神保町に銀漢亭があったころ

【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【3】/武田花果(「銀漢」「春耕」同人)


梶の葉句会のこと

武田花果(「銀漢」「春耕」同人)


 梶の葉句会を開いたのは、銀漢亭の二階にあった編集部や事業部の部屋で、銀漢創刊号を発刊するどさくさの中でした。

 他結社の方と新人も数人交えての小さな句会、男性が一人参加していましたが、女性十五人ほどが膝を詰め合わせての句会でした。

 主宰が毎月第一水曜日の午後早い目に出勤され、夜の準備中、長いときは小一時間の時間を割いて下さいました。

 三時半頃になると階下から今夜のメニューが想像される匂が漂い、音が聞こえてきました。

 お渡しした清記用紙を片手に、選句と講評のためエプロンをとった主宰が「やあ!やあ!」とにこやかな笑みで入って来られます。

 年増の女性たちのさえずりの中、主宰の厳しい選句、優しくも遠慮のない講評に悲喜こもごもの溜息が湧きます。

 主宰の息が近くに聞こえ、時にはその情熱も圧倒するばかり。古い清記用紙を見るとその場面が生き生きと蘇ってきます。

 閉店、コロナ禍と続き、しみじみその貴重な至福の時間が愛おしく思い出されます。

 二度と戻らない時間、どんなに私たちが恵まれ、励まされていたか。

 その時間は主宰自身の創作時間であったのかもしれないのですから。


【執筆者プロフィール】
武田花果(たけだ・かか)
「銀漢」「春耕」同人。


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

クラウドファンディングまだまだ実施中!(2022年7月7日23時59分まで!) 詳しくは下の画像をクリック!(Motion Gallery 特設サイトにリンクします)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【連載】歳時記のトリセツ(14)/四ッ谷龍さん
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第87回】笹木くろえ
  3. 【連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 ブリニとタラマ
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」鰆のエスカルゴバター焼き
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第13回】神戸と西東三鬼
  6. 【連載】久留島元のオバケハイク【第4回】「野槌」
  7. 【#35】俳誌に連載させてもらうようになったことについて
  8. 【連載】新しい短歌をさがして【5】服部崇

おすすめ記事

  1. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第8回】
  2. 柊を幸多かれと飾りけり 夏目漱石【季語=クリスマス(冬)】
  3. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(2)
  4. 【夏の季語】紫陽花
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第100回】伊藤政三
  6. 糸電話古人の秋につながりぬ 攝津幸彦【季語=秋(秋)】
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第13回】神戸と西東三鬼
  8. 【新連載】久留島元のオバケハイク【第1回】「龍灯」
  9. 【#33】台北市の迪化街
  10. 秋冷やチーズに皮膚のやうなもの 小野あらた【季語=秋冷(秋)】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】月涼し
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【3月5日配信分】
  3. 冬銀河旅鞄より流れ出す 坂本宮尾【季語=冬銀河(冬)】
  4. 厨房に貝があるくよ雛祭 秋元不死男【季語=雛祭(春)】
  5. 薄氷の吹かれて端の重なれる 深見けん二【季語=薄氷(冬)】
  6. ラヂオさへ黙せり寒の曇り日を 日野草城【季語=寒(冬)】
  7. 【秋の季語】カンナ/花カンナ
  8. たが魂ぞほたるともならで秋の風 横井也有【季語=秋の風(秋)】
  9. 櫻の樹だつたのか土龍散步する 片上長閑
  10. めちやくちやなどぜうの浮沈台風くる 秋元不死男【季語=台風(秋)】
PAGE TOP