ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【ラジオ】

ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第5回】

1983年生まれの俳人・西村麒麟と、堀切克洋のポッドキャスト番組です。俳句にまつわるいろんなこと、ゆるゆると話しております。「尺蠖」は「尺取(シャクトリ)」です。月に2回くらいのペースで不定期配信中。今回のメニューは、こんな感じです。

◆今回のテーマ 「石田波郷俳句大会に行ってきた!」「人間探求派についてとことん語る?!」「俳句賞を狙うみなさんへ麒麟からこっそりアドバイス」など

Apple Podcastをお使いの方

Spotifyをお使いの方

Google Podcastをお使いの方

Anchorをお使いの方

Amazon Musicをお使いの方

Youtubeでご覧になりたい方(チャンネル登録もお願いします!)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第42回】黒岩徳将
  2. ハイシノミカタ【#3】「街」(今井聖主宰)
  3. 【第5回】ワイキキや黴臭きものなにもなし/千野千佳
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第37回】朽木直
  5. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ…
  6. 「けふの難読俳句」【第3回】「象」
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第65回】 福岡と竹下しづの…
  8. 【特別寄稿】沖縄県那覇市久米「KIMIKO BAR ふう」/酢橘…

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】夏の夢
  2. 【秋の季語】小鳥来る
  3. 数と俳句(四)/小滝肇
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第106回】後藤章
  5. 散るときのきてちる牡丹哀しまず 稲垣きくの【季語=牡丹(夏)】
  6. 跳ぶ時の内股しろき蟇 能村登四郎【季語=蟇(夏)】
  7. 花臭木に蝶のせはしや浮かび沈み 本井英【季語=臭木の花(秋)】
  8. 麦打の埃の中の花葵 本田あふひ【季語=花葵(夏)】
  9. 馬小屋に馬の表札神無月 宮本郁江【季語=神無月(冬)】
  10. 鎌倉を驚かしたる余寒あり 高濱虚子【季語=余寒(春)】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】長薯/薯蕷
  2. 裸子の尻の青あざまてまてまて 小島健【季語=裸子(夏)】
  3. 遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子【無季】
  4. 【夏の季語】黴(かび)/青黴 毛黴 麹黴 黴の宿 黴の香
  5. 日が照つて厩出し前の草のいろ 鷲谷七菜子【季語=厩出し(春)】
  6. 遅れ着く小さな駅や天の川 髙田正子【季語=天の川(秋)】
  7. いづくともなき合掌や初御空 中村汀女【季語=初御空(新年)】
  8. みかんむくとき人の手のよく動く 若杉朋哉【季語=蜜柑(冬)】
  9. こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑
  10. ラガーらの目に一瞬の空戻る 阪西敦子【季語=ラガー(冬)】
PAGE TOP