連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」ガレット・デ・ロワ


ガレット・デ・ロワ
(フランシュ・コンテ風)

Galette des rois franc-comtoise


エピファニー(公現祭)を祝う一月のお菓子、ガレット・デ・ロワ。中に陶器製の「フェーヴ」を入れ、切り分けた時にそれが当たった人が紙の王冠をかぶるという風習については、昨年も書きました。

現在ではいろいろな形のフェーヴがあり蒐集する人も多いのですが、フェーヴ(fève)とは元来そら豆のこと。昔は乾燥そら豆が「当たり」として使われていたのでしょうね。

こちらは、フランシュ・コンテ風のガレット・デ・ロワ。フランシュ・コンテ地方はフランス東部、スイスと国境を接する地域。シュー生地状に鍋で練り上げた生地を、天板に広げて丸く整えただけの素朴なガレットです。オレンジフラワーのエッセンスで香りづけするのが特徴的。

パイ生地にアーモンドクリームの入った一般的なガレット(昨年の投稿をご覧くださいね)はパリを中心とした地域のもので、じつは地方によって、さまざまな違いがあるのですね。たとえば南仏では、ブリオッシュ生地のパンにフルーツの砂糖漬けで飾りつけたものが主流のようです。

どの地方のものにしろ、人が集まって切り分けてこそのガレット・デ・ロワ。
今は家族とも集まりづらく、わが家では今年まだガレット・デ・ロワを食べていません。一人分ずつのサイズに焼いて、それぞれもれなくフェーヴ入り、というのも良いかな?などと思案中です。

みぞれ雪涙にかぎりありにけり  橋本多佳子

季語【霙】【みぞれ】【公現祭】【一月】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第31回】鈴木忍
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第71回】遠藤由樹子
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年6月分】
  4. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#5】
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年6月分】
  6. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第14回】
  7. 【連載】歳時記のトリセツ(11)/佐藤りえさん
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第116回】入沢 仁

おすすめ記事

  1. 懐石の芋の葉にのり衣被  平林春子【季語=衣被(秋)】
  2. 燈台に銘あり読みて春惜しむ 伊藤柏翠【季語=春惜しむ(春)】
  3. 背のファスナ一気に割るやちちろ鳴く 村山砂田男【季語=ちちろ鳴く(秋)】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【3月26日配信分】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第87回】笹木くろえ
  6. 手を敷いて我も腰掛く十三夜 中村若沙【季語=十三夜(秋)】
  7. 立読みの少年夏は斜めに過ぎ 八田木枯【季語=夏(夏)】
  8. マフラーの長きが散らす宇宙塵 佐怒賀正美【季語=マフラー(冬)】
  9. 息ながきパイプオルガン底冷えす 津川絵理子【季語=底冷(秋)】
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月16日配信分】

Pickup記事

  1. 1 名前:名無しさん@手と足をもいだ丸太にして返し  湊圭伍
  2. 迷宮へ靴取りにゆくえれめのぴー 中嶋憲武
  3. 小鳥来る薄き机をひからせて 飯島晴子【季語=小鳥来る(秋)】
  4. 【連載】歳時記のトリセツ(13)/関悦史さん
  5. 寒夕焼に焼き亡ぼさん癌の身は 成田千空【季語=寒夕焼(冬)】
  6. 大阪の屋根に入る日や金魚玉   大橋櫻坡子【季語=金魚玉(夏)】
  7. 【冬の季語】節分会
  8. 冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ 川崎展宏【季語=冬(冬)】
  9. 【連載】俳人のホンダナ!#4 西生ゆかり
  10. いつの間に昼の月出て冬の空 内藤鳴雪【季語=冬の空(冬)】
PAGE TOP