連載・よみもの

【連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 ブリニとタラマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ブリニとタラマ

Blinis et tarama maison


年越しのシャンパーニュに合うおつまみ、もう一品。蕎麦粉でつくるパンケーキ「ブリニ」と、たらことクリームのペースト「タラマ」です。

パリに住んでいたころ、年末に老舗キャビア屋さんでこのブリニとタラマを買うのが楽しみでした。ブリニは本来の大きなサイズのものを扇型に切り分けたタイプもあれば、カナッペふうに小さなひと口サイズのものもあります。キャビアを添えて食べるためのものですが、専門店のロシア産キャビアはとても高価。キャビアにくらべるとだいぶお手頃なタラマは、キャビア同様に量り売りをしていて、お店オリジナルの美しい缶に詰めてくれるのにもうっとり贅沢な気分になれるのでした。

パリにはレバノンや北アフリカ、アジア系など、さまざまな移民の食文化が根づいていますが、そのもっとも古いものがロシアでしょう。パリのキャビア専門店は、ロシア革命期に亡命ロシア人によってもたらされた文化の名残を感じる場所です。

日本では鮮度のよいたらこが簡単に手に入るので、タラマも手軽に作れますね。わたしはサワークリームをベースに、ちょっとレモンを効かせて。蕎麦粉のブリニはホットプレートで、ひと口サイズに焼いています。

ふたたび安心して集うことのできる世になることを願って、今夜もシャンパーニュを開けたいと思います。

みなさまどうぞよいお年を。

去年今年貫く棒の如きもの  高浜虚子

季語【去年今年(こぞことし)】【年越】【鱈子】【年酒】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第129回】朝妻力【最終回】
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」モワルー・オ・ショコラ
  3. 「けふの難読俳句」【第10回】「信天翁」
  4. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第6回
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第22回】東山と後藤比奈夫
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第41回】 赤城山と水原秋櫻…
  7. 【新番組】ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第1回】
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【3月26日配信分】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP