神保町に銀漢亭があったころ

神保町に銀漢亭があったころ【第54回】倉田有希

写真とコトノハ展@銀漢亭

倉田有希(「写真とコトノハ展」代表)

銀漢亭を初めて訪れたのは平成25年の夏だった。

伊那男主宰に写真と俳句の展示のことをお話しすると快く承諾して下さり、11月の開催が決まった。銀漢亭の壁を使った、俳人によるグループ展である。このときの「写真とコトノハ展Vol.7」初日は銀漢亭のお客さんだけでなく、旧知の俳人たちの来店もあり大いに賑わった。

(季節が巡ってくると銀漢亭がギャラリーに…)

写真と俳句のコラボレーションは、「写俳」「写真俳句」「フォト俳句」と様々な呼称があり、写真があって句を合わせたものを「先写後俳」、俳句が先でそれに写真は「先俳後写」と言う。俳画と共通するものがある。

銀漢亭での「写真とコトノハ展」はその後、様々な結社や同人の俳人も参加するようになり多いときは25名。展示経験のない人もいて、俳句と写真を提出してもらい、それをこちらでレイアウトの編集、プリント、パネルにしたものをお店の壁面に展示した。

昨年がVol.13で、銀漢亭での開催は六回になる。会期中に展示メンバーでの懇親会も恒例となり、銀漢亭の料理を楽しみながら歓談したのは良い思い出である。

(「写真とコトノハ展」のフライヤー 提供:倉田有希さん)

アルコールは苦手なので、銀漢亭へ行くとシークヮーサーの炭酸割を飲んだ。たまに訪れる度に誰かしら知り合いも居り、伊那男主宰の話を聞くのも楽しみだった。

会社勤めの頃は近所にお住まいだったことがあるそうで、その頃の話も伺った。「銀漢」が鍛錬合宿に行く御岳山は、たまに出かける場所なので、これまた馴染みの場所である。御岳山の話になったことがきっかけで、お店の本棚にあった浅田次郎の『神坐す山の物語』をお借りして読んだ。宮澤正明氏が監督の「うみやまあひだ」のことは銀漢亭で知って、二子玉川の映画館で観た。

いつ頃からか、銀漢亭で開催される「Oh!句会」にも時々参加するようになった。賞品で頂いた直筆の句の葉書は、いまも自室に貼ってある。

【執筆者プロフィール】
倉田有希(くらた・ゆうき)
1963年生。「里」を経て現在は「鏡」同人、「写真とコトノハ展」代表。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第80回】佐藤文香
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月1日配信分】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第104回】坂崎重盛
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第22回】村上鞆彦
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第4回】仙台と芝不器男
  6. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第6回】
  7. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月17日配信分】
  8. 【連載】新しい短歌をさがして【12】服部崇

おすすめ記事

  1. いつよりも長く頭を下げ初詣 八木澤高原【季語=初詣(新年)】
  2. 瑠璃蜥蜴紫電一閃盧舎那仏 堀本裕樹【季語=瑠璃蜥蜴(夏)】
  3. 酔うて泣きデザートを食ひ年忘 岸本尚毅【季語=年忘(冬)】
  4. 尺蠖の己れの宙を疑はず 飯島晴子【季語=尺蠖(夏)】
  5. 蓮根や泪を横にこぼしあひ 飯島晴子【季語=蓮根(冬)】
  6. 【秋の季語】露草/月草 ほたる草 ばうし花
  7. 中年や遠くみのれる夜の桃 西東三鬼【季語=桃(秋)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第73回】芥ゆかり
  9. 【夏の季語】黴(かび)/青黴 毛黴 麹黴 黴の宿 黴の香
  10. ハイシノミカタ【#5】「藍花」(川合牛蒡編集長)

Pickup記事

  1. 【夏の季語】コレラ/コレラ船
  2. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第3回】
  3. 足指に押さへ編む籠夏炉の辺 余村光世【季語=夏炉(夏)】
  4. セーターを脱いだかたちがすでに負け 岡野泰輔【季語=セーター(冬)】
  5. 柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  6. 【春の季語】葱の花
  7. 枯野ゆく最も遠き灯に魅かれ 鷹羽狩行【季語=枯野(冬)】
  8. 【連載】新しい短歌をさがして【9】服部崇
  9. 駅蕎麦の旨くなりゆく秋の風 大牧広【季語=秋の風(秋)】
  10. 【春の季語】山桜
PAGE TOP