連載・よみもの

【#31】ヴィヴィアン・ウエストウッドとアーガイル柄の服


【連載】
趣味と写真と、ときどき俳句と【#31】


ヴィヴィアン・ウエストウッドとアーガイル柄の服

青木亮人(愛媛大学准教授)


ヴィヴィアン・ウエストウッドはいつもタフでおしゃれだ。

彼女はイングランドのファッション・デザイナーで、1970年代に勃興したロンドン・パンクに深く関わった人物である。いわゆるパンク・ファッションとして知られるガーゼシャツやSM調の服は、ヴィヴィアンや恋人のマルコム・マクラレンが経営したブティック「Sex」「World’s End」で販売された服だった。何より、マルコムが「Sex」に集う若者たちに声をかけてバンドを作らせ、セックス・ピストルズとして世に売り出したのは有名な話だ。

ヴィヴィアンが考案したパンク・ファッションはピストルズが歴史に残る伝説的なバンドになったために世界中に知れ渡り(ピストルズはヴィヴィアンの服を着てステージに上がった)、やがて彼女はファッション業界に乗り出した。ヴィヴィアンは激しい競争社会と権謀術数渦巻く業界の荒波に揉まれるとともに、大英帝国的階級社会の誹謗中傷――ヴィヴィアンは労働者階級出身だった――をモノともせず、やがて“モードの女王”として君臨する存在となる。

2018年に公開された映画『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』からは、70代の彼女がいまだ意気軒昂として気を吐き、戦い続けているのがうかがえる(下は予告編)。

この映画を観るとヴィヴィアンのタフな生きざまもさることながら、「おしゃれだな」と当然すぎる感想を抱くことが多い。「おしゃれ」というのは「自分に合った色味や服を当たり前のように身につけることができる」といった意味合いで、ヴィヴィアンはどんな傾向やコンセプトの服もごく自然に、自分のものとして悠々と着こなしている雰囲気がある。

予告編でいえば0:30あたりや2:40のファッションは粋に感じてしまうし、特に0:30の服で落ち着いたワインレッドの色を合わせるのはさすがと感じ入ってしまう。

そういったヴィヴィアン等のパンク・ファッションに関心を抱いたためか、気付けばイギリス的な雰囲気の服が好きになり、大学院時代はよくバーバリー(イギリス)のブラック・レーベルを着ていた。特にアーガイル柄が好きで、下の写真はブラック・レーベルの服を着た時のものだ。

アーガイル柄の服。2004年頃に購入

確か2016、7年頃にフードコートで撮った写真だったと記憶している。エレガンスからほど遠い場所で、ヴィヴィアンらしいデザインでもないが、この服には個人的に「ヴィヴィアン→アーガイル柄をあしらったイギリスっぽい服」と私的すぎるつながりを感じるため、お気に入りの服の一つだ。

なお、ヴィヴィアンはイングランド出身だが、アーガイル柄の発祥はスコットランドであり、アイルランドでもよく着られる柄である。よく考えるとアーガイルとイングランドとの相性は微妙な気もするが、そこは深く考えずに「イギリス」という括りでまとめておこう。

無論、アーガイル柄を着てもヴィヴィアンのようにタフな生き方が出来るわけでもないが、写真のアーガイル柄の服は今も着ることが多く、かれこれ20年近く着ている。同じ服を長い間着ていると次第に家族のような存在に感じられ、秋や冬になると気心の知れた仲間と再会するようにアーガイル柄の服をクローゼットの奥から取り出し、身にまとっては時々ヴィヴィアン・ウエストウッドを思い出す。

彼女はイギリスで今もタフであろうとし続けているのだろうか、と。

【次回は12月15日ごろ配信予定です】


【執筆者プロフィール】
青木亮人(あおき・まこと)
昭和49年、北海道生まれ。近現代俳句研究、愛媛大学准教授。著書に『近代俳句の諸相』『さくっと近代俳句入門』など。


【「趣味と写真と、ときどき俳句と」バックナンバー】

>>[#30] 公園の猫たちと竹内栖鳳の「班猫」
>>[#29] スマッシング・パンプキンズと1990年代
>>[#28] 愛媛県の岩松と小野商店
>>[#27] 約48万字の本作りと体力
>>[#26-4] 愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(4)
>>[#26-3] 愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(3)
>>[#26-2] 愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(2)
>>[#26-1] 愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(1)
>>[#25] 写真の音、匂い
>>[#24] 愛媛の興居島
>>[#23] 懐かしいノラ猫たち
>>[#22] 鍛冶屋とセイウチ
>>[#21] 中国大連の猫
>>[#20] ミュンヘンの冬と初夏
>>[#19] 子猫たちのいる場所
>>[#18] チャップリン映画の愉しみ方
>>[#17] 黒色の響き
>>[#16] 秋の夜長の漢詩、古琴
>>[#15] 秋に聴きたくなる曲
>>[#14] 「流れ」について
>>[#13-4] 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(4)
>>[#13-3] 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(3)
>>[#13-2] 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(2)
>>[#13-1] 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(1)


>>[#12] 愛媛のご当地菓子
>>[#11] 異国情緒
>>[#10] 食事の場面
>>[#9] アメリカの大学とBeach Boys
>>[#8] 書きものとガムラン
>>[#7] 「何となく」の読書、シャッター
>>[#6] 落語と猫と
>>[#5] 勉強の仕方
>>[#4] 原付の上のサバトラ猫
>>[#3] Sex Pistolsを初めて聴いた時のこと
>>[#2] 猫を撮り始めたことについて
>>[#1] 「木綿のハンカチーフ」を大学授業で扱った時のこと



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第85回】土肥あき子
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年6月分】
  3. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第5回】2013年有馬記念・…
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第83回】対馬康子
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第59回】鈴木節子
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第107回】石川洋一
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第53回】しなだしん
  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年3月分】

おすすめ記事

  1. 万緑やご飯のあとのまたご飯 宮本佳世乃【季語=万緑(夏)】
  2. 片足はみづうみに立ち秋の人 藤本夕衣【季語=秋(秋)】
  3. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第5回】
  4. 松本実穂 第一歌集『黒い光』(角川書店、2020年)
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第65回】 福岡と竹下しづの女
  6. 春を待つこころに鳥がゐて動く 八田木枯【季語=春を待つ(冬)】
  7. 【冬の季語】熊穴に入る
  8. 替へてゐる畳の上の冬木影 浅野白山【季語=冬木(冬)】
  9. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第4回】
  10. 凌霄は妻恋ふ真昼のシャンデリヤ 中村草田男【季語=凌霄(夏)】

Pickup記事

  1. 【第20回】新しい短歌をさがして/服部崇
  2. 春菊や料理教室みな男 仲谷あきら【季語=春菊(春)】
  3. バレンタインデー心に鍵の穴ひとつ 上田日差子【季語=バレンタインデー(春)】
  4. 灯を消せば部屋無辺なり夜の雪 小川軽舟【季語=雪(冬)】
  5. 星空のととのふまでをバーベキュー 小山玄黙【季語=バーベキュー(夏)】
  6. 【秋の季語】林檎
  7. きりんの子かゞやく草を喰む五月 杉山久子【季語=五月(夏)】
  8. 運動会静かな廊下歩きをり 岡田由季【季語=運動会(秋)】
  9. 秋の風互に人を怖れけり 永田青嵐【季語=秋の風(秋)】
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第25回】沖縄・宮古島と篠原鳳作
PAGE TOP