コンゲツノハイク【各誌の推薦句】

【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年12月分】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

セクト・ポクリットでは2021年1月より、「コンゲツノハイク」をはじめました。前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新号から「(最大)7句」を推薦いただき、掲出するコーナーです。今月は、33結社にご参加いただきました!ご参加、ありがとうございます。

このページの句から一句選んで鑑賞する読者参加型コーナー「コンゲツノハイクを読む」、12月20日締切です。どなたでもご参加いただけますので、詳しくはこちらをご覧ください。

来月分のコンゲツノハイク(12月31日締切)については、こちらのフォームからご投稿ください


コンゲツノハイク 2021年12月
(2021年11月刊行分)

今月の参加結社(33)=「秋」「秋草」「いには」「稲」「炎環」「円虹」「火神」「火星」「銀化」「銀漢」「雲の峰」「櫟」「香雨」「澤」「磁石」「秋麗」「鷹」「たかんな」「滝」「橘」「田」「天穹」「南風」「濃美」「ひろそ火」「ふよう」「ホトトギス」「松の花」「百鳥」「森の座」「街」「雪華」「楽園」


「秋」(主宰=佐怒賀正美)【1961年創刊・東京都練馬区】
<2021年11月号(通巻599号)>
塩の道行く手ゆくてにある緑陰  原田要三 
蔀戸を挙げてようそろ雲の峯   渡部 洋
首傾ぐるレゴンの美姫や夏の月  齊藤眞理子
記念日でなく真ん中の苺かな    本多美穂
蓮田に水分け水車奄奄と     長沼ひろ志
姉の身に棲みつくフェイク百物語 渡部奈津子
遠き帆に夕日崩れて合歓の花   阿部まりあ


「秋草」(主宰=山口昭男)【2010年創刊・兵庫県神戸市】
<2021年12月号(通巻144号)>
しののめをうつらうつらともみぢかな 山口昭男
理科室に地球のにほひ秋日射     小濱准子
絵のなかの女はしづか秋の水     田邊大学
二科展やつぶして食ぶる目玉焼   村上瑠璃甫
香港の映画の緋色秋深し       水上ゆめ
さるすべり花さらさらと転がりぬ  橋本小たか
軸まつすぐに大芭蕉ゆらぎをり   対中いずみ


「いには」(主宰=村上喜代子)【2005年創刊・千葉県八千代市】
<2021年12月号>
新藁を束ぬる膝の力かな    喜代子
堰落ちし水平らかに白露かな   滋子
秋渇き寝入りは水の浸むやうに  敦子
いざ錬士六段参るあぶら虫    克彦
寂しさも虫の闇にも馴れて来ぬ 寿美子


「稲」(主宰=山田真砂年まさとし【2021年1月創刊】
<2021年11月号(通巻7号)>
空つぽの交番あさがほ育ちをり   司 まや
夏風邪のずるずる原因不明なる   滝代文平
せせらぎに磨かれてゆく月の顔   伊藤 翠
汗の服皮膚剝ぐやうに脱ぎ捨つる  槍田良枝
田に畑に手を振る人よ盆祭    中村かりん
万緑や風土記の里にカレーパン   中村晃也
登校の身仕度慣れし半夏生     丸山時子


「炎環」(主宰=石寒太)【1989年創刊・埼玉県志木市】
<2021年11月号(通巻497号)>
楸邨の好みしサルトリイバラの実   石寒太
新涼や筆の掠れの撥ね上がり    奥本えつ
満月やおむつにひとつづつ名前    前田拓
初秋や夜更けのコインランドリー   渡邉隆
右手に犬左手に妻赤とんぼ     小林根菜
仏歯寺の赫き本堂九月堂      村内徒歩
人生ハ子ガヰテコソヨ鵙鳴けり このはる紗耶


「円虹」(主宰=山田佳乃)【1995年創刊・兵庫県神戸市】
<令和三年十一月一日(第323号)>
ひきしまる朝顔の紺海の紺   木村恭子
秋涼し星空行きのエレベーター 古田小春
蜩や神橋渡り奥宮へ      毛利律子
息遣ひだけで答へる相撲取   生嶋わこ
手花火といふ団欒の続きかな  久本照代
刈りどきの稲穂溺るる豪雨かな 前田登美子
影の絵のまた小さくなる走馬灯 山本依子


「火神」(主宰=今村潤子)【1990年創刊・熊本県熊本市】
<通巻73号>
河童忌やゼンマイ時計の狂ひがち  今村潤子
ポンポンダリア空の一角より晴れて 永田満徳
のんのんと無花果太る夕べかな   田島三間
撫で肩を面影にして沙羅の花    牛村蘇山
手袋で悔し涙を拭いてやる    川本美佐子
師の句集書棚に並べ復活祭      寺澤始
挨拶の言葉途切るる秋湿り      洪郁


「火星」(主宰=山尾玉藻)【1936年創刊・大阪府大阪市】
<2021年11月号(通巻982号)>
てのひらの柿には正直になれる   山尾玉藻
枝豆や男の皺のそれはそれ     小野勝弘
早稲の香にやごのもぬけの縋りゐし 西村節子
蟬殻を花のごとくに抱く黐     尾崎晶子
草刈りしあとの瀬の音新学期    小林成子
山ごばう洗ふ八月十五日     山田美恵子
ぶつぶつと抽斗さぐる生身魂   坂口夫佐子


「銀化」(主宰=中原道夫)【1998年創刊・東京都港区】
<2021年12月号(通巻279号)>
あをぞらであらうがなからうが案山子 田口武
稲妻の股ぐら遠野物語      阿南さくら
丸描けば即ち月になる応挙     大月夜吟
桃の実の捥がれてきつと懈怠の木   島君鳥
暗鬼乗せ二百十日の雲騒ぐ      平岡龍
余生かな壜の野菊の水が減る    渡辺悦古
はねはらひ伸びやかに大文字草   金子富也



銀漢(ぎんかん)」(主宰=伊藤伊那男(いなお)【2011年創刊・東京都千代田区】
<2021年12月号(通巻132号)>
地虫鳴くまだ死火山となりきれず 伊藤伊那男
指折れど十そこそこの千草の名    山下美佐
お互ひに手のひらの上敬老日      島織布
阿修羅像秋思のほかの貌知らず    池田桐人
義仲寺や芭蕉の風の門潜り     清水佳壽美
城跡の下に城跡地虫鳴く       山口一滴
蛤の声をなくした雀かな       田中敬子


「雲の峰」(主宰=朝妻力)【1989年創刊・2001年結社化・大阪府茨木市】
<2021年11月号(通巻365号)>
幼子のうたも拍手も菊日和    中川晴美
身に入むや禁足紐の緋色褪せ   藤田壽穂
不要不急なれど南蛮煙管見に   冨安トシ子
十六夜やバスに乗るまでよく喋り  宇利和代
豊作へ穂水しづかに張られけり  瀧下しげり
はらからと亡き子を語る秋彼岸  平井 紀夫
夕刊を取りあぶれ蚊を連れ帰る  小林伊久子


「櫟」(主宰=江崎紀和子)【1993年創刊・愛媛県東温市】
<2021年11月号(通巻338号)>
攫はれし人の戻らずいなびかり  江崎紀和子
這ひ這ひの指花茣蓙の花抓む     西村淑
捩花の知恵を絞つてゐるところ  石丸千恵子
それぞれの胡瓜の曲がる理由かな   仙波哲
掬はれてはや古びたる秋の水    近藤幽慶
片陰に板塀の息感じをり       亀山敦
炎昼や指透くまでに手を洗ひ   本村美香子


「香雨」(主宰=片山由美子)【2019年創刊・東京都世田谷区】
<2021年12月号(通巻36号)>
一羽きて一羽のままの寒鴉     岬雪夫
実石榴やこの世の少しうとましく 小松章子
空蟬の影ひつそりとありにけり  景山典子
荒馬のごとく夕立過ぎにけり   峰尾秀之
梅雨深し筆換へて書く見舞状   池谷市江
青空へ切り込んでゆくヨットかな 岡田憲幸
噴水に夜が来て人の入れ替る   市川晴茂


「澤」(主宰=小澤實)【2000年創刊・東京都杉並区】
<2021年11月号(通巻260号)>
クリアファイルより蛇の衣出しくるる  小澤實
稲妻の縦横無尽王ヶ頭       水谷り得子
つづれさせ夫抱きしめて逝かしめし 服部つぐみ
焼酎を湯に割るWebカメラ死角    町田無鹿
美ヶ原水平に星流れけり       鈴木尚子
蛤の雀に戻りたくて泣く         朱雨
レコードのうねうね廻る夜長かな   水谷文蝶


「磁石」(主宰=依田善朗よだぜんろう【2021年1月創刊・埼玉県蓮田市】
<2021年11月号(通巻6号)>
蟻地獄つんと鳴りたる尾骶骨     依田善朗
虫の名にもモドキ・ダマシや夏盛ん  角谷昌子
折つて折つて絞る軟膏みんみん蟬   篠崎央子
トマト切る淡き曼荼羅重ねつつ   寺澤佐和子
鳩何かしきりに探す原爆忌      坂田晃一
鍋ごとに違ふ匂ひの芋煮会     景山田歌思
パンツ干す紙魚増やしゆく書斎かな  飯田冬眞


「秋麗」(主宰=藤田直子)【2009年創刊・神奈川県川崎市】
<2021年11月号(通巻134号)>
色鳥やピアノ開けば紅き布   藤田直子
木曽川の闇こそ浄土魂送り   上野弘美
従心のあとは成行き吾亦紅   末岡桂一
生きてゐることを忘れて秋の蝶 河原塚勝良
生業の名残の桑や秋澄めり   川俣このみ
吊橋を渡る恋して薄紅葉    小泉道子
秋霖や仏殿ずんと濡れそぼつ  酒井胡蝶


「鷹俳句会」(主宰=小川軽舟)【1961年創刊・東京都千代田区】
<2021年12月号>
鶺鴒の斥候波止を行き戻り    小川軽舟
石庭の白砂流るる月夜かな    林田美音
巨き鳥かむさるやうに花野暮る 大井さち子 
乗継のバスターミナル林檎買ふ  半田貴子
追焚きの藁ひと摑み今年米    甲斐正大
八月や昔も今も鶴折らず    加藤よい子
叩かれて売れ残りたる西瓜かな  石山善也 


「たかんな」(主宰=吉田千嘉子)【1993年創刊・青森県八戸市】
<2021年11月号(通巻347号)>
鳥兜毀れるやうに散りにけり  吉田千嘉子
弓しぼる肘の鋭角涼新た    藤田千恵子
梨食べて今日はじめての声発す  河角京子
西瓜食ぶ噂話に飛ばす種     野村英利
冷し酒壁の魚拓を肴とし     黒田長子
アロハ着てしみじみ失せし力瘤  西川無行
提灯の家紋をひらき盆用意    小川三胡



「滝」(主宰=成田一子)【1992年創刊・宮城県仙台市】
<2021年11月号(通巻358号)>
完敗の日の完璧なマスカット   成田一子
竹の春金星へ行く古道かな   石母田星人
茨線をくぐり紫苑の風の中   渡辺登美子
をさなき二十歳もてなしの冬瓜汁  梅島希
茹で玉子水に冷ませり原爆忌   及川源作
若冲忌仏器に余りゐる朱欒    加藤信子
敬老の日やコンビニに犬待たせ 服部きみ子


たちばな」(主宰=佐怒賀直美)【1978年創刊・埼玉県久喜市】
<2021年11月号(通巻527号)>
父のあるやうに十薬干されたる  山口風樹
五右衛門の風呂の滾りや夏の果  若林 好
村人の清むる水車青田風     若林朝子
水餃子の青の透けゐて夏惜しむ  田中久美子
正直な父の提げたる山ぶだう   干野風来子
バッタ翔ぶ油の切れた音立てて  安藤達雄
古書店の値札褪せたり晩夏光   髙嶋 静


(でん)」(主宰=水田光雄)【2003年創刊・千葉県市川市】
<2021年12月号 通巻225号>
疫病の街を遙かに鷹柱     清水余人
重さうに水を飲みをり原爆忌  仲 栄司
色ちがふ葡萄の雫こぼしあふ  草子洗
ヒッピーの集まつてくる猿酒  上野犀行
静けさやさういふことだ八月は フォーサー涼夏
今日のこと報告しあふ蜻蛉かな 後藤梨月子
秋の夜はオートリバース物思ひ おのめぐみ


天穹(てんきゅう)」(主宰=屋内修一)【1998年創刊・東京都渋谷区】
<2021年12月号(通巻286号)>
一枚の空一枚の秋の海      前田勝洋
蓑虫もじしゆくと鳴くよ疫病の世 前橋竹之
曼珠沙華風絡ませて風を編む   青木遵子
鶏鳴の告ぐる運動会日和    久保田雅久
ピストルも位置についたり運動会 島田道世
蝋燭で産まれて喜寿や敗戦忌   松村義隆
駅名のエスペラント語銀河澄む  巾村和敏


南風(なんぷう)」(主宰=村上鞆彦(ともひこ)【1933年創刊・東京都葛飾区】
<2021年12月号(通巻937号)>
横様に不動の火焔秋桜 星野早苗
子規庵の庭に風立つ九月かな   上田和子
妻何か色鳥にこゑかけてをり   佐藤 海
新涼や雲の図鑑を見て眠る   岡原美智子
巣へもどる一群二群遅れて月   山中宏子
箸さしてみる火加減や豊の秋   御戸貴史
めいめいの皿にうつすら梨のみづ 大熊光汰



「濃美」(主宰=渡辺純枝)【2009年創刊・岐阜県岐阜市】
<2021年12月号(通巻153号)>
仮の世の仮の家族か竹の春    渡辺純枝
退屈な午后となりたる青瓢   樋口乃夫子
腕白を丸ごと洗ふ残暑かな    條川祐男
さつきまで畑にありたる西瓜かな 後藤昌枝
海も山もはるか遠くや八月尽 大河内ます子
儘ならぬ暮しの続く白露かな   井藤正一
やや深くせり新涼のハンチング   辻 斉


「ひろそ火」(主宰=木暮陶句郎)【2011年創刊・群馬県渋川市】
<2021年11月号(通巻130号)>
小鳥くる桑都の風に透けながら  木暮陶句郎
園丁の鎌へ背中へ秋の雨     須藤恵美子
朝涼やまづは仏間の水替へて   佐藤志乃
太陽のこぼれ落ちたる施餓鬼かな 松本由美子
片恋のむかしを重ね星祭る    松本余一
夜も青き北国の空星祭      伊藤玉枝
湧き水の揺らぎの中の新豆腐   関口和枝


「ふよう」(主宰=千々和恵美子)【2005年創刊・福岡県遠賀郡】
<2021年11月号(通巻81号)>
噴火して一足早き牧がへり   千々和恵美子
トロ箱に河豚のもみ合ふ袋糶  池内祥晴
修復の城の開城秋高し     渡辺味蕾
ゆく先はちちの膝もと大花野  吉田くす子
玄関に立つ鹿角をゆつくり振る 手島早苗
六法を鞄に詰むる文化の日   中坪光江
秋空や駝鳥は首を前うしろ   星浦富士子


「ホトトギス」(主宰=稲畑廣太郎)【1897年創刊・東京都千代田区】
<2021年12月号(通巻1500号)>
時鳥次の一声待つ静寂       稲畑廣太郎
終日青き水音してキャンプ      山田佳乃
泳ぎから戻りてパンにハム挟む    阪西敦子
ヨットゆく海のファスナーひらきつつ 進藤剛至
夕立の五粒目からの勢ひかな    鳴戸まり子
風鈴の店先の風一つ買ふ       山岸清佳
風鈴の黙せば風を待つ心       酒井湧水


「松の花」(主宰=松尾隆信たかのぶ【1998年創刊・神奈川県平塚市】
<2021年11月号(通巻287号)>
鬼灯や金婚式の夜となりぬ     松尾隆信
はつ秋や川面に影のやうな風   あべみゑこ
白秋をぽとぽとこぼれ化粧水    森よしこ
うす紙のやうに蝶くる秋はじめ     O生
手を伸ばす銀河はさらに遠くへと  櫻井波穂
文月来机辺にフェルメールの光    興梠隆
古稀までも働く令和終戦日     籾井裕史


百鳥(ももとり)」(主宰=大串章)【1994年創刊・千葉県鎌ケ谷市】
<2021年11月号(通巻332号)>
稲の花ふるさとの道ゆく如し     大串章
爽やかや顔を上ぐればそこに富士  甲斐遊糸
秋雲や記憶の人に問い続け     上野澄江
禁演の落語も解かれ終戦日    三遊亭圓馬
はんなりと船場言葉や祭鱧     広瀬公子
稲の花遺跡に隣る小学校      水野幸子
原生林つらぬく早瀬水澄めり    原田香伯


「森の座」(代表=横澤放川)【2017年創刊・東京都文京区】
<2021年11月号>
盆来るや自在の竹も飴色に    横澤放川
存へるいのちに感謝虫を聴く    河野靖
早稲の穂の揃ひ津軽は真つ平ら  石田経治
風に乗り忽と消えたし金亀子   太田信子
空はまだ青さ残して庭花火    柳澤和宏
地に石に水に灯して地藏盆    平井靜代
這ひ這ひのやがて眠れる夏座敷  木村郁代


「街」(主宰=今井聖)【1996年創刊・神奈川県横浜市】
<No.152>
片陰へ過積載車を誘導す       今井聖
ハスキーと同じ顔して夕端居   西澤みず季
デイサービスのバスより睨む母残暑 有村悠子
スリッパの中に亀ゐる良夜かな   井上郁代
息ひとつ通る夜長の鍵穴を    西生ゆかり
骨鳴りぬ神輿踏ん張る崖の上    寺沢かの
秋刀魚焼く煙は管理区域へと    蜂谷一人


雪華(ゆきはな)」(主宰=橋本喜夫(よしお)【1978年創刊・北海道旭川市】
<2021年12月号>
とんばうや蝦夷にあをぞらあり余る 鈴木総史
秋深しおしめにシッポ用の穴  福井たんぽぽ
光らない小鳥ばかりを捕まへる   土井探花
流星や神の葬送めくひかり     三品吏紀
はららごの正装海苔の帯しめて    林冬美
どんぐいの花や酸素がうすくなる   村一草
ワクチンの消毒瓶に秋の蠅    髙橋亜紀彦


「楽園」(主宰=堀田季何)【2021年創刊】
<第1巻第4号(通巻4号)>
春がうつくしくて象を産み鋏を産む       さ青
AIの俳句を盗む子規忌かな        石川夏山
麺麭一口齧り失踪した蛇を探すな        十一
三邪飛は未だ秋天に滞る          樋口柿彦
ロボットの答えは不能鰯干す マキ・スターフィールド
女兵みな貌(かほ)伏せて石榴となる    小山桜子
ルーベンスの女等集ふ花野かな        今日子



【次回の投稿のご案内】

◆応募締切=2021年12月31日
*対象は原則として2021年12月中に発刊された俳句結社誌・同人誌です。刊行日が締切直後の場合は、ご相談ください

◆配信予定=2022年1月5日

◆投稿先
以下のフォームからご投稿ください。
https://ws.formzu.net/dist/S21988499/


【「コンゲツノハイク」のバックナンバー】
>>2021年11月の「コンゲツノハイク」(2021年月刊行分)【36結社参加】
  →→→ 2021年11月の「コンゲツノハイク」を読む
>>2021年10月の「コンゲツノハイク」(2021年9月刊行分)【34結社参加】
  →→→ 2021年10月の「コンゲツノハイク」を読む
>>2021年9月の「コンゲツノハイク」(2021年8月刊行分)【34結社参加】
  →→→ 2021年9月の「コンゲツノハイク」を読む
>>2021年8月の「コンゲツノハイク」(2021年7月刊行分)【28結社参加】
  →→→ 2021年8月の「コンゲツノハイク」を読む
>>2021年7月の「コンゲツノハイク」(2021年6月刊行分)【32結社参加】
  →→→ 2021年7月の「コンゲツノハイク」を読む
>>2021年6月の「コンゲツノハイク」(2021年5月刊行分)【33結社参加】
>>2021年5月の「コンゲツノハイク」(2021年4月刊行分)【34結社参加】
>>2021年4月の「コンゲツノハイク」(2021年3月刊行分)【27結社参加】
>>2021年3月の「コンゲツノハイク」(2021年2月刊行分)【29結社参加】
>>2021年2月の「コンゲツノハイク」(2021年1月刊行分)【21結社参加】
>>2021年1月の「コンゲツノハイク」(2020年12月刊行分)【14結社参加】



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月6日配信分】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第59回】鈴木節子
  3. 【第7回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:篠崎央子さん・飯田冬眞さん…
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第23回】木曾と宇佐美魚目
  5. 【連載】歳時記のトリセツ(7)/大石雄鬼さん
  6. 【速報&アーカイブ】きょうのできごと2021
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第79回】佐怒賀直美
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第125回】峯尾文世

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP