連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」パテ・ド・カンパーニュ


パテ・ド・カンパーニュ

Pâté de campagne


晴天が続いています。暑さの中にもからりとした秋の風が吹いて、爽やかですね。

パテ・ド・カンパーニュ。人が集まるときによく作るわが家の定番おつまみ。豚挽き肉に鶏むね、鶏レバー、時には猪肉なども使います。
ポイントは焼き上がりを氷水に当てて急冷することと、その際しっかり重しをかけること。陶器のテリーヌ型に合わせて、毎回ダンボールを切る(重しをのせる板にするため)ところから始めるのが、たのしい。

生ハムやソーセージなどのシャルキュトリと盛り合わせて、ディジョンマスタードと、コーニッションと呼ばれる小ぶりのきゅうりのピクルスを添えます。赤ワインに合いますよ。
私はバゲットに挟んで、ピクニックやスポーツ観戦に持って行くのも大好きです。

花薄風のもつれは風が解く  福田蓼汀

季語【花薄】【芒】【すすき】【秋の風】【爽やか】【秋暑し】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第7回】大塚凱
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第68回】 那須野ヶ原と黒田…
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第74回】木暮陶句郎
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【2月19日配信分】
  5. こんな本が出た【2021年5月刊行分】
  6. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第3回】2010年神戸新聞杯…
  7. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第4回】
  8. 【特別寄稿】「写生」──《メドゥーサ》の「驚き」 岡田一実

おすすめ記事

  1. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第2回】
  2. 【冬の季語】おでん
  3. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#14
  4. 葛の花こぼれやすくて親匿され 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  5. 早春や松のぼりゆくよその猫 藤田春梢女【季語=早春(春)】
  6. 【連載】新しい短歌をさがして【5】服部崇
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第21回】五日市祐介
  8. 冬ざれや石それぞれの面構へ 若井新一【季語=冬ざれ(冬)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第70回】唐沢静男
  10. 集いて別れのヨオーッと一本締め 雪か 池田澄子【季語=雪(冬)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】引鴨
  2. 動かない方も温められている 芳賀博子
  3. 後鳥羽院鳥羽院萩で擲りあふ 佐藤りえ【秋の季語=萩(冬)】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月23日配信分】
  5. 【冬の季語】古暦
  6. 【第23回】新しい短歌をさがして/服部崇
  7. いつまでも死なぬ金魚と思ひしが 西村麒麟【季語=金魚(夏)】
  8. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第2回】石田波郷と写真と俳句
  9. 引越の最後に子猫仕舞ひけり 未来羽【季語=子猫(春)】
  10. 【夏の季語】泉
PAGE TOP