俳人のホンダナ!

【連載】俳人のホンダナ!#2 小谷由果


俳人に「ホンダナ」をちょっとだけ、見せていただくコーナーです。

俳人は隠れたブックコンシェルジュ。
おもしろそうな本に出会える、はず。


【新連載】
俳人のホンダナ! #2

小谷由果


【気になるホンダナの本の詳細はこちら】

1)柳田國男監修 『民俗学辞典』東京堂出版、1951年

2)松丸道雄『甲骨文の話』大修館書店、2017年

3)寺山修司『われに五月を―寺山修司作品集』思潮社、1985年〔初版本〕

4)阿部為任『袖珍真草字引大成』柳心堂、1878年(*)

5)伊藤整『文士の筆跡 5 俳人篇』二玄社、1986年

6)熊谷守一『守一のいる場所』求龍堂、2014年

7)服部畊石『篆刻字林』三圭社、2013年

8)高田竹山 (監修)『五體字類 改訂第3版』西東書房、2001年

9)山本健吉『定本 現代俳句』角川選書、1998年

10)堀本裕樹 『熊野曼陀羅』文學の森、2012年

(*)表紙ボロボロなので中の写真も


【気になるホンダナ俳人のプロフィール】
小谷由果(こたに・ゆか)
1981年埼玉県生まれ。「蒼海」所属。2015年句作開始。二児の母。俳句と書と篆刻(てんこく)の日々。


【「俳人のホンダナ!」バックナンバー】


#1 根岸哲也さん(「澤」)のホンダナ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第1回】武田禪次
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第78回】脇本浩子
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月2日配信分】
  4. 【連載】歳時記のトリセツ(11)/佐藤りえさん
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第42回】 山中湖と深見けん…
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第66回】 秩父・長瀞と馬場…
  7. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月25日配信分】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第13回】神戸と西東三鬼

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】砂日傘/ビーチパラソル 浜日傘
  2. 子供は鳥 かはたれとたそかれにさざめく 上野ちづこ
  3. 年迎ふ父に胆石できたまま 島崎寛永【季語=年迎ふ(新年)】 
  4. 極寒の寝るほかなくて寝鎮まる 西東三鬼【季語=極寒(冬)】
  5. 冬の鷺一歩の水輪つくりけり 好井由江【季語=冬の鷺(冬)】
  6. 【冬の季語】節分
  7. 隠岐やいま木の芽をかこむ怒濤かな 加藤楸邨【季語=木の芽(春)】
  8. 一陣の温き風あり返り花 小松月尚【季語=返り花(冬)】
  9. 真っ白な番の蝶よ秋草に 木村丹乙【季語=秋草(秋)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第62回】山田真砂年

Pickup記事

  1. 愛情のレモンをしぼる砂糖水 瀧春一【季語=砂糖水(夏)】
  2. 【春の季語】遠足
  3. 【#16】秋の夜長の漢詩、古琴
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」蒸し鶏の胡麻酢和え
  5. 【第8回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:青木亮人さん)【前編】
  6. 尺蠖の己れの宙を疑はず 飯島晴子【季語=尺蠖(夏)】
  7. 【冬の季語】八手の花
  8. 嫁がねば長き青春青蜜柑 大橋敦子【季語=青蜜柑(秋)】
  9. 秋の餅しろたへの肌ならべけり 室生犀星【季語=秋の餅(秋)】
  10. くゝ〳〵とつぐ古伊部の新酒かな 皿井旭川【季語=新酒(秋)】
PAGE TOP