連載・よみもの

【#19】子猫たちのいる場所


【連載】
趣味と写真と、ときどき俳句と【#19】


子猫たちのいる場所

青木亮人(愛媛大学准教授)


同じ地域を散歩していると色々な変化に気づくことがある。道路脇の木がいつの間にか伐採されたり、あるいは老夫婦が過ごす一軒家が空き家になった後、やがて家を潰す工事が始まり、跡地が駐車場になっていたりする。

散歩の途中で立ち寄る公園では春や秋にどこからともなく子猫が現れ、元気な姿を見せることがあった。

下の写真は五月の初夏だったと思う。昼下がりに二匹の子猫が眠気に勝てず、落ちかかっているところだ。この後、白猫は黒猫を落としてしまい、落ちた子猫はビックリしていた。

その子猫たちは全部で四匹ほど見かけたが、いつしか姿を見なくなった。少し心配になり、何度も公園に立ち寄ってみたのだが、梅雨が明けて夏になっても姿は見えなかった。

一度、子猫たちが母猫にじゃれついているのを見かけたことがある。小さな白猫と黒猫が母猫に飛びかかったり、周囲をグルグル回っては母猫の尻尾に噛みついたりした後、お腹を探って乳を吸い出した。

下の写真はその時に撮ったもので、母猫が少し潤んだ眼でこちらを見上げていたのを覚えている。私はシャッターを切った後、猫たちの邪魔にならないように静かに離れ、公園を出て散歩を続けた。

あの小さな白猫や黒猫たちは元気だろうか、と時々思い出すことがある。

その子猫たちのいる場所はできれば暖かい場所であってほしいと思う。そこに柔らかい陽光が降りそそぎ、じゃれあう仲間たちがいればもう言うことはない。

【次回は12月30日ごろ配信予定です】


【執筆者プロフィール】
青木亮人(あおき・まこと)
昭和49年、北海道生れ。近現代俳句研究、愛媛大学准教授。著書に『近代俳句の諸相』『さくっと近代俳句入門』など。


【「趣味と写真と、ときどき俳句と」バックナンバー】
>>[#18] チャップリン映画の愉しみ方
>>[#17] 黒色の響き
>>[#16] 秋の夜長の漢詩、古琴
>>[#15] 秋に聴きたくなる曲
>>[#14] 「流れ」について
>>[#13-4] 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(4)
>>[#13-3] 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(3)
>>[#13-2] 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(2)
>>[#13-1] 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(1)


>>[#12] 愛媛のご当地菓子
>>[#11] 異国情緒
>>[#10] 食事の場面
>>[#9] アメリカの大学とBeach Boys
>>[#8] 書きものとガムラン
>>[#7] 「何となく」の読書、シャッター
>>[#6] 落語と猫と
>>[#5] 勉強の仕方
>>[#4] 原付の上のサバトラ猫
>>[#3] Sex Pistolsを初めて聴いた時のこと
>>[#2] 猫を撮り始めたことについて
>>[#1] 「木綿のハンカチーフ」を大学授業で扱った時のこと



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#07】「何となく」の読書、シャッ…
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第61回】松野苑子
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第126回】坪井研治
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年3月分】
  5. 「けふの難読俳句」【第4回】「毳」
  6. 【#30】公園の猫たちと竹内栖鳳の「班猫」
  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」モワルー・オ・ショコラ
  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年1月分】

おすすめ記事

  1. 弟へ恋と湯婆ゆづります 攝津幸彦【季語=湯婆(冬)】
  2. 【冬の季語】一月
  3. 猫と狆と狆が椎茸ふみあらす 島津亮【季語=椎茸(秋)】
  4. 馬孕む冬からまつの息赤く 粥川青猿【季語=冬からまつ(冬)】
  5. 若葉してうるさいッ玄米パン屋さん 三橋鷹女【季語=若葉(夏)】
  6. 月代は月となり灯は窓となる   竹下しづの女【季語=月(秋)】
  7. 八月は常なる月ぞ耐へしのべ 八田木枯【季語=八月(秋)】
  8. エッフェル塔見ゆる小部屋に雛飾り 柳田静爾楼【季語=雛飾り(春)】
  9. 【春の季語】春節
  10. 【冬の季語】日向ぼっこ

Pickup記事

  1. 【#16】秋の夜長の漢詩、古琴
  2. きりんの子かゞやく草を喰む五月 杉山久子【季語=五月(夏)】
  3. 舌荒れてをり猟銃に油差す 小澤實【季語=猟銃(冬)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第52回】大和田アルミ
  5. 秋灯の街忘るまじ忘るらむ 髙柳克弘【季語=秋灯(秋)】
  6. 牡蠣フライ女の腹にて爆発する 大畑等【季語=牡蠣(冬)】
  7. 遠き屋根に日のあたる春惜しみけり 久保田万太郎【季語=春惜しむ(春)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第54回】倉田有希
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第78回】脇本浩子
  10. 【秋の季語】立秋
PAGE TOP