連載・よみもの

野崎海芋の「たべる歳時記」 七草粥


七草粥

Congee aux sept herbes


きょうは七日。人日ですね。中国の古い歳時記で、元日=鶏日、二日=狗日、三日=猪日、四日=羊日、五日=牛日、六日=馬日で、七日を人日とされているのだそうです。

わが家はクリスマスごろからずっと食べすぎが続くので、三日あたりからちょくちょくお粥を作って食べます。お雑煮の残りの鶏肉で中華粥にしたり、長芋や大根などの残りを入れたり。

ただ、このような食事のお粥と、七草粥のような行事のお粥とは、区別されるべきものなのだということを、以前和食の料理教室を開いている友人から教えられました。

七草粥や小豆粥には、小さく切ったお餅が入ります。これは「粥柱」と呼ばれ、行事食としての力を宿す大切なものなのだそうです。

諏訪の御柱祭などに見られるように、「柱を立てる」というのは古代日本の呪術的な信仰と直結する行為。お粥の餅=「柱」というところにも、いかにも古の宗教的な響きが感じられます。

一年の邪気を払い病を防ぐ七草粥。

スーパーのパック入り七草で、ことしも作って食べました。ちゃんとお餅も入れましたよ。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

手毬唄かなしきことをうつくしく  高浜虚子

季語【手毬唄】【人日】【七日】【七草粥】【粥柱】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第12回】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第90回】矢野春行士
  3. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ…
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年7月分】
  5. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#2
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第79回】佐怒賀直美
  7. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年3月分】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第13回】神戸と西東三鬼

おすすめ記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年7月分】
  2. 【連載】歳時記のトリセツ(8)/池田澄子さん
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第27回】熊本・江津湖と中村汀女
  4. 新宿発は逃避行めき冬薔薇 新海あぐり【季語=冬薔薇(冬)】
  5. 梅ほつほつ人ごゑ遠きところより 深川正一郎【季語=梅 (春)】
  6. 【春の季語】四月馬鹿
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第117回】北村皆雄
  8. 鰡と鯊どちらにされるかを選べ 関悦史【季語=鰡(秋)・鯊(秋)】
  9. 引退馬支援と『ウマ娘』と、私が馬を詠む理由
  10. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年5月分】

Pickup記事

  1. 「けふの難読俳句」【第6回】「後妻/前妻」
  2. 人垣に春節の龍起ち上がる 小路紫峡【季語=春節(春)】
  3. 新蕎麦のそば湯を棒のごとく注ぎ 鷹羽狩行【季語=新蕎麦(秋)】
  4. 突として西洋にゆく暖炉かな 片岡奈王【季語=暖炉(冬)】
  5. 手花火を左に移しさしまねく 成瀬正俊【季語=花火(夏/秋)】
  6. 【冬の季語】鬼やらい
  7. 冬銀河旅鞄より流れ出す 坂本宮尾【季語=冬銀河(冬)】
  8. 【第10回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:西生ゆかりさん)
  9. ときじくのいかづち鳴つて冷やかに 岸本尚毅【季語=冷やか(秋)】
  10. 【冬の季語】節分
PAGE TOP