連載・よみもの

【#18】チャップリン映画の愉しみ方


【連載】
趣味と写真と、ときどき俳句と【#18】


チャップリン映画の愉しみ方

青木亮人(愛媛大学准教授)


チャールズ・チャップリン(1889-1977)といえば今や教科書に載る喜劇俳優で、20世紀文明や社会を批判した”The Modern Times”(1936)や” The Great Dictator”(1940)といった彼の映画は今なお言及されることが多い。

個人的には、チャップリン映画ではそれらの作品よりも”The Pilgrim(偽牧師)”(1923)あたりが好きで、というのも彼のコミカルな動きのキレが堪能できるためだ。

“The Pilgrim”の物語の筋は単純で、チャップリン扮する脱獄囚が牧師の服を盗んで聖職者になりすまし、色々あったがなりゆきで人助けをすることになり、最後は保安官の温情で脱獄の罪を不問に付される……という内容である。

脱獄囚は行き当たりばったりの適当さや軽快な無責任ぶりをふりまき、その様子をチャップリンが演じるのだが、動作の一つ一つに風来坊ならではの軽薄さが横溢していて、しかもキレがある。さすが映画俳優になる前は数々の舞台で鍛えあげたプロの芸人……と妙なところで感心してしまう。

“The Pilgrim”の冒頭でチャップリンが牧師になりすまして駅前を歩いていると、駆け落ちした男女が彼を見つけ、その場で結婚式を挙げようと偽牧師を呼び止める。しかし、牧師に扮する脱獄囚は自分を捕まえるのかと反射的に勘違いし、一生懸命逃げ出す。

加えて駆け落ちした娘を鬼の形相で追いかけてきた父親が登場し、娘と男を見つけるや走り出すと偽牧師は二人と一緒に逃げ始める。このあたりのチャップリンの演技は何度観ても素晴らしく、軽快なBGMがさらに偽牧師の適当さを支えて(?)おり、体幹やリズム感も抜群であるチャップリンの演技は何度観ても飽きない。

(”The Pilgrim”冒頭場面)

バレエや舞踏、また茶道等に長年励んでいる方は全身の末端まで神経が行き届いているというか、身のこなしやごく僅かな所作にも違いを感じることが少なくない。
これは言葉や文章も似ており、意識的な書き手とさほど気にしない書き手では文章の質がおよそ異なるかに感じられる。
その点、チャップリンの動作のキレはとにかく凄い。
彼の映画を見直すたびに畏敬の念は深まるばかりで、しかもその尊敬の念を抱くポイントは物語の内容や作品分析と関係がなさそうな箇所ばかりなので、チャップリン映画の愉しみ方として良いのかどうか、たまに分からなくなることがある。

【次回は12月15日ごろ配信予定です】


【執筆者プロフィール】
青木亮人(あおき・まこと)
昭和49年、北海道生れ。近現代俳句研究、愛媛大学准教授。著書に『近代俳句の諸相』『さくっと近代俳句入門』など。


【「趣味と写真と、ときどき俳句と」バックナンバー】
>>[#17] 黒色の響き
>>[#16] 秋の夜長の漢詩、古琴
>>[#15] 秋に聴きたくなる曲
>>[#14] 「流れ」について
>>[#13-4] 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(4)
>>[#13-3] 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(3)
>>[#13-2] 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(2)
>>[#13-1] 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(1)


>>[#12] 愛媛のご当地菓子
>>[#11] 異国情緒
>>[#10] 食事の場面
>>[#9] アメリカの大学とBeach Boys
>>[#8] 書きものとガムラン
>>[#7] 「何となく」の読書、シャッター
>>[#6] 落語と猫と
>>[#5] 勉強の仕方
>>[#4] 原付の上のサバトラ猫
>>[#3] Sex Pistolsを初めて聴いた時のこと
>>[#2] 猫を撮り始めたことについて
>>[#1] 「木綿のハンカチーフ」を大学授業で扱った時のこと



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第96回】中島憲武
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第42回】黒岩徳将
  3. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ…
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年10月分】
  5. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第6回】
  6. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月2日配信分】
  7. 【連載】俳人のホンダナ!#3 三島広志
  8. こんな本が出た【2021年3月刊行分】

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第67回】鷲巣正徳
  2. 藍を着古し/棚田の/父祖の/翳となる 上田玄
  3. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#12】愛媛のご当地菓子
  4. ほこりつぽい叙情とか灯を積む彼方の街 金子兜太
  5. 【第21回】新しい短歌をさがして/服部崇
  6. 冬枯や熊祭る子の蝦夷錦 正岡子規【季語=冬枯・熊(冬)】
  7. 【夏の季語】蓮
  8. ポテサラの美味い雀荘大晦日 北大路翼【季語=大晦日(冬)】
  9. 火達磨となれる秋刀魚を裏返す 柴原保佳【季語=秋刀魚(秋)】
  10. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第5回】

Pickup記事

  1. 誰もみなコーヒーが好き花曇 星野立子【季語=花曇(春)】
  2. おそろしき一直線の彼方かな 畠山弘
  3. 【新年の季語】七種粥(七草粥)
  4. 日本の元気なころの水着かな 安里琉太【季語=水着(夏)】
  5. 椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ 池田澄子【季語=椿(春)】
  6. 菜の花や月は東に日は西に 与謝蕪村【季語=菜の花(春)】
  7. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#12
  8. 【秋の季語】馬鈴薯/馬鈴薯 ばれいしよ
  9. 【春の季語】白梅
  10. ふんだんに星糞浴びて秋津島 谷口智行【季語=星糞(秋)】
PAGE TOP