連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」タルト・オ・ポンム


タルト・オ・ポンム

tarte aux pommes


りんごの季節ですね。

りんごのデザートはいろいろ作りますが、わが家でいちばんの定番はこのタルト・オ・ポンム。
ペースト状に煮たりんごを底に敷き込み、表面には薄切りのりんごを並べて、ブラウンシュガーをふりかけて焼いた、シンプルなタルトです。
小ぶりで皮の赤い、紅玉りんごが使いやすい。ほかにシナノスイートや、秋映などでも作ります。

同じりんごのタルトでも、地方によっては卵やクリームの生地を流し入れて焼くレシピもあり、それぞれタルト・ノルマンド(ノルマンディー風)、タルト・アルザシエンヌ(アルザス風)などと呼んで区別されます。

りんごは前史時代から世界で広く食用とされてきた果物。ギリシャやケルトの神話や、もちろん聖書にも登場しますね。

古代ローマではすでにデザートに欠かせないものとして、蒸したり焼いたりもされていたのだそう。

歴史が長いだけに、りんごを使ったレシピも各地さまざま、ヨーロッパ中にたくさんあるのでしょう。

 空は太初の青さ妻より林檎うく 中村草田男

季語【林檎】【紅玉】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第4回
  2. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第8回】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第65回】柳元佑太
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」いくらの醤油漬け
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第53回】 秋篠寺と稲畑汀子…
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年2月分】
  7. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#07】「何となく」の読書、シャッ…
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第7回】大森海岸と大牧広

おすすめ記事

  1. 謝肉祭の仮面の奥にひすいの眼 石原八束【季語=謝肉祭(春)】
  2. しろい小さいお面いっぱい一茶のくに 阿部完市
  3. くゝ〳〵とつぐ古伊部の新酒かな 皿井旭川【季語=新酒(秋)】
  4. はなびらの垂れて静かや花菖蒲 高浜虚子【季語=花菖蒲(夏)】
  5. 貝殻の内側光る秋思かな 山西雅子【季語=秋思(秋)】
  6. 【春の季語】虚子忌(虚子の忌)
  7. いちごジャム塗れとおもちゃの剣で脅す 神野紗希【季語=苺(夏)】
  8. 恐るべき八十粒や年の豆 相生垣瓜人【季語=年の豆(冬)】
  9. 方舟へ行く一本道の闇上野ちづこ(無季)
  10. 背広来る来るジンギスカンを食べに来る 橋本喜夫【季語=ジンギスカン(秋)】 

Pickup記事

  1. 【春の季語】囀る
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第64回】城島徹
  3. 【夏の季語】蜘蛛
  4. 伊太利の毛布と聞けば寝つかれず 星野高士【季語=毛布(冬)】
  5. 犬の仔のすぐにおとなや草の花 広渡敬雄【季語=草の花(秋)】
  6. 雪が降る千人針をご存じか 堀之内千代【季語=雪(冬)】
  7. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#9
  8. 【春の季語】卒業歌
  9. 一瞬の雪墜のひかり地にとどく 真島楓葉子【季語=雪墜(冬)】
  10. 【#40】「山口誓子「汽罐車」連作の学術研究とモンタージュ映画」の続き
PAGE TOP