連載・よみもの

野崎海芋の「たべる歳時記」 七草粥


七草粥

Congee aux sept herbes


きょうは七日。人日ですね。中国の古い歳時記で、元日=鶏日、二日=狗日、三日=猪日、四日=羊日、五日=牛日、六日=馬日で、七日を人日とされているのだそうです。

わが家はクリスマスごろからずっと食べすぎが続くので、三日あたりからちょくちょくお粥を作って食べます。お雑煮の残りの鶏肉で中華粥にしたり、長芋や大根などの残りを入れたり。

ただ、このような食事のお粥と、七草粥のような行事のお粥とは、区別されるべきものなのだということを、以前和食の料理教室を開いている友人から教えられました。

七草粥や小豆粥には、小さく切ったお餅が入ります。これは「粥柱」と呼ばれ、行事食としての力を宿す大切なものなのだそうです。

諏訪の御柱祭などに見られるように、「柱を立てる」というのは古代日本の呪術的な信仰と直結する行為。お粥の餅=「柱」というところにも、いかにも古の宗教的な響きが感じられます。

一年の邪気を払い病を防ぐ七草粥。

スーパーのパック入り七草で、ことしも作って食べました。ちゃんとお餅も入れましたよ。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

手毬唄かなしきことをうつくしく  高浜虚子

季語【手毬唄】【人日】【七日】【七草粥】【粥柱】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第48回】松尾清隆
  2. 「けふの難読俳句」【第9回】「蹼」
  3. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第8回】
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年11月分】
  5. 【書評】小川軽舟 第5句集『朝晩』(ふらんす堂、2019年)
  6. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#10】食事の場面
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第78回】脇本浩子
  8. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第10回(最終回)

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】枯木立
  2. 鯛の眼の高慢主婦を黙らせる 殿村菟絲子
  3. 恋にしてわざと敗けたるかるた哉 羅蘇山人【季語=かるた(新年)】
  4. 此木戸や錠のさされて冬の月 其角【季語=冬の月(冬)】
  5. 【春の季語】沈丁花
  6. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【1】/高部務(作家)
  7. 「月光」旅館/開けても開けてもドアがある 高柳重信
  8. 【春の季語】恋猫
  9. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2024年1月分】
  10. 【書評】鷲巣正徳 句集『ダヴィンチの翼』(私家版、2019年)

Pickup記事

  1. 【夏の季語】サマーセーター/サマーニット
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月23日配信分】
  3. 【新年の季語】初詣
  4. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第4回】2010年/2011年エリザベス女王杯
  5. 冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ 川崎展宏【季語=冬(冬)】
  6. 五つずつ配れば四つ余る梨 箱森裕美【季語=梨(秋)】
  7. あつ雉子あつ人だちふ目が合うて 西野文代【季語=雉子(春)】
  8. 告げざる愛地にこぼしつつ泉汲む 恩田侑布子【季語=泳ぐ(夏)】
  9. 山茶花の日々の落花を霜に掃く 瀧本水鳴【季語=山茶花(冬)】
  10. 【新企画】コンゲツノハイク(2021年1月)
PAGE TOP