神保町に銀漢亭があったころ

神保町に銀漢亭があったころ【第91回】北大路翼

超個人的雑感 

北大路翼(「街」同人、「屍派」家元)

近くて遠い場所、一言でいふなら僕にとつての銀漢亭はこんな感じだ。

思ひ出ぐらゐなら軽く書けるだらうと安請け合いしたが、よく考へたら数回しか行つたことはないんだよなあ。それもお邪魔するときは、仕事関係の打合せだつたり、俳句関係のパーティーの二次会だつたりいはゆる北大路ぢやないときの僕の時が多かつた。

もちろん酒と俳句といふ絶好の条件だし、僕が避ける理由はない。ただ方角が悪かつた。当時の僕の行動パターンは、家のある西荻窪と会社のある飯田橋、そしてその間の新宿と立ち寄るところがほぼ決まつてゐた。立ち寄るといふより新宿を中心に、家と会社に寄つてゐるといふ方が正しい。だから西荻窪より西の吉祥寺には行かないし、飯田橋より東の神保町にもほとんど行かなかつた。美學校のイベントなどで、神保町に行くことはあつても、そのときはその場で酒が足りてしまふ(むしろ余るほど飲むのだが)ので、近くにゐても銀漢亭には寄ることはなかつた。

とはいへ同じ俳句酒場の先輩としていつも銀漢亭のことは意識の中にあつた。もつとも僕の「砂の城」は酒場といふよりはただのたまり場なので、仲間と思はれるのは嫌だらうけどね。チンピラの巣窟だ。前述の通り、仕事がてらに行くことが多かつたので、なほさらに銀漢亭はカタギのイメージ。カタギの店にチンピラの大将気取りの僕が顔を出すのは、場違ひだと心のどこかで思つてゐたのかも知れない。

といふのはただの言ひ訳でもつと顔を出しておけばよかつたなあ。句会にも出て見たかつた。立飲みスタイルで、清記をまはしてゐる連衆はカッコいいと思うた。カタギもチンピラもない。俳人はみんなヤンチャでイキでなくてはならない。酒も飲まずに俳句をやつてる奴は病気だよ。さういふ意味でぱつと閉店を決意したといふのもイキであると思ふ。

「砂の城」だけだらだら残つてしまつた。いやだねえ。


【執筆者プロフィール】
北大路翼(きたおおじ・つばさ)
1978年生まれ。1996年、「街」入会。2011年、歌舞伎町にて「屍派」を結成。2012年、歌舞伎町芸術公民館を会田誠から譲り受け「砂の城」に改称、オーナーを務める。句集に『天使の涎』『時の瘡蓋』『見えない傷』。著書に『生き抜くための俳句塾』『半自伝的エッセイ 廃人』『加藤楸邨の百句』。編著に『アウトロー俳句 新宿歌舞伎町俳句一家「屍派」』。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【投稿募集中】コンゲツノハイクを読む【5月31日締切】
  2. 【#26-1】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(1)
  3. 【#33】台北市の迪化街
  4. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第8回】俳句甲子園と写真と俳…
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月15日配信分】
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年5月分】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第71回】遠藤由樹子
  8. 「野崎海芋のたべる歳時記」春にんじんのキャロット・ラペ

おすすめ記事

  1. 蛇の衣傍にあり憩ひけり 高濱虚子【季語=蛇の衣(夏)】
  2. 梅咲きぬ温泉は爪の伸び易き 梶井基次郎【季語=梅(春)】
  3. 数と俳句(一)/小滝肇
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第74回】木暮陶句郎
  5. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#06】落語と猫と
  6. 【冬の季語】煤逃
  7. 一瞬にしてみな遺品雲の峰 櫂未知子【季語=雲の峰(夏)】 
  8. 【秋の季語】草の花
  9. 白魚の目に哀願の二つ三つ 田村葉【季語=白魚(春)】
  10. 退帆のディンギー跳ねぬ春の虹 根岸哲也【季語=春の虹(春)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】八手咲く
  2. 暖房や絵本の熊は家に住み 川島葵【季語=暖房(冬)】
  3. 雁かへる方や白鷺城かたむく 萩原麦草【季語=雁帰る(春)】
  4. 春風や闘志いだきて丘に立つ 高浜虚子【季語=春風(春)】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月29日配信分】
  6. かんぱちも乗せて離島の連絡船 西池みどり【季語=かんぱち(夏)】
  7. 【連載】新しい短歌をさがして【11】服部崇
  8. 【冬の季語】豆撒く
  9. 香水の一滴づつにかくも減る 山口波津女【季語=香水(夏)】
  10. 肩へはねて襟巻の端日に長し 原石鼎【季語=襟巻(冬)】
PAGE TOP