【なんとか毎日更新中!】神保町に銀漢亭があったころ【目次】

【前口上】銀漢亭とは何だったのか?

東京・神保町の交差点から一本裏に入ったところに、「銀漢亭」という居酒屋がありました。店主は俳人の伊藤伊那男さん。50代前半で脱サラして開店したお店は、次第に話題を呼び、いつしか「俳人の溜まり場」となりました。ふらりと立ち寄れば、誰かしら俳人がカウンターで飲んでいる、あるいは奥で句会をやっている、そんな稀有なお店でした。

しかし、新型コロナウイルス対策のため、都内の飲食店が営業自粛に追い込まれていた今年5月、銀漢亭は突如、閉店。昨年、古稀を迎えた伊那男さんは、賃貸契約の更新となる2021年2月をもって閉店することを心に決めていたようで、決心は揺るがなかったようです。銀漢亭は17年間の営業をもって、ひっそりと看板が下ろされることになりました。

私自身、このお店がなければ俳句を始めなかったでしょうし、本当にいろいろな出会いや別れが、ありました。開かれた句会は数知れず。喧嘩や、修羅場や、数々の事件もありました。毎日のようにこの店に通い詰めた方もいれば、一回しか訪れる機会がなかった、という方もいることでしょう。あるいは、結局は一度も行けなかった、という方も。

しかし、すべてのお客さんには、それぞれの銀漢亭があります。本連載では、銀漢亭にかかわった皆さんに「日替わり」で大切な思い出を語っていただきながら、「銀漢亭とはいったい何であったのか」という問いかけに対する答えを、探すきっかけにしたいと思っています。それは、俳句史の一コマを記録と記憶に残すという作業ともなるはずです。

残念ながら、お店はもう跡形もなくなってしまいました。でも、この連載では毎晩、誰かがカウンターにやってくることになります。誰が来るかは、わかりませんが、一夜限りの「銀漢亭」が毎晩、出現することになります。さて、今夜はどんなお客様が、チリンチリンと鐘を鳴らして、やってくるでしょうか。


【目次】これまでの連載のながれ

【第1回〜第10回】

【はじめに】こしだまほ(「銀漢」同人)「『とりあえず今週休みます』
【第1回】武田禪次(「銀漢」編集長)「俳人『銀漢亭』の誕生
【第2回】小滝肇「シャッター
【第3回】青柳飛(「秋」「天為」同人)「The Milky Way Pub
【第4回】菊田一平(「唐変木」代表)「あの夜のこと
【第5回】月野ぽぽな(「海原」同人)「もう一つの故郷
【第6回】天野小石(「天為」編集長)「『シャンパン5本、入りましたー!』
【第7回】大塚凱「透明
【第8回】鈴木てる緒(「銀漢」同人)「銀漢亭
【第9回】今井麦(「銀漢」同人)「ある銀漢亭スタッフの一日
【第10回】相沢文子(「ホトトギス」同人)「カウンターの向こう

【第11回〜第20回】

【第11回】小島健(「河」同人)「銀漢亭に乾杯!🍷
【第12回】佐怒賀正美(「秋」主宰)「白熱句会の思い出など
【第13回】谷口いづみ(「銀漢」同人)「銀漢亭・夜明け前
【第14回】辻村麻乃(「篠」主宰)「ほっとできる場所
【第15回】屋内修一(「天穹」主宰)「青春時代
【第16回】仲野麻紀(サックス奏者)「パリ-神保町-銀漢亭
【第17回】太田うさぎ(「なんぢや」「豆の木」同人、「街」会員)「ナスとカマキリ
【第18回】谷岡健彦(「銀漢」同人)「飲めるだけのめたるころの銀漢亭
【第19回】篠崎央子(「未来図」同人)「記憶の故郷へ
【第20回】竹内宗一郎(「街」編集長、「天為」同人)「銀漢亭コネクション

【第21回〜第30回】

【第21回】五日市祐介「摩訶不思議な俳句の世界
【第22回】村上鞆彦(「南風」主宰)「リクルートスーツ
【第23回】松代展枝(「銀漢」同人)「湯島句会と主宰の料理
【第24回】近恵(「炎環」「豆の木」同人)「ふらっと入ったらクサヤ
【第25回】山崎祐子(「りいの」「絵空」同人)「やあ、どうもどうも
【第26回】千倉由穂(「小熊座」同人)「俳人たちの惑星
【第27回】安里琉太(「銀化」「群青」「滸」同人)「チャプチェがうまかった
【第28回】今井肖子(「ホトトギス」同人)「俳縁は永遠
【第29回】広渡敬雄(「沖」同人「塔の会」幹事)「俳句を愛する人達に乾杯!
【第30回】今泉礼奈(「南風」同人)「学生バイト

【第31回〜第40回】

【第31回】鈴木忍(朔出版社主、元角川「俳句」編集長)「俳句とつないでくれた場所
【第32回】筑紫磐井(「豈」発行人)「麒麟がいる
【第33回】馬場龍吉(「蒐」代表)「リアル銀漢亭とバーチャル銀漢亭
【第34回】鈴木琢磨(毎日新聞記者)「神保町の流れ星
【第35回】松川洋酔(「銀漢」「春耕」同人)「私と銀漢亭
【第36回】内村恭子(「天為」同人)「行きつけの酒場……?
【第37回】朽木直(「銀漢」同人)「銀漢亭 Oh!句会をもう一度
【第38回】柚口満(「春耕」事務局長)「銀漢亭、開店の頃
【第39回】石井隆司(元「俳句研究」編集長)「かつ結びて
【第40回】青木亮人(愛媛大学准教授)「Where were you while we were getting high?――銀漢亭に立ち寄った3月のことなど

【第41回〜第50回】

【第41回】矢野玲奈(「玉藻」「天為」同人)「小道具いろいろ
【第42回】黒岩徳将(「いつき組」所属「街」同人)「先輩と後輩
【第43回】浅川芳直(「駒草」同人)「楯野川
【第44回】西村麒麟(「古志」同人)「冬の夜
【第45回】西村厚子(西村麒麟マネージャー)「実山椒
【第46回】小野寺清人(「銀漢」「春耕」同人)「酒と魚と焼ソバと
【第47回】吉田千嘉子(「たかんな」主宰)「花は種に
【第48回】松尾清隆(「松の花」同人)「田村さん
【第49回】岸本尚毅(「天為」「秀」同人)「「銀漢亭」について
【第50回】望月周(「百鳥」編集長)「星降るお店

【第51回〜第60回】

【第51回】大野田井蛙(「銀漢」同人)「始まりは同窓会
【第52回】大和田アルミ(「唐変木」編集人)「土下座の件について
【第53回】しなだしん(「青山」主宰)「伝説の句会
【第54回】倉田有希(「写真とコトノハ展」代表) 「写真とコトノハ展@銀漢亭
【第55回】小川洋(「天為」同人・事業部長)「哀しいことに。 
【第56回】池田のりを(「ふう」同人)「オールディズ
【第57回】卓田謙一(「りいの」編集長)「超結社・呑兵衛俳人の聖地
【第58回】守屋明俊(「未来図」同人)「銀漢亭という故郷
【第59回】鈴木節子(「門」名誉主宰)「鷹夫の指のトゲ
【第60回】片山一行(「銀漢」「麦」同人)「川柳もあった銀漢亭

【第61回〜第70回】

【第61回】松野苑子(「街」同人会長)「けれど、水は流れる
【第62回】山田真砂年(「稲」主宰)「DNAの共鳴
【第63回】三輪初子(「炎環」同人、「わわわ」句会代表)「わたしの中の「銀漢亭」
【第64回】城島徹(毎日新聞編集委員)「鈴木琢磨と伊藤祐三
【第65回】柳元佑太(「澤」)「コンビーフ
【第66回】阪西敦子(「ホトトギス」「円虹」同人)「「銀漢亭よくいる俳人」ができるまで
【第67回】鷲巣正徳(「街」同人)「三人の師と銀漢亭の素敵な人々
【第68回】堀田季何(「楽園」主宰)「銀河系のとある酒場
【第69回】山岸由佳(「炎環」「豆の木」同人)「銀漢の片隅に
【第70回】唐沢静男(「銀漢」「春耕」同人)「銀漢亭の黎明期

【第71回〜第80回】

【第71回】遠藤由樹子「角を曲がれば
【第72回】本井英(「夏潮」主宰)「銀漢亭のおみそ
【第73回】芥ゆかり(「天為」同人)「鮮やかな幕引き
【第74回】木暮陶句郎(「ひろそ火」主宰・「ホトトギス」同人)「銀漢亭の想い出
【第75回】近江文代(「野火」「猫街」同人)「銀漢亭それは… 
【第76回】種谷良二(「櫟」東京支部長)「どこでもドア
【第77回】小沢麻結(「知音」同人)「みんな、星のひかり
【第78回】脇本浩子(「海」同人)「断捨離をまぬがれたもの
【第79回】佐怒賀直美(「橘」主宰)「火の会と芋焼酎と鱲子と
【第80回】佐藤文香(「翻車魚」「鏡」同人)「友達になるかもしれない人

【第81回〜】

【第81回】髙栁俊男(法政大学国際文化学部教授)「唯一の行きつけの店だった銀漢亭
【第82回】歌代美遥(「ホトトギス」「玉藻」「篠」同人)「大人の遊び場
【第83回】対馬康子(「麦」会長・「天為」最高顧問)「青春しました
【第84回】飯田冬眞(「磁石」編集長)「神々の目撃者
【第85回】土肥あき子(「絵空」同人)「放課後の楽しみ
【第86回】有澤志峯(「銀漢」同人)「ひとり酒
【第87回】笹木くろえ(「鏡」同人)「窓と万華鏡
【第88回】潮田幸司(「銀化」編集長) 「つながりと後悔と
【第89回】広渡詩乃(「栞」同人) 「銀漢亭の一皿、俳人の味。

関連記事

サイト内検索はこちら↓

アーカイブ

サイト内検索はこちら↓

ページ上部へ戻る