぐもぐもぐ 中村憲子【季語=兎(冬)】
  7. 妹は滝の扉を恣 小山玄紀【季語=滝(夏)】
  8. 櫻の樹だつたのか土龍散步する 片上長閑

おすすめ記事

  1. 再縁といへど目出度し桜鯛 麻葉【季語=桜鯛(春)】
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年12月分】
  3. 結婚は夢の続きやひな祭り 夏目雅子【季語=雛祭(春)】
  4. あぢさゐはすべて残像ではないか 山口優夢【季語=紫陽花(夏)】
  5. 舌荒れてをり猟銃に油差す 小澤實【季語=猟銃(冬)】
  6. 虹の空たちまち雪となりにけり 山本駄々子【季語=雪(冬)】
  7. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2024年2月分】
  8. 【秋の季語】蓑虫/鬼の子 蓑虫鳴く
  9. 冬枯や熊祭る子の蝦夷錦 正岡子規【季語=冬枯・熊(冬)】
  10. 【春の季語】旧正

Pickup記事

  1. ラーメン舌に熱し僕がこんなところに 林田紀音夫
  2. 待ち人の来ず赤い羽根吹かれをり 涼野海音【季語=赤い羽根(秋)】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月22日配信分】
  4. 非常口に緑の男いつも逃げ 田川飛旅子【季語=緑(夏)?】
  5. とつぷりと後ろ暮れゐし焚火かな 松本たかし【季語=焚火(冬)】
  6. 【新年の季語】初詣
  7. 汗の女体に岩手山塊殺到す 加藤楸邨【季語=汗(夏)】
  8. 受賞者の一人マスクを外さざる 鶴岡加苗【季語=マスク(冬)】
  9. 什器全て鈍器に見えて冬籠 今井聖【季語=冬籠(冬)】
  10. 【冬の季語】十二月
PAGE TOP