【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年8月分】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

セクト・ポクリットでは2021年1月より、「コンゲツノハイク」をはじめました。前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新号から「(最大)7句」を推薦いただき、掲出するコーナーです。今月は、28結社にご参加いただきました!ご参加、ありがとうございます。

このページの句から一句選んで鑑賞する読者参加型コーナー「コンゲツノハイクを読む」は、8月20日締切です。どなたでもご参加いただけますので、詳しくはこちらをご覧ください。

来月分のコンゲツノハイク(8月31日締切)については、こちらのフォームからご投稿ください


コンゲツノハイク 2021年8月
(2021年7月刊行分)

今月の参加結社(28)=「秋」「秋草」「いには」「炎環」「円虹」「火星」「かつらぎ」「銀化」「銀漢」「雲の峰」「櫟」「澤」「磁石」「秋麗」「鷹」「たかんな」「滝」「田」「天穹」「童子」「ふよう」「南風」「濃美」「松の花」「百鳥」「街」「雪華」「楽園」


「秋」(主宰=佐怒賀正美)【1961年創刊・東京都練馬区】
<2021年7・8月号(通巻596号)>
春風駘蕩音楽堂が膨れてく     青柳 飛
愛(は)しきやし草におぼるる雀の子 阿部まりあ
樹木医と巨木巡りや水温む     原田要三
ヒヤシンス青図の中の宇宙船    藤色葉菜
髪留めはサカナのかたち春の雨  百田登起枝
春光に入りて旋回ブーメラン    安海康代
猪口才な騙し絵のごと蝌蚪群るる 浅井田佳子


「秋草」(主宰=山口昭男)【2010年創刊・兵庫県神戸市】
<2021年8月号(通巻140号)>
堰落つる白き水音半夏生      山口昭男
木耳を喰はぬ男の喉仏      村上瑠璃甫
いつの間に蕗より大き子どもかな  山本祐也
チューリップあつけらかんと笑ひ出す 小山尚子
一本の長き畦道端午来る     松井ゆう子
粽解き死のあとさきを言ひあへり  松本不覚
何も言はずに山蛭を剥しけり    塩崎帆高


「いには」(主宰=村上喜代子)【2005年創刊・千葉県八千代市】
<2021年8月号(通巻155号)>
退くといふ美学ありけり梅青し   村上喜代子
パジャマ抜け殻竜天に登りたる   田中麻衣
風光る二足歩行の覚束無      山﨑照三
ゆりの木の花のいざなふ迎賓館   木嶋純子
夕景に十薬の花紛れざる      後藤善雄


「炎環」(主宰=石寒太)【1989年創刊・埼玉県志木市】
<2021年7月号(通巻493号)>
荒梅雨の底ただよひしあるき神  石寒太
地下街のあをき舟底風信子    Мコスモ
敗けし朝草笛をただ吹き合へり 星野いのり
夏みかん心の左側にきみ     吉田悦花
花は葉に海賊版の地に売られ  齋藤朝比古
跫音のような心音おぼろ月    田島健一
のどけしや宇野宗佑に似たる鯉  岸ゆうこ


「円虹」(主宰=山田佳乃)【1995年創刊・兵庫県神戸市】
<2021年7月号(通巻319号)>
その奥の不意の明るさ山葵沢   辻 桂湖
春愁や独り籠れば声かすれ   髙柳しずか
かたくりや佛師の里の風に咲き  梅垣恭子
翻るものみな綺麗風五月     前田容宏
鮊子の入荷知らせるアナウンス  近藤庸美
空にあと大きく書きて一年生   山下香澄
付いてくるまだ付いてくる熊ん蜂 横道洋子


「火星」(主宰=山尾玉藻)【1936年創刊・大阪府大阪市】
<2021年7月号(通巻978号)>
中空といふふたしかを蚊喰鳥    山尾玉藻
牡丹の切り落とされし余白かな    湯谷良
姿見を運び入れけり春障子    蘭定かず子
チューリップ己が重さに気づき初む 藤田素子
水音のこの星に籾蒔いてあり    松山直美
夕桜魞挿し来たる舟へ降る    山田美惠子
あめんばう水のほころび縫ふやうに 大東由美子


「かつらぎ」(主宰=森田純一郎)【1929年創刊・兵庫県宝塚市】
<2021年7月号(通関1099号)>
少年の心は今も落花浴ぶ     森田純一郎
おもかげは峠先生朴の花      平田冬か
加太に今刈りし若布の長きこと   村手圭子
別火守る障子にうごく僧の影    池田雪彦
妻の待つ入江へ急ぐ蜆舟     小玉えつ女
無器量をわざわざ選りて柚子を画く 中島 葵
エアポケット入るやに雲雀落ち来る 中野勝彦


「銀化」(主宰=中原道夫)【1998年創刊・東京都港区】
<2021年8月号(通巻275号)>
煮る前の繭のかろさをたなごころ 佐藤郁良
男傘借りて帰りぬ桜桃忌     柴田奈美
物の怪の気配に鳴れり軒風鈴   鉄山幸子
白靴を捨ててましぐら老ーい・どん 寺尾亜真李
嬲るとふかたちになりて神輿揉む 坂本晶子
夜光虫の安寧な夜に投石す    金子富也
サイレンが近くで止まる胡瓜揉み  西野徹



銀漢(ぎんかん)」(主宰=伊藤伊那男(いなお)【2011年創刊・東京都千代田区】
<2021年6月号(通巻126号)>
袋掛して桃の実に富士見せず  伊藤伊那男
川の字のほどけきつたる大朝寝  中島凌雲
柏餅買ふや仏も人数に      長谷川明子
老鶯やこだまの返る石切場    岡城ひとみ
供花として贈るほかなし母の日よ  堀江美州
春の果て姨捨山に置かれたやう  新谷房子
遠足のうぐひす廊下鳴きどほし  瀬戸紀恵


「雲の峰」(主宰=朝妻力)【1989年創刊・2001年結社化・大阪府茨木市】
<2021年7月号(通巻361号)>
梅雨寒しドアを相手の向う傷    朝妻力
走り茶や風樹の嘆といふをふと 酒井多加子
御所はいま車返しの花は葉に   中川晴美
葉桜や橋に名のこす渡し跡     西田洋
松落葉門さし時の風通ふ     吉村征子
安政の今津灯台南吹く     うすい明笛
柚の花の香り乗せくる朝戸風  大庭みつゑ


「櫟」(主宰=江崎紀和子)【1993年創刊・愛媛県東温市】
<2021年7月号(通巻334号)>
春愁や働く影を壁に留め    櫛部天思
料亭に活かされてゐる栄螺かな 村上愛子
来し方は問はず語らず花筵  久門ヨシエ
木目より剥がれて蝶の逞しく   末次朗
いくたびも振りかへりつつ入園す 太田美恵子
花の雨五百羅漢の話し声     中村晋
立ち話たけのこひとつ抱きしまま 向井公子


「澤」(主宰=小澤實)【2000年創刊・東京都杉並区】
<2021年7月号(通巻256号)>
コップに焼酎かならずや明日は来る 小澤 實
見送りの赤子たて抱き朝桜     たが啓子
ボトルキャップぷしゆつとひねり五月来る 内堀いっぽ
小鳥の巣しばし揺れたり親発てば 森下秋露
やや冷やし九号酵母生酒ぞ    伊藤善資
車椅子ランナー腕太しよ苜蓿   近藤信男
菜種梅雨検査容器に唾の泡    山下希記


「磁石」(主宰=依田善朗よだぜんろう【2021年1月創刊・埼玉県蓮田市】
<2021年7月号(通巻4号)>
ぬるき湯に母を洗へる弥生かな 依田善朗
磔像に血管の泛くさくらかな  角谷昌子
花過ぎのひんやり垂るる犬の耳 篠崎央子
花冷や救急箱に蝶つがひ    黒澤麻生子
百頭の羊を刈れば春動く    吉住達也
針吞みし魚のただよふ花曇   坂田晃一
記憶より小さき公園陽炎へる  飯田冬眞


「秋麗」(主宰=藤田直子)【2009年創刊・神奈川県川崎市】
<2021年7月号(通巻130号)>
色白の夫でありしよ朴の花    藤田直子
散るためにかくも茂るか桐青葉  井上青軸
厨子なり青梅黄梅匂ふ夜は  大和田いそ子
知覧の新茶帰投ならざる空のあり 朝田悦子
田植果て言祝ぐやうにけもの過ぐ 原真砂子
青嵐ニケは衣を翻し       高原沙羅
山寺に庵主の恋か花ざくろ    松永明美


「鷹俳句会」(主宰=小川軽舟)【1961年創刊・東京都千代田区】
<2021年8月号>
梅雨前線雷鈴生りに北上す    小川軽舟
ががんぼや親なくて切る夜の爪 黒澤あき緒 
梅雨寒し舞鶴港も饂飩屋も    志田千惠
古紙として縛る書物や夏に入る  景山而遊  
転職か我慢か棒立ちのシャワー  柏倉健介 
時間売る生業暗し百合ひらく   藤山直樹
朝富士や鷭の浮巣に一番子   中山智津子


「たかんな」(主宰=吉田千嘉子)【1993年創刊・青森県八戸市】
<2021年7月号(通巻343号)>
あかときの百間河川魞を挿す   難波政子
大甕の水のかげりや蝌蚪群るる  岩津必枝 
駅の灯の消えて春月残りけり  下河原 勝
国宝の天守を望み蜆汁      鈴木興治
話すたび変はる馴初め万愚節   野村英利
目鼻立ち春秋に富み入社式    鎌田義正
誕生の仔馬を囲む南部弁    滝沢鷹太郎



「滝」(主宰=成田一子)【1992年創刊・宮城県仙台市】
<2021年7月号(通巻354号)>
冷房の全身エステ湯灌めく     成田一子
螻蛄の夜の父のうはごと銃どこだ 石母田星人
あるだけの明るさの中麦を刈る  阿部風々子
半仙戯夜に乗つたら哀しけれ    芳賀翅子
見ず知らずの我をおそふかしやぼん玉 小林邦子
切凧やのそりひろごるトリチウム  冨成壽一
うつかりと相槌茅花流しかな    鈴木幸子


(でん)」(主宰=水田光雄)【2003年創刊・千葉県市川市】
<2021年8月号 通巻221号>
寄書きの文字に羽生え卒業す   細川朱雀
鯉の押す水ぬめぬめと梅雨入かな 西川知世
白き杖雀隠れに触れゆける    間 恵子
海胆割れて秘色の水をこぼしけり 佐藤千恵子
春の蠅とまる土星の輪のあたり  草子洗
つつかれて今日の始まる薄氷   村上清美
便箋に砂漠の匂ひ五月来る  フォーサー涼夏


天穹(てんきゅう)」(主宰=屋内修一)【1998年創刊・東京都渋谷区】
<2021年8月号(通巻282号)>
金管楽器に囲まれてゐる新樹かな 野間しげる
一尺を五歩の練り足祭足袋    籠田幸鳴
終ひ風呂てふも独りよ青葉木菟  加納千女
何もかもケチャップの味子供の日 田中国太郎
夏蝶や岩に張り付くクライマー  藤原基子
湯船の栓抜けば春愁吸ひ込まれ  尾中 恵
装束のごとくマスクし疫の夏   巾村和敏


「童子」(主宰=辻桃子)【1987年創刊・東京都国立市】
<2021年7月号(通巻407号)>
卯月野や額するどく沈壽官(ちんじゅかん)    辻 桃子
「寄つてけし」とてお彼岸の茶店婆 安部元気
祖母が家の香りしたるや花の袖   如月真菜
レガッタが(株)大久保の前過ぎぬ 佐藤明彦
明易を八の字寄せし寝顔にて    石井みや
雄の水鶏(くひな)か巣を離れすぐ戻る 浜崎素粒子
蟻せはし蝶の翅曳きみみず曳き  はらてふ古


南風(なんぷう)」(主宰=村上鞆彦(ともひこ)【1933年創刊・東京都葛飾区】
<2021年8月号(通巻933号)>
そら豆をむく楽しさよ全部むく   上田和子
肉食はねば身体の冷ゆるアマリリス 原隆三郎
梅雨の蝶草のうねりへ沈み落ち   岡辺明代
ぽこぽこと摘果のバケツ薄暑光   桑原規之
それではと筍飯に箸を割る     赤城嘉宣
揺れ止まぬ薔薇の香を抱く家路かな 田上美喜子
金管の束なす音色新樹光      日野久子



「濃美」(主宰=渡辺純枝)【2009年創刊・岐阜県岐阜市】
<2021年8月号(通巻149号)>
夏旺んどれもゆかしき野菜花   渡辺純枝
いつせいにバス降りてくる更衣  山田豊志
渡し場に一の鳥居や燕来る    橋本和子
灯をともす燐寸の匂ひ昭和の日  恒川敬代
ささやかな寄附を納めて春日傘  浅野幸子
縄電車あげ羽に出会ひ急停車  伊神さと子
みどり児の耳の色してさくら貝  近藤はる


「ふよう」(主宰=千々和恵美子)【2005年創刊・福岡県遠賀郡】
<2021年7月号(通巻77号)>
恋螢もつるる迦陵頻伽かな  千々和恵美子
草笛や水平線の白光す     安倍真理子
頰杖をつく癖梅雨のはじまれり  貴田将子
終バスの客の下り来る螢橋   藤井さわこ
涼風や良き隔たりの丸太椅子   森 和子
父の日の太き万年筆洗ふ    垣内かをる
黒揚羽いま木漏れ日の乱反射   明石和夫


「松の花」(主宰=松尾隆信たかのぶ【1998年創刊・神奈川県平塚市】
<2021年7月号(通巻283号)>
山頂の榎と春を惜しみけり    松尾隆信
花を待つ人亡し花の人を待つ     O生
月おぼろ路地へゆつくり喪の車 伊藤真理子
ひゆつと風白藤の香のたちにけり 吉武由紀子
しきりなることの静けさ花吹雪  森脇由美子
また一人逃水追うて帰らざる   しかい良通
子どもらの上の桜を雲と思ふ   松尾清隆


百鳥(ももとり)」(主宰=大串章)【1994年創刊・千葉県鎌ケ谷市】
<2021年7月号(通巻328号)>
青田道一人辿れば旅人めく     大串章
たんぽぽや地平に屋根のぎつしりと 森賀まり
勝鶏の火焔の鶏冠収まらず    平野きらら
啄木忌われ生涯に職一つ     柿澤喜三郎
門出せし孫の机や春の塵      下村一馬
花ミモザ希臘の島を巡る旅     原ヤス子
我もまた花の下にて春死なむ   芹澤真紀子


「街」(主宰=今井聖)【1996年創刊・神奈川県横浜市】
<No. 150>
捕虫網須走口に集結す       今井聖
朧夜の押せば涙の出る体   小久保佳世子
広辞苑ほどの仏壇花辛夷     柴田千晶
どの管か何の管だか春の夢    松野苑子
賀茂祭川に掬ひしもの返す    黒岩徳将
青空に飽きたる泰山木の花   西澤みず季
中指にある遠足の時の傷     藤井祐喜


雪華(ゆきはな)」(主宰=橋本喜夫(よしお)【1978年創刊・北海道旭川市】
<2021年8月号>
銀砂を積むか一艘の夏の月    土井探花
叛逆か隷属か蟻迷走す     髙橋亜紀彦
西日射す時計バンドの余り穴   成海誠二
蟇鳴けば高野聖に獣出づ     Fよしと
軍港の方へと逸れて白日傘   星出航太郎
腎臓の眠るかたちの甜瓜   福井たんぽぽ
バニラアイスをいびりつつ待つてゐる 田島ハル


「楽園」(主宰=堀田季何)【2021年創刊】
<第1巻第2号(通巻2号)>
花筏とぎれ水面の深呼吸    玉木たまね
跣ゆゑゲンもアベベも記憶せる  小田狂声
わたくしのかわいいが小鳥を囓る   さ青
鯵の鰓火輪のごとしちぎり取る    香野
戦メリでめちゃ泣く友の家で吐く 橋本牧人
刮ぐなり月の軽石で記憶ごと     半片
「妊娠した?」「してないよママ」夏が来た 小山桜子




【次回の投稿のご案内】

◆応募締切=2021年8月31日
*対象は原則として2021年8月中に発刊された俳句結社誌・同人誌です。刊行日が締切直後の場合は、ご相談ください。

◆配信予定=2021年9月5日

◆投稿先
以下のフォームからご投稿ください。
https://ws.formzu.net/dist/S21988499/


【「コンゲツノハイク」のバックナンバー】
>>2021年7月の「コンゲツノハイク」(2021年6月刊行分)【32結社参加】
  →→→ 2021年7月の「コンゲツノハイク」を読む
>>2021年6月の「コンゲツノハイク」(2021年5月刊行分)【33結社参加】
>>2021年5月の「コンゲツノハイク」(2021年4月刊行分)【34結社参加】
>>2021年4月の「コンゲツノハイク」(2021年3月刊行分)【27結社参加】
>>2021年3月の「コンゲツノハイク」(2021年2月刊行分)【29結社参加】
>>2021年2月の「コンゲツノハイク」(2021年1月刊行分)【21結社参加】
>>2021年1月の「コンゲツノハイク」(2020年12月刊行分)【14結社参加】



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

サイト内検索はこちら↓

ピックアップ記事

2021-3-11

【特集】東日本大震災 10年を迎えて

アーカイブ

サイト内検索はこちら↓

ページ上部へ戻る