神保町に銀漢亭があったころ

【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【3】/武田花果(「銀漢」「春耕」同人)


梶の葉句会のこと

武田花果(「銀漢」「春耕」同人)


 梶の葉句会を開いたのは、銀漢亭の二階にあった編集部や事業部の部屋で、銀漢創刊号を発刊するどさくさの中でした。

 他結社の方と新人も数人交えての小さな句会、男性が一人参加していましたが、女性十五人ほどが膝を詰め合わせての句会でした。

 主宰が毎月第一水曜日の午後早い目に出勤され、夜の準備中、長いときは小一時間の時間を割いて下さいました。

 三時半頃になると階下から今夜のメニューが想像される匂が漂い、音が聞こえてきました。

 お渡しした清記用紙を片手に、選句と講評のためエプロンをとった主宰が「やあ!やあ!」とにこやかな笑みで入って来られます。

 年増の女性たちのさえずりの中、主宰の厳しい選句、優しくも遠慮のない講評に悲喜こもごもの溜息が湧きます。

 主宰の息が近くに聞こえ、時にはその情熱も圧倒するばかり。古い清記用紙を見るとその場面が生き生きと蘇ってきます。

 閉店、コロナ禍と続き、しみじみその貴重な至福の時間が愛おしく思い出されます。

 二度と戻らない時間、どんなに私たちが恵まれ、励まされていたか。

 その時間は主宰自身の創作時間であったのかもしれないのですから。


【執筆者プロフィール】
武田花果(たけだ・かか)
「銀漢」「春耕」同人。


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

クラウドファンディングまだまだ実施中!(2022年7月7日23時59分まで!) 詳しくは下の画像をクリック!(Motion Gallery 特設サイトにリンクします)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年5月分】
  2. 【第9回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:今井肖子さん・三宅やよいさ…
  3. 【連載】歳時記のトリセツ(11)/佐藤りえさん
  4. 【連載】歳時記のトリセツ(2)/橋本喜夫さん
  5. 【特別寄稿】沖縄県那覇市久米「KIMIKO BAR ふう」/酢橘…
  6. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#12】愛媛のご当地菓子
  7. 【書評】渡辺花穂 第一句集『夏衣』(北辰社、2020年)
  8. こんな本が出た【2021年6月刊行分】

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】ソーダ水
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【3月5日配信分】
  3. 潮の香や野分のあとの浜畠 齋藤俳小星【季語=野分(秋)】
  4. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第9回】
  5. 虹の空たちまち雪となりにけり 山本駄々子【季語=雪(冬)】
  6. ラグビーのゴールは青き空にあり 長谷川櫂【季語=ラグビー(冬)】
  7. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第14回】
  8. 【夏の季語】夕立
  9. 【夏の季語】夏至
  10. 人垣に春節の龍起ち上がる 小路紫峡【季語=春節(春)】

Pickup記事

  1. ひそひそと四万六千日の猫 菊田一平【季語=四万六千日(夏)】
  2. 大阪の屋根に入る日や金魚玉   大橋櫻坡子【季語=金魚玉(夏)】
  3. 【秋の季語】鴨来る
  4. 【冬の季語】一月
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」春にんじんのキャロット・ラペ
  6. 留守の家の金魚に部屋の灯を残し 稲畑汀子【季語=金魚(夏)】
  7. 【連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 グジェール
  8. トローチのすつと消えすつと冬の滝 中嶋憲武【季語=冬の滝(冬)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第30回】今泉礼奈
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月27日配信分】
PAGE TOP