連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」パン・ペルデュ


パン・ペルデュ

Pain perdu


私たち日本人の主食は米ですが、フランス人の主食はパン。中でもバゲットは生活必需品として、法律で価格も一定に抑えられています。
わたしの住んでいた通りのパン屋さんは、日曜は午前のみ営業だったので、朝ご近所さんたちが一日の食事用のバゲットを買い込み、4本も5本も抱えて帰っていました。

が、しかし。
米と違ってバゲットは、保存がきかない。
日本のようにビニル袋が付いてきたりもしないので、その日のうちに食べきらなければ、翌日にはカチカチです。

余ったバゲットでつくるパン・ペルデュ。日本ではフレンチトーストと呼ばれますね。
一晩経ってしまったバゲットは、そのままではとうてい食べられない固さ。それを牛乳と卵に浸して、柔らかくしてから焼くのです。
パン・ペルデュ(Pain perdu)は「失われたパン」という意味。捨てるしかないような固いパンを工夫して食べるという、ちょっと貧乏くさい響きの名前ですが、バターとお砂糖の焼ける匂いが郷愁をそそる、昔ながらの家庭のおやつです。

バゲットが余ったら、まだ柔らかいうちに厚く切っておきます(固くなってしまってからでは切るのも大変)。
翌日、牛乳・生クリーム・バニラ少々を加えた卵液に浸して、バターをたっぷり熱したフライパンで焼きます。
わたしは卵液は甘くしないのが好き。片面を焼いてひっくり返してから、砂糖を振りかけ、フライパンごとオーブンでパリッと焼き上げます。

余ったバゲットの利用法はほかにも、油で揚げてクルトンにしたり、にんにくと炒めてスープにしたり。
当時のご近所さんには、ポリ袋に溜めておいて、公園の鴨にやりに行くというおじいちゃんおばあちゃんも多かったですが、昨今はそういうことも憚られることでしょうね。

貧乏に匂ひありけり立葵  小澤 實

季語【立葵】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第34回】鎌倉と星野立子
  2. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第5回】2013年有馬記念・…
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年3月分】
  4. こんな本が出た【2021年6月刊行分】
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」サラダ・パリジェンヌ
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第25回】山崎祐子
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第5回】隅田川と富田木歩
  8. 【年越し恒例】くま太郎とうさ子の「セポクリゆく年くる年」【202…

おすすめ記事

  1. しばらくは箒目に蟻したがへり 本宮哲郎【季語=蟻(夏)】
  2. 女房の化粧の音に秋澄めり 戸松九里【季語=秋澄む(秋)】
  3. さくら仰ぎて雨男雨女 山上樹実雄【季語=桜(春)】
  4. 【冬の季語】冬麗
  5. 飛んでゐる蝶にいつより蜂の影 中西夕紀【季語=蝶・蜂(春)】
  6. 【新連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第1回】
  7. 昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎
  8. 【新年の季語】注連の内
  9. 早春や松のぼりゆくよその猫 藤田春梢女【季語=早春(春)】
  10. 【春の季語】引鴨

Pickup記事

  1. コーヒーに誘ふ人あり銀杏散る 岩垣子鹿【季語=銀杏散る(冬)】
  2. 【冬の季語】綿虫
  3. 後の月瑞穂の国の夜なりけり 村上鬼城【季語=後の月(秋)】
  4. 風邪ごもりかくし置きたる写真見る     安田蚊杖【季語=風邪籠(冬)】
  5. 三月の又うつくしきカレンダー 下田実花【季語=三月(春)】
  6. 【冬の季語】大晦日
  7. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第8回】
  8. 【#33】台北市の迪化街
  9. なにはともあれの末枯眺めをり 飯島晴子【季語=末枯(秋)】
  10. 切腹をしたことがない腹を撫で 土橋螢
PAGE TOP