連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」サラダ・パリジェンヌ


サラダ・パリジェンヌ

Salade parisienne


二月になりました。ことしは今日が旧暦の正月、寒明けもまもなくですね。
日差しが日に日に明るくなって、春の近づいているのが感じられるこの頃です。

マッシュルームを生で食べるのが大好きです。
マッシュルームはフランス語でchampignon de Paris(シャンピニオン・ド・パリ)、「パリのきのこ」と呼ばれます。かつてパリ建設に使われた石材は地下の岩盤から切り出されており、その跡の地下空間を利用して、このきのこが栽培されていたためと言われています。
近世、地下鉄建設が始まってマッシュルーム栽培は近郊に移っていったけれど、きのこの名前に歴史の名残を留めているのですね。

昔からの屋内栽培種なので、季節を問わず手に入るものですが、生で食べるならなるべく笠の締まった、真っ白で新鮮なもの。やはり冬から春先へのこの時期がおいしいと感じます。
スライスしてレモンをきゅっと絞りかけ、オリーブオイルと塩をつけながらおつまみに。
あるいは、角切りももハム・固茹で卵・ゆでたじゃがいもの賽の目切りと合わせれば「サラダ・パリジェンヌ」になります。カフェのメニューなどでもおなじみの、文字通りパリの定番サラダです。

春を待つおなじこころに鳥けもの  桂信子

季語【春待つ】【待春】【日脚伸ぶ】【二月】【寒明】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【連載】歳時記のトリセツ(7)/大石雄鬼さん
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第2回】大磯鴫立庵と草間時彦…
  3. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第3回】
  4. 「けふの難読俳句」【第2回】「尿」
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」蒸し鶏の胡麻酢和え
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第125回】峯尾文世
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第53回】しなだしん
  8. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年8月分】

おすすめ記事

  1. 春山もこめて温泉の国造り 高濱虚子【季語=春山(春)】
  2. やがてわが真中を通る雪解川 正木ゆう子【季語=雪解川(春)】
  3. 【連載】新しい短歌をさがして【19】服部崇
  4. 産みたての卵や一つ大新緑 橋本夢道【季語=新緑(夏)】
  5. 吸呑の中の新茶の色なりし 梅田津【季語=新茶(夏)】
  6. 敷物のやうな犬ゐる海の家 岡田由季【季語=海の家(夏)】
  7. 【夏の季語】梅雨に入る
  8. 【夏の季語】氷菓/アイスクリーム ソフトクリーム アイスキャンデー 氷菓子
  9. 白梅や粥の面てを裏切らむ 飯島晴子【季語=白梅(春)】
  10. 渡り鳥はるかなるとき光りけり 川口重美【季語=渡り鳥(秋)】

Pickup記事

  1. 秋めくやあゝした雲の出かゝれば      池内たけし【季語=秋めく(秋)】
  2. ゆく船に乗る金魚鉢その金魚 島田牙城【季語=金魚(夏)】
  3. ライターを囲ふ手のひら水温む 斉藤志歩【季語=水温む(春)】
  4. 【速報&アーカイブ】きょうのできごと2021
  5. あぢさゐはすべて残像ではないか 山口優夢【季語=紫陽花(夏)】
  6. 【春の季語】春泥
  7. 【新年の季語】宝船
  8. 埋火もきゆやなみだの烹る音 芭蕉【季語=埋火(冬)】
  9. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第8回】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第27回】安里琉太
PAGE TOP