連載・よみもの

【連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 ブリニとタラマ


ブリニとタラマ

Blinis et tarama maison


年越しのシャンパーニュに合うおつまみ、もう一品。蕎麦粉でつくるパンケーキ「ブリニ」と、たらことクリームのペースト「タラマ」です。

パリに住んでいたころ、年末に老舗キャビア屋さんでこのブリニとタラマを買うのが楽しみでした。ブリニは本来の大きなサイズのものを扇型に切り分けたタイプもあれば、カナッペふうに小さなひと口サイズのものもあります。キャビアを添えて食べるためのものですが、専門店のロシア産キャビアはとても高価。キャビアにくらべるとだいぶお手頃なタラマは、キャビア同様に量り売りをしていて、お店オリジナルの美しい缶に詰めてくれるのにもうっとり贅沢な気分になれるのでした。

パリにはレバノンや北アフリカ、アジア系など、さまざまな移民の食文化が根づいていますが、そのもっとも古いものがロシアでしょう。パリのキャビア専門店は、ロシア革命期に亡命ロシア人によってもたらされた文化の名残を感じる場所です。

日本では鮮度のよいたらこが簡単に手に入るので、タラマも手軽に作れますね。わたしはサワークリームをベースに、ちょっとレモンを効かせて。蕎麦粉のブリニはホットプレートで、ひと口サイズに焼いています。

ふたたび安心して集うことのできる世になることを願って、今夜もシャンパーニュを開けたいと思います。

みなさまどうぞよいお年を。

去年今年貫く棒の如きもの  高浜虚子

季語【去年今年(こぞことし)】【年越】【鱈子】【年酒】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第7回】大塚凱
  2. 【#45】マイルス・デイヴィスと中平卓馬
  3. 【書評】伊藤伊那男 第三句集『然々と』(北辰社、2018年)
  4. 【新企画】コンゲツノハイク(2021年1月)
  5. 【連載】新しい短歌をさがして【11】服部崇
  6. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第5回】
  7. 【俳書探訪】井上泰至『俳句のマナー、俳句のスタイル』(本阿弥書店…
  8. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第5回】

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】蟇
  2. 木の中に入れば木の陰秋惜しむ 大西朋【季語=秋惜しむ(秋)】
  3. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第2回】石田波郷と写真と俳句
  4. 【春の季語】春の雪
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年10月分】
  6. 水吸うて新聞あをし花八ツ手 森賀まり【季語=花八ツ手(冬)】
  7. 目薬に涼しく秋を知る日かな 内藤鳴雪【季語=秋(秋)】
  8. 父の手に負へぬ夜泣きや夏の月 吉田哲二【季語=夏の月(夏)】 
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第101回】田村元
  10. かくも濃き桜吹雪に覚えなし 飯島晴子【季語=桜吹雪(春)】

Pickup記事

  1. 芽柳の傘擦る音の一寸の間 藤松遊子【季語=芽柳(春)】
  2. Tシャツの干し方愛の終わらせ方 神野紗希【季語=Tシャツ(夏)】
  3. 捩花の誤解ねぢれて空は青 細谷喨々【季語=捩花(夏)】
  4. 【新年の季語】元日
  5. 【夏の季語】泰山木の花
  6. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第10回】
  7. 星老いる日の大蛤を生みぬ 三枝桂子【季語=蛤(春)】
  8. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年10月分】
  9. 蟲鳥のくるしき春を不爲 高橋睦郎【季語=春(春)】
  10. ライオンは人を見飽きて夏の果 久米祐哉【季語=夏の果(夏)】
PAGE TOP