【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年2月分】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

セクト・ポクリットでは2021年1月より、「コンゲツノハイク」をはじめました。前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新号から「(最大)7句」を推薦いただき、掲出するコーナーです。今月は、21結社にご参加いただきました。ありがとうございます。来月分(2月28日締切)については、こちらのフォームからご投稿ください。参加は無料です。


コンゲツノハイク 2021年2月
(2021年1月刊行分)

参加結社(21)=「秋草」「運河」「海原」「銀漢」「雲の峰」「香雨」「秋麗」「青山」「鷹」「たかんな」「滝」「橘」「田」「天穹」「童子」「松の花」「南風」「鳰の子」「ひろそ火」「街」「雪華」


「秋草」(主宰=山口昭男)【2010年創刊・兵庫県神戸市】
気持よき氷の色となつてをり   山口昭男
松手入いま門柱の上に立ち    木村定生
短日の息の容の紙の鶴      三輪小春
曼珠沙華教師僧侶に戻りけり   西江友里
田の煙ゆるまず丹波時雨かな  小泉和貴子
冬の蝶影遊ばせてさゆらぐる  松井ゆう子
青写真米炊く匂ひ漂へり     平石晃一


「運河」(主宰=茨木和生)【1956年創刊・奈良県生駒郡】
此君の雫をぬぐひ星迎      山内節子
ひやひやと採血の腕叩かるる  上野山明子
草の実をつけて五時間目の授業 星野乃梨子


「海原」(代表=安西篤)【2018年創刊・千葉県市川市】
雁渡し私のどこかが鳴りました  河原珠美
水底から水面仰ぎて原爆忌     楠井収
じいちゃんの案山子に錆びた鉄兜 平田恒子
捕虫網補修している自由かな   小野裕三
秋蝶来る空の筋肉の中に     佐孝石画
美しきもの見つけよと父秋の雲  前田典子
ちちろ鳴く女いつでも刺客です 松井麻容子


銀漢(ぎんかん)」(主宰=伊藤伊那男(いなお)【2011年創刊・東京都千代田区】
豊穣の海の一滴牡蠣啜る    伊藤伊那男
こけしみなふるさと遠く冬に入る 小泉良子
淋しさの副作用有り風邪薬    白井飛露
船橋に拡ぐ海図や神還る    小野寺清人
黙念と松のこゑ聴く松手入    武田禪次
花八手友の訃で知る妻女の名    深津博
神々はおほむね裸美術展    長谷川明子


「雲の峰」(主宰=朝妻力)【1989年創刊・2001年結社化・大阪府茨木市】
麻薬まづ服して祝ふ屠蘇少し   浅川彳亍(てきちょう)
冬ぬくし有馬氏の選読み返し   井村啓子
身に入むや走り書きなる兵の遺書 小澤巖
冬紅葉隣保で守る阿弥陀堂    酒井多加子
講中が裃で来る淑気かな     朝妻 力


「香雨」(主宰=片山由美子)【2019年創刊・東京都世田谷区】
初夢や吐魯蕃の街さまよひて  片山由美子
秋冷の身に振る塩の白さかな   佐藤博美
露の世の露に大小ありにけり    西宮舞
一点を見つめ新酒のひと口目  寒河江桑弓
十六夜や鏡の前のルームキー   平万紀子
渋滞の灯の先に月上りけり    馬場公江
会釈して画廊を出づる秋の昼   押切安代


「秋麗」(主宰=藤田直子)【2009年創刊・神奈川県川崎市】
短日の短編ひとつ吾を満たす  藤田直子
鈴の鳴る鞄ありけり神の留守  塚原涼一
秋雨や読みて睡魔に倒さるる  竹下白陽
検印の朱色なほ濃し漱石忌   井上青軸
盛塩の山のへたりや神無月   永吉 進
近松忌コーヒー冷めてゆく早さ 藤井南帆
風花や啓示のやうに詩のやうに 山田蹴人


青山(せいざん)」(主宰=しなだしん)【1982年創刊・神奈川県横浜市】
車椅子の妻より指図年用意  山崎ひさを
裏白のじはりと縮む星の数  しなだしん
塩で火を清め夏山深く入る  井越芳子
身ごもれる娘や嫁や星月夜  入部美樹
オルガン音色を紡ぐ秋日和  佐藤敏枝
三叉路を曲れば生家稲の径  合田睦子
パーゴラに吹かれ風船かづらの実 川口ユリ


「鷹」(主宰=小川軽舟)【1961年創刊・東京都千代田区】
ガラス戸にじぶくる蜂や花八手  小川軽舟
婆逝きて爺に白鳥来たりけり   遠藤篁芽
靴音に擦り減る街や神無月    山田友樹
だいだらぼつち駆けたる山や紅葉散る 山地春眠子   
この声のままに老いたし十三夜  永島靖子 
今朝の冬鉢のさぼてんパチクリす 氣多驚子
鯨見に行くかカラマーゾフ読むか 井田誠治


「たかんな」(主宰=吉田千嘉子)【1993年創刊・青森県八戸市】
漁師町締めに出さるる茸汁   嶋広一
母なれば九人家族の秋刀魚焼く 大堀徳惠
切れし音地中に残し牛蒡引く  馬場孤舟
ふつふつと滾るグラタン台風裡 松橋幸子
新走りたしなむ程と言ひながら 鈴木興治
深入りの一歩を悔やむ夕花野  藤田千恵子
何事につけてこの道草の花   冨舛哲郎


「滝」(主宰=成田一子)【1992年創刊・宮城県仙台市】
阿弖流為のひとこゑ滝の凍りけり 成田一子
水鳥の火の粉のやうに翔つ夜明 石母田星人
宮城野へ海鳴りとどく十三夜   鈴木要一
青白くショパン弾く子や野分めく 芳賀翅子
夭折の骨のももいろ雪蛍     庄子紀子
帰らじの東京の吾子時雨かな  松ノ井洋子
獅子柚子に触れたる指の透明に  谷口加代


(たちばな)」(主宰=佐怒賀直美)【1978年創刊・埼玉県久喜市】
仰向いて薬のむ癖虎落笛    髙良満智子
咳ひとつ落丁本の頁折る    松尾紘子
右足の右に傾く末の秋     原智子
ふるさとは青空の色木の葉飛ぶ 久保田孝子
後ろ向きに夫と話して葱刻む  榊原和枝
晩秋の夕焼色の児の涙     安田かほる
母の肩指で計りて毛糸編む   増田ミヨ子


(でん)」(主宰=水田光雄)【2003年創刊・千葉県市川市】
大川の末広がりの初景色     仲 栄司
十五夜と言ひて会議を始めけり 佐藤千恵子
よく知らぬバイクをほめて冬に入る 草子洗
月待つは人待つに似てそぞろはし 石渡幸子
雨あがり穂紫蘇触れ合ふほどの風 フォーサー涼夏
菊の束赤ん坊ほどの持ち重り   兼行美栄
山粧ふパラグライダー吐き出して 柿本久美


天穹(てんきゅう)」(主宰=屋内修一)【1998年創刊・東京都渋谷区】
手袋を脱いでたつきの指となる 前橋竹之
いら虫の謀議葉裏にかたまりて 米田由美子
足指でジャンケンポンや小春空 安達幸代
白障子床に百隠円相図     斉藤雅はる
天領の風の威も借り鳥威し   星加鷹彦
手袋の小銭こぼるる蚤の市   曽我晶子
多摩川を越えて旅めく小六月  髙野紀子


「童子」(主宰=辻桃子)【1987年創刊・東京都国立市】
葱作る人になるてふ立志式    安部元気
水澄むや女落ち行く地獄絵図   石井鐐二
長き夜の「風姿花伝」や問ふ答ふ 白井薔薇
風炉名残銘なきものはしづかなる 山田こと子
ひとりつ子なりけり曼殊沙華恐れ 小川春休
ちよいちよいと話の飛んで萩の宿 うな浅黄
間引菜も花背の宿の馳走かな   東あふひ


南風(なんぷう)」(主宰=村上鞆彦(ともひこ)【1933年創刊・東京都葛飾区】
ころころと古墳に棲める狸かな  新治功
右と言へば左へ行く子柿日和 深水香津子
人声に目玉泳がす枯蟷螂     古谷静
解体のビルのはらわた黄落期  日野久子
ジャケットの襟に項の肉の載る 若林哲哉
マスクよりシナモンの香のする日かな 森あおい
常夏のごとグラビア誌十二月  藤本智子


「鳰の子」(主宰=柴田多鶴子)【2011年創刊・大阪府高槻市】
楡の木は瘤を大事に冬に入る  柴田多鶴子
重陽の桐の小筥に琴の爪     師岡洋子
風の出て星またたかす賢治の忌  新谷壯夫
馴染めのことなどぽつり長き夜に 春名 勲
糸瓜忌や楽天といふ武器ひとつ 岩出くに男
吊し柿痩せて甘味のふくらめる 岩崎可代子
精鋭の新説を聴く夏期講座    本土 彰


「ひろそ火」(主宰=木暮陶句郎)【2011年創刊・群馬県渋川市】
年男窯火に祈ること多し    木暮陶句郞
裏路地のハッピーアワー暮早し  杉山加織
はたはたを翔たせてゆけり乳母車 星野裕子
草の花うれしいときも膝を抱く   里村閑
太陽がまだこいしいか穴まどひ  岩佐晴子
曼珠沙華落武者めきて雨の中  須藤恵美子
農捨てし漢に響く威銃     砂子間佳子


「松の花」(主宰=松尾隆信(たかのぶ)【1998年創刊・神奈川県平塚市】
飛行船レモンの上に浮かびをり 松尾隆信
名月やけむりのごとく雲流れ  永島紀子
ビー玉に射し込む日差し秋彼岸 十亀健一
やはらかに山をつつめる花芒   斎藤翠
友異動かりがね寒き夕の帰路  吉田裕子
黛執逝けり名残りの秋高し  しかい良通
十月の妻臨月の妻となる    松尾清隆


「街」(主宰=今井聖)【1996年創刊・神奈川県横浜市】
擬似餌作りて炉話に加はらず   今井聖
礼状に桃描く桃の香の中に   松野苑子
千歳飴提げてカーディーラー見上ぐ 太田うさぎ
近松忌深夜ラジオの菅田将暉  黒岩徳将
金木犀押し出して切る猫の爪  髙勢祥子
冬帽を被り直してなほ怒る  竹内宗一郎
猫の舌に冬の光の当たりたる  鷲巣正徳


雪華(ゆきはな)」(主宰=橋本喜夫(よしお)【1978年創刊・北海道旭川市】
冬晴れの夜の蠱毒の戰星    青山酔鳴
たいくつな自由は孤独雪月夜  西川良子
ぼんのくぼ僅かにそれて初霰  高垣美恵子
水鳥に波紋えにしのほどけゆく 柊月子
順々に七引く父や冬の雨    太田量波
母といふ埋火父といふ底荷   坂本しづよ
鷹の舞ふこの地を蝦夷と呼びなせり 大西岩夫


【次回の投稿のご案内】

◆応募締切=2021年2月28日
*対象は原則として2021年2月中に発刊された俳句結社誌・同人誌です。刊行日が締切直後の場合は、ご相談ください。

◆配信予定=2021年3月5日

◆投稿先
以下のフォームからご投稿ください。
https://ws.formzu.net/dist/S21988499/


【バックナンバー】
>>2021年1月の「コンゲツノハイク」(2020年12月刊行分)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

サイト内検索はこちら↓

アーカイブ

サイト内検索はこちら↓

ページ上部へ戻る