連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」タルト・オ・ポンム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

タルト・オ・ポンム

tarte aux pommes


りんごの季節ですね。

りんごのデザートはいろいろ作りますが、わが家でいちばんの定番はこのタルト・オ・ポンム。
ペースト状に煮たりんごを底に敷き込み、表面には薄切りのりんごを並べて、ブラウンシュガーをふりかけて焼いた、シンプルなタルトです。
小ぶりで皮の赤い、紅玉りんごが使いやすい。ほかにシナノスイートや、秋映などでも作ります。

同じりんごのタルトでも、地方によっては卵やクリームの生地を流し入れて焼くレシピもあり、それぞれタルト・ノルマンド(ノルマンディー風)、タルト・アルザシエンヌ(アルザス風)などと呼んで区別されます。

りんごは前史時代から世界で広く食用とされてきた果物。ギリシャやケルトの神話や、もちろん聖書にも登場しますね。

古代ローマではすでにデザートに欠かせないものとして、蒸したり焼いたりもされていたのだそう。

歴史が長いだけに、りんごを使ったレシピも各地さまざま、ヨーロッパ中にたくさんあるのでしょう。

 空は太初の青さ妻より林檎うく 中村草田男

季語【林檎】【紅玉】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#7
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第11回】三田と清崎敏郎
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年5月分】
  4. ハイシノミカタ【#5】「藍花」(川合牛蒡編集長)
  5. 秋櫻子の足あと【第1回】谷岡健彦
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第106回】後藤章
  7. ハイシノミカタ【#3】「街」(今井聖主宰)
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月1日配信分】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP