俳人のホンダナ!

【連載】俳人のホンダナ!#2 小谷由果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

俳人に「ホンダナ」をちょっとだけ、見せていただくコーナーです。

俳人は隠れたブックコンシェルジュ。
おもしろそうな本に出会える、はず。


【新連載】
俳人のホンダナ! #2

小谷由果


【気になるホンダナの本の詳細はこちら】

1)柳田國男監修 『民俗学辞典』東京堂出版、1951年

2)松丸道雄『甲骨文の話』大修館書店、2017年

3)寺山修司『われに五月を―寺山修司作品集』思潮社、1985年〔初版本〕

4)阿部為任『袖珍真草字引大成』柳心堂、1878年(*)

5)伊藤整『文士の筆跡 5 俳人篇』二玄社、1986年

6)熊谷守一『守一のいる場所』求龍堂、2014年

7)服部畊石『篆刻字林』三圭社、2013年

8)高田竹山 (監修)『五體字類 改訂第3版』西東書房、2001年

9)山本健吉『定本 現代俳句』角川選書、1998年

10)堀本裕樹 『熊野曼陀羅』文學の森、2012年

(*)表紙ボロボロなので中の写真も


【気になるホンダナ俳人のプロフィール】
小谷由果(こたに・ゆか)
1981年埼玉県生まれ。「蒼海」所属。2015年句作開始。二児の母。俳句と書と篆刻(てんこく)の日々。


【「俳人のホンダナ!」バックナンバー】


#1 根岸哲也さん(「澤」)のホンダナ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年4月分】
  2. ハイシノミカタ【#4】「100年俳句計画」(キム・チャンヒ編集長…
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【2月26日配信分】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第29回】広渡敬雄
  5. 【連載】「ゆれたことば」#5「避難所」千倉由穂
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第118回】前北かおる
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第101回】田村元
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第21回】玄界灘と伊藤通明

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP