連載・よみもの

【新連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 兎もも肉の赤ワイン煮


兎もも肉の赤ワイン煮

Cuisses de lapin au vin rouge


「薬喰(くすりぐい)」という季語があります。冬場、体力をつけるために鹿や猪、兎などの猟肉を食べることを指すことば。仏教の教えで肉食が嫌われた時代、血行をよくし身体を温める獣肉食を、薬と称したのですね。

フランスでも、兎や猪、熊などは狩猟シーズンである晩秋から冬の食べもの。兎などは本当の狩猟によるジビエだけでなく、お肉屋さんで畜養のものもあり入手しやすいです。

兎もも肉の赤ワイン煮。焼いて皮を剥いた赤パプリカと一緒に煮込むと、甘みも彩りも加わって華やかなごちそうになります。

冷え込んできました。しっかり食べて寒さに負けずに過ごしたいですね。

手が冷た頬に当てれば頬冷た  波多野爽波

季語【冷たし】【薬喰】【兎】【熊】【猪狩】【狩】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【#27】約48万字の本作りと体力
  2. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第9回
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第64回】城島徹
  4. 【第22回】新しい短歌をさがして/服部崇
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月11日配信分】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第87回】笹木くろえ
  7. 【連載】俳人のホンダナ!#6 藤原暢子
  8. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第3回】

おすすめ記事

  1. 日の遊び風の遊べる花の中 後藤比奈夫【季語=花(春)】
  2. 【冬の季語】花八手
  3. 【冬の季語】冬の猫
  4. なぐさめてくるゝあたゝかなりし冬    稲畑汀子【季語=冬あたたか(冬)】
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年8月分】
  6. 節分や海の町には海の鬼 矢島渚男【季語=節分(冬)】
  7. 菜の花や月は東に日は西に 与謝蕪村【季語=菜の花(春)】
  8. 赤い月にんげんしろき足そらす 富澤赤黄男【季語=月(秋)】
  9. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
  10. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年9月分】

Pickup記事

  1. みちのくに生まれて老いて萩を愛づ  佐藤鬼房【季語=萩(秋)】
  2. 雪兎なんぼつくれば声通る 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】
  3. 春の日やあの世この世と馬車を駆り 中村苑子【季語=春の日(春)】
  4. 草田男やよもだ志向もところてん 村上護【季語=ところてん(夏)】
  5. 【夏の季語】ががんぼ/蚊の姥
  6. 秋日澄み樹のいろ拾ひつづけたる 井越芳子【季語=秋日(秋)】
  7. 燈台に銘あり読みて春惜しむ 伊藤柏翠【季語=春惜しむ(春)】
  8. 九十の恋かや白き曼珠沙華 文挾夫佐恵【季語=曼珠沙華(秋)】
  9. 【新連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第1回】
  10. 二人でかぶる風折烏帽子うぐひすとぶ 飯島晴子【季語=鶯(春)】
PAGE TOP